選び方

iPhone 6 Plusのタッチパネルが全く反応しなくなる「タッチ病」|原因と対処方法まとめ

やあ、いちもくだよ。

僕は長年iPhoneを使っているんだけど、毎年新機種が発売されると必ず買い替えているんだ。

それまで使っていたiPhoneは、中古携帯買取店に持っていったり、中学生の娘に使ってもらったりしているよ。

娘は今、iPhone 6 Plusを使っているんだけど、最近タッチパネルの調子がおかしくなってきたんだ。

スクリーン上部に灰色の太い線が表示されたり、タッチスクリーンに触れても反応しなくなったりし始めたんだよね。

気になったからiPhone修理店に持ち込んで調べてもらったところ、どうやら「タッチ病」と呼ばれる症状が出ていたらしいんだ。

タッチ病が出たiPhoneは、修理に出さなければ症状が改善されることは無いとのこと。

結局、手間取りながらも何とかデータをバックアップして、iPhoneを修理に持って行ったんだ。

今回は、iPhoneのタッチパネルが反応しなくなる「タッチ病」が発生する原因と、対処方法について紹介するね。

 

タッチ病とは

娘が使っていたiPhone 6 Plusは、突然タッチスクリーンが反応しなくなったり、スクリーンの上部に灰色の太い線がチラチラと表示される現象があったんだ。

ひどいときは、灰色の線が画面半分程度まで広がって、チラチラと点滅していたんだよね。

Appleの公式サイトを調べてみると、「iPhone 6 Plus Multi-Touch 修理プログラム」という情報を見つけたんだ。

iPhone 6 Plus Multi-Touch 修理プログラム

一部の iPhone 6 Plus において、画面の一部がチカチカ明滅したり Multi-Touch が反応しなくなったりする場合があることが判明しました。

こうした症状は、表面の硬い所に iPhone を何度も落とした後、さらに何らかの衝撃や圧力が加わったときに起きる可能性があります。

引用:Apple「iPhone 6 Plus Multi-Touch 修理プログラム」

娘のiPhone 6 Plusは、普段手帳型のケースに入れて持ち歩いているんだ。

落としたりぶつけたりしたことは何度かあるみたいだから、衝撃が原因で今回の「タッチ病」が発生したのかもしれないね。

 

「タッチ病」の症状

灰色の太い線が現れる

iPhone 6 Plusの調子がおかしくなるときは、いつも決まって画面上部にチラチラする灰色の太い線が現れ始めるんだ。

灰色の線は徐々に太くなりはじめ、画面半分から全体を覆うようにチラつき始めるんだよね。

こうなると、タッチスクリーンを触っても全く反応しなくなるんだ。

 

ゴーストタッチが始まる

ゴーストタッチとは、iPhoneに触れていないにも関わらず、勝手に動き始める症状なんだ。

いきなりアプリが起動したり、高速で画面が切り替わったりと、まるでゴーストがiPhoneを操作しているようで気味が悪いんだよね。

一番困ったのが、ゴーストタッチが原因で、登録している連絡先へ勝手に電話がかかってしまったこと。

相手にも迷惑だし、何より通話料がかかってしまうから困るんだ。

相手とトラブルになる前に、すぐに修理してもらう必要があるだろうね。

 

「タッチ病」の原因

本体が柔らかいから

iPhone 6 Plusの本体には、特殊なアルミ素材が使われているんだ。

軽くて触り心地の良い素材でできているよ。

でも、その特殊素材が原因で、「タッチ病」が発生していると考えられているんだ。

使っているうちに、柔らかい本体に気づかないレベルの小さな歪みが生じ続けて、内部の基盤の損傷に繋がっている可能性があると思うよ。

 

基盤が損傷したから

Appleの見解として、公式サイトで「タッチ病」の原因は

「表面の硬い所に iPhone を何度も落とした後、さらに何らかの衝撃や圧力が加わったときに起きる可能性があります。」

と説明されているんだ。

iPhone 6 Plusでは、無数のタッチICが小さな球状のはんだでロジックボードに取り付けられているんだよね。

長く使っていると、このタッチICの取付が外れてしまい、タッチスクリーンが反応しなくなることが考えられるんだ。

衝撃や圧力が原因で、基盤からタッチICが外れてしまったり、基板自体が損傷してしまったら、基板を修理したり交換しなければ症状は回復しないだろうね。

 

「タッチ病」の修理

「タッチ病」が発生したiPhone 6 Plusは、

  1. ロジックボード上のタッチICを交換する
  2. ロジックボードを交換する
  3. 本体を交換する

の3つの方法しか、症状を解決する方法は無いんだ。

いずれも、自分でできる解決方法ではないね。

だから僕は、Apple StoreにiPhone 6 Plusを持ち込んだんだ。

Appleの「iPhone 6 Plus Multi-Touch 修理プログラム」が適用されるから、16,800円で修理してもらえるとのこと。

iPhone 6 Plusは、既に発売から数年経っていることを考えると、修理代16,800円は高く感じたんだ。

敢えてiPhone 6 Plusにこだわらなくても、よりハイエンドモデルのスマホは簡単に手に入るからね。

だから僕は敢えて修理せず、修理代金に若干プラスした金額で中古のiPhone 7を購入することにしたんだ。

 

機種変更前にバックアップ

新しいiPhoneを準備したら、まず最初にやったことはiPhone 6 Plusのデータをバックアップすること。

バックアップには、専用ソフトの【DearMob】を使ったよ。

【DearMob】は、iPhoneのデータをWindows PCやMacに保存できるソフトなんだ。

iPhone 6 Plusのタッチスクリーンが反応しなくても、PC上で操作することでデータを取り出すことができたんだよね。

公式サイトからソフトをダウンロードして、PCにインストール。

iOSデバイスのデータ管理ソフト【DearMob】

iTunesに比べると、驚くほど動作が速いから、ストレスなくバックアップ作業を進めることができたんだ。

写真やアプリのデータは、1クリックでバックアップできるよ。

バックアップが完了したら、新しいiPhoneをPCに接続。

データを「復元」すれば、すぐに新しいiPhoneを使い始めることができるよ。

 

さいごに

もしも「タッチ病」が発生した場合は、これまでのiPhoneの使い方に何か問題があったのかもしれないね。

柔らかい素材が使われているiPhone 6 Plusは、衝撃や圧力に弱いから、他のシリーズに比べて丁寧に扱う必要があるんだと思うよ。

後継のiPhone 7シリーズ・iPhone 8シリーズ・iPhone Xシリーズでは、本体にガラス素材が使われているから、iPhone 6 Plusよりも強度に優れているんだ。

たとえ強度のある素材が使われていたとしても、衝撃や圧力によってタッチスクリーンが反応しなくなる可能性はゼロではないから、衝撃や圧力がかからないよう注意する必要があるだろうね。

じゃ、またね。

 

 

あわせて読みたい
使わなくなったiPhoneを売却・譲渡する前に、必ずやっておきたい11項目やあ、いちもくだよ。 僕は長年iPhoneを使っているんだけど、毎年新機種が発売されると必ず買い替えているんだ。 それまで使...
あわせて読みたい
iPhoneがずっと圏外のまま直らないとき、すぐに試したい原因別の対策方法やあ、いちもくだよ。 僕は長年iPhoneを使っているんだけど、今までに3回、修理したり交換しなければならない不具合が起きたことが...
あわせて読みたい
iPhone XS Max 手帳型マグネットなしケースの選び方やあ、いちもくだよ。 僕はスマホのケースを選ぶ際、できるだけ薄いものを選ぶことが多いんだ。 手帳型ケースを使うことも多いんだ...
あわせて読みたい
iPhone XS 手帳型マグネットなしケースの選び方やあ、いちもくだよ。 僕はスマホのケースを選ぶ際、できるだけ薄いものを選ぶことが多いんだ。 手帳型ケースを使うことも多いんだ...