ダニエルウェリントン Daniel Wellington の腕時計おすすめシリーズ4選|シンプルで洗練されたデザインの腕時計の魅力とは

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は腕時計が好きで、これまでにいろんな時計をつけてきたんだ。

何十万円もする高級時計も魅力だけど、最近はシンプルな時計が好きなんだよね。

普段は営業の仕事をしているから、仕事中はスーツに合う派手過ぎない時計を身に付けるようにしているよ。

最近のお気に入りは、ダニエルウェリントンの腕時計。

無駄を省いたシンプルなデザインだから、シーンを問わず使えるのが魅力なんだ。

男性でも女性でも使いやすいから、妻もサイズ違いのダニエルウェリントン腕時計を使っているよ。

そんなダニエルウェリントンの腕時計の魅力と、おすすめおすすめモデルを紹介するね。

 

ダニエルウェリントンとは



ダニエルウェリントンは、2011年に創設されたスウェーデンの時計メーカーだよ。

ダニエルウェリントンの腕時計は、シンプルな文字盤に薄いケース、自分で簡単に取り換えられるベルトなど、スタイリッシュなデザインでどんなファッションにも合わせやすいのが特徴なんだ。

「ダニエル・ウェリントン」という社名は、創業者のフィリップ・タイサンダー氏が、旅行中に出会った気品あふれるイギリス人男性のダニエル・ウェリントン氏の名前にちなんだものと言われているよ。

旅先で出会ったウェリントン氏が、NATOストラップのヴィンテージ時計をつけていたことに触発され、彼の名をブランド名として起用したんだ。

ダニエルウェリントンの腕時計に使われているムーブメントは、シチズンミヨタ製。

組み立ては中国、NATOストラップや皮ベルトも中国で製造されているから、スウェーデンの時計メーカーではあるけれど、スウェーデン製というわけではなさそうだね。

 

ダニエルウェリントン腕時計の魅力

飽きの来ないシンプルなデザイン


ダニエルウェルトンの腕時計の一番の魅力は、シンプルなのに品のあるデザイン。

時計で一番大切な文字盤には、数字が使われていないんだ。

「バーインデックス」と呼ばれる時間を読み取るためのバーデザインが施されているのと、長針と短針の2本の針、そしてブランドロゴがあるだけだよ。

文字盤に余計な装飾が一切無いから、時間を確認しやすいんだ。

ダニエルウェリントンの腕時計は、「オシャレな腕時計」として評価が高いんだけど、その理由はこのシンプルさにあるんじゃないかな。

無駄なものを一切無くした、考えられたデザインだからこそ、大人っぽくオシャレな腕時計になっていると思うよ。

最初手にしたときは、シンプルすぎて面白みの無い時計のようにも思えたんだけど、洗練されたデザインだからどんなファッションにも合わせやすく、使えば使うほどに愛着が湧いてくるんだ。

 

性別やシーンを問わず使いやすい


僕がダニエルウェリントンの腕時計を知ったのは、妻へのプレゼントにCLASSIC PETITE DURHAM 28mmを購入したのがきっかけだったんだ。

石原さとみさんや蛯原友里さんがドラマで身につけたり、ファッション雑誌で取り上げられているのを見て、妻の誕生日にプレゼントしたんだよね。

実際に妻が身につけているのを見て、スーツにもカジュアルにも合わせやすいオシャレなデザインに一目惚れしてしまったんだ。

早速、同じCLASSICシリーズの40㎜サイズを購入したんだけど、これほど使いやすい腕時計は初めてだったんだよね。

シンプルでオシャレなデザインだから、性別や使用シーンを選ばず身につけられる、大人向けの腕時計だと思うよ。

 

薄くて軽いから疲れにくい



ケースの厚さは、わずか6mm。

薄いから、袖口に引っかかることはまず無いと思うよ。

重さは、1番大きなClassicシリーズの40mmにレザーストラップを付けた状態で、40g弱しかないんだ。

長時間つけていても疲れにくいのが魅力だよ。

 

ベルトを簡単に取り換えられるから、コーディネートに合わせやすい


ダニエルウェルトンの腕時計は、ベルトを簡単に取り換えることができるんだ。

付属の専用工具でラグの横の穴を押せば、ベルトを簡単に取り外すことができるんだよね。

ベルトには革製、金属製、ナイロン製のものがあるから、数本用意しておけばスーツにもカジュアルにも合わせることができるよ。

僕は普段スーツを着る機会が多いんだけど、ブラックの革ベルトを付けて使っているんだ。

休日にカジュアルなファッションで出かける際には、カラフルなナイロン製のベルトに付け替えているよ。

シンプルで洗練されたデザインの文字盤だからこそ、どんなベルトにも合わせやすく、コーディネートしやすいんだ。

 

サイズが豊富に用意されている


ケースのサイズは、シリーズに合わせて

  • 26㎜
  • 32㎜
  • 34㎜
  • 36㎜
  • 38㎜
  • 40㎜

のサイズが用意されているよ。

腕の太さやコーディネートに合わせて選べるのが魅力だね。

僕が持っているのは、40㎜と36㎜サイズの腕時計。

妻は36㎜と32㎜の腕時計を使っているよ。

40㎜サイズは、大柄な男性がつけても存在感がある大きな時計なんだ。

スーツに合わせてフォーマル感を出そうと思ったら、男性の場合は36㎜くらいがちょうどいいんじゃないかな。

 

値段以上の高級感


ダニエルウェルトンの腕時計シリーズは、どれも2万円前後で購入できるんだ。

これだけ洗練されたデザインの腕時計が、2万円前後で購入できるのは驚きだね。

気軽に購入できる価格帯だから、僕はケースサイズが異なる時計を2本持っているよ。

 

おすすめのダニエルウェリントン腕時計

Classicシリーズ

 

ダニエルウェリントンを代表する、一番人気のシリーズだよ。

文字盤に数字が一切使われておらず、「バーインデックス」と呼ばれる時間を読み取るためのバーデザインが施されているんだ。

ダニエルウェリントンの腕時計を購入するのが初めてという人は、このシリーズを選んでおけばまず間違いないだろうね。

ベルトは6種類のレザーベルトと、8種類のナイロンベルトから選ぶことができるよ。

Classic Blackシリーズ

 

ブラックの文字盤が印象的なシリーズ。

ケースの縁に使われているゴールドと、文字盤のブラックの組み合わせが高級感を醸し出しているよ。

文字盤は黒なんだけど、視認性が良いから時刻を確認しやすいんだ。

6種類のレザーベルトと、3種類のナイロンベルトを選ぶことができるよ。

Classic Petiteシリーズ

 

「petite(ペティート)」とは、フランス語で「小さい」という意味なんだ。

その名の通り、28㎜、32㎜と小さなケースサイズのラインナップになっているよ。

ダニエルウェリントンのシリーズで唯一、金属のメッシュストラップをつけることができるんだ。

ベルトは3種類の金属ベルト、7種類のレザーベルトから選ぶことができるよ。

Dapperシリーズ

 

ディープブルーの針、ローマ数字、日付表示など、他のシリーズとは異なるデザインが採用されているよ。

ベルトは6種類のレザーベルトから選ぶことができるんだ。

カジュアルなファッションよりも、フォーマルな装いに合いそうな腕時計だね。

Classyシリーズ

 

スワロフスキークリスタルをあしらった文字盤が印象的なシリーズだよ。

ケースサイズは26㎜、34㎜と、女性向けサイズが中心なんだ。

さいごに

僕はケースサイズの違うダニエルウェリントンの腕時計を2本持っているんだけど、妻もサイズ違いのダニエルウェリントン腕時計を2本持っているんだ。

ダニエルウェリントンの腕時計は、性別や使用シーンを問わず使いやすいシンプルで洗練されたデザインが魅力なんだよね。

価格もリーズナブルに設定されているから、気軽に購入できるのも嬉しいね。

文字盤がシンプルな時計は、どんなファッションにも合わせやすいと思うよ。

じゃ、またね。

 

通販サイトで機械式腕時計を購入する際、後悔しないために必ず押さえておくべき6つのポイント

2019年2月16日

CASIO MQ-24-7B2LLJF レビュー|つけているのを忘れるくらい薄くて軽い、シンプルなデザインが魅力のチープカシオ

2019年1月7日

チープカシオのおすすめ12選|機能満載の、正確性とタフネスさを兼ね備えた時計

2019年1月5日

心拍計測機能付き腕時計のおすすめ5選|ランニング特化型で選ぶなら、押さえておきたい3つのポイント

2018年7月12日
 

スポンサードリンク