おすすめ記事

衣類乾燥除湿機のおすすめ8選|洗濯物を部屋干ししても、生乾き臭が発生しにくい商品の選び方

おすすめの衣類乾燥除湿機

こんにちは、いちもくです。

湿気の多い時期に重宝する「除湿機」。

除湿機を使えば、空気中の湿気を取り除き、結露やカビの発生を抑制する効果が期待できます。

特に、部屋干ししている洗濯物を素早く乾燥できるのは大きな魅力。

服を素早く乾燥させるための「送風機能」が搭載された除湿機は「衣類乾燥除湿機」と呼ばれており、外に洗濯物を干せない真冬や梅雨時期に大活躍します。

今回は、そんな衣類乾燥除湿機の選び方と、おすすめ商品を紹介します。

 

「除湿機」と「衣類乾燥除湿機」の違い

衣類乾燥除湿機引用:Amazon.co.jp

除湿機とは、室内の水分を取りのぞいて湿度を調整するための家電です。

衣類乾燥除湿機は、除湿機に送風機能を搭載した機種のこと。

最近販売されている除湿機は、ほとんどの機種に送風機能が搭載されています。

 

衣類乾燥除湿機の選び方

使いたい時期に合わせて除湿方式を選ぶ

衣類乾燥除湿機選びで最初にチェックしておきたいのは、除湿方式の違い。

  • コンプレッサー式
  • デシカント式
  • ハイブリッド式
  • 半導体式

の4種類の除湿方式があります。

どの除湿方式を選んだ方がよいかは、つかいたい時期によって異なります。

 

梅雨や夏におすすめのコンプレッサー式

rain

湿気が多いジメジメした梅雨時期や、夏場をメインに使いたいのであれば、コンプレッサー式を選ぶのがおすすめ。

室内の気温が高ければ高いほど、優れた除湿機能を発揮してくれます。

暖かい空気を内部に取り込んで、コンプレッサーを使って冷やすことで水分を吸着。

部屋の温度をあげずに除湿できるんです。

エアコンの除湿機能と同じ仕組みなので、電気代が安くすむのも魅力的です。

室内の温度があまり上昇しないので、暑い夏につかうのに最適な除湿機なんです。

 

寒い冬に使うのであればデジカント式がおすすめ

snow

デジカントとは、乾燥剤という意味。

ゼオライトと呼ばれる乾燥剤に、空気中の水分を吸着させて湿気を取り除いてくれます。

吸着した水分は、ヒーターで温めて気化させ、再び冷やして水分を吸着させます。

ヒーターを使っているので、寒い冬でも優れた除湿能力を発揮。

動作音が静かで、本体は軽量・コンパクトです。

ただし、ヒーターを使うため、電気代はコンプレッサー式の約2倍かかってしまいます。

 

年中使いやすいハイブリッド式

コンプレッサー式とデジカント式の両方の特徴を併せ持つのが、ハイブリッド式の衣類乾燥除湿機。

コンプレッサー式とデジカント式を使いわけられるため、

  • 夏は電気代が安くて温度上昇が少ないコンプレッサー方式
  • 冬は温度上昇して結露予防もできるデジカント方式

といったことも可能です。

ただし、ハイブリッド式は高性能な分、本体サイズが大きくなってしまいます。

 

少量の洗濯物を乾燥させるのに最適な半導体式

半導体式は、ペルチェ素子という半導体を使って空気を冷却し、除湿します。

コンパクトで音も静かなので、机の上やクローゼットなどの狭い空間でつかうのに最適。

ただし除湿機能は低いため、部屋全体を除湿するのには向いていません。

 

部屋の広さに合わせた除湿能力を選ぶ

バスルーム

除湿機には、機種ごとに適応面積が設定されています。

すべての除湿機に、「除湿能力1日/L」といった記載があります。

これは、1日あたりに除湿できる水分量のこと。

適応畳数と合わせて、商品スペック欄に書かれています。

部屋の除湿だけが目的であれば、部屋の広さと適応畳数を比較して選ぶのがおすすめ。

衣類乾燥を目的として使う場合は、適応畳数以上の除湿能力のある機種を選ぶ必要があります。

 

あったら便利な機能で選ぶ

砂時計

衣類乾燥除湿機には、除湿機能以外のさまざまな便利機能が搭載されています。

  • 昼間使う機会が多い
  • 夜間に使う機会が多い

など、普段使う機会の多いシーンをイメージすれば、どのような機能を洗濯すべきか決まってきます。

 

消臭機能

部屋干しで気になるのが、洗濯物の生乾きの匂い。

そんな気になる生乾きの匂いを、しっかり抑えてくれる衣類乾燥除湿機があります。

パナソニック製の機種であれば「ナノイー」、シャープ製の機種であれば「プラズマクラスター」という空気清浄機能を搭載した機種を選ぶのがおすすめです。

 

風向き調整機能

洗濯物の位置に合わせて風向きを調整できれば、効率よく洗濯物を乾燥させることができます。

一度にたくさんの洗濯物を干す機会が多い場合は、首振り機能を使って風を送るのがおすすめ。

湿った部分を狙い撃ちしてくれる、三菱の3Dムーブアイ機能など、乾燥時間を短縮できる機能が搭載されている機種があります。

 

タイマー機能

就寝時や外出時に使う場合は、タイマー機能は必須。

1時間、4時間、8時間といった時間設定ができるタイマーが一般的ですが、機種によっては1時間ごとに自由にタイマー設定できるものもあります。

 

静音機能

静かな夜間に使う場合は、静音性の高い機種を選ぶのがおすすめ。

除湿方式によって音の大きさは異なります。

比較的静かなのは、デシカント式の衣類乾燥除湿機。

コンプレッサー式は音が大きい機種も多いので、就寝中でも使いやすい静音モードを搭載した機種を選んだ方が良いでしょう。

 

おすすめのコンプレッサー式衣類乾燥除湿機

コロナ 衣類乾燥除湿機 Hシリーズ CD-H1820

4.5Lの大容量タンクを搭載した衣類乾燥除湿機。

素早く完走できる「標準モード」、音が静かな「夜干しモード」、電気代を節約できる「ecoモード」と、使いたいシーンに合わせて運転モードを選択できます。

操作はタッチパネル式で、直感的に操作しやすいのが魅力。

本体価格がリーズナブルな上、消費電力も1時間あたり約6円と、コスパに優れた機種です。

除湿方法 コンプレッサー式
サイズ 36.5×20.2×57cm
対応畳数 木造11畳 鉄骨23畳
タンク容量 4.5L

 

シャープ 衣類乾燥除湿機 CV-N180

18L/日という優れた除湿機能を誇る機種。

衣類乾燥時にプラズマクラスターイオンを放出し、乾燥運転が終了後もプラズマクラスターイオンを放出する「臭い戻り対策モード」で、生乾きの匂いをしっかり防いでくれます。

湿度を自動検知してくれるので、空気清浄運転と除湿運転を自動で切り替えてくれます。

送風幅が165cmと広いので、一度に大量の衣類を乾かしたい人におすすめの機種です。

除湿方法 コンプレッサー式
サイズ 35.9×248×665cm
対応畳数 木造20畳 鉄筋40畳
タンク容量 4.5L

 

おすすめのデジカント式衣類乾燥除湿機

アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 IJD-I50

本体上部にサーキュレーターを搭載した除湿機。

自然乾燥に比べ、約5倍のスピードで洗濯物を乾燥することができます。

デジカント式なので、寒い冬でも短時間で乾燥できるのが魅力。

弱モード運転中は、動作音は図書館より静かな29db。

就寝時に使うのにも最適です。

除湿方法 デジカント式
サイズ 28.7×23.4×64cm
対応畳数 木造6畳 鉄筋13畳
タンク容量 2.5L

 

パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YZU60

約110cmに風を送る「ワイド送風」機能を搭載。

1〜2人分の洗濯物を乾燥させるのに適したサイズの衣類乾燥除湿機です。

「エコナビ」機能が、温度や湿度、洗濯物の量などを自動で判別して、無駄な電力消費を減らしてくれます。

本体重量は約5.9kg。

軽いので持ち運びも楽です。

除湿方法 デジカント式
サイズ 45.9×17.8×35.7cm
対応畳数 木造7畳 鉄筋14畳
タンク容量 2L

 

日立 衣類乾燥除湿機 HJS-D771

コンパクトなサイズで、7.7L/日という優れた除湿能力を誇る機種。

前方50度・上方100度のスポット送風や、150度のワイド送風で大量の洗濯物もしっかり乾燥してくれます。

タイマーは2時間・4時間・8時間で設定可能。

排水タンクが満タンになると自動停止してくれます。

除湿方法 デジカント式
サイズ 29×47.5×17.5cm
対応畳数 木造9畳 鉄筋19畳
タンク容量 2L

 

おすすめのハイブリッド式衣類乾燥除湿機

シャープ 衣類乾燥除湿機 CV-NH140

プラズマクラスター搭載の衣類乾燥除湿機。

洗濯物に風を当てることで、乾かしながら生乾き臭を抑制してくれます。

コンパクト設計なので、狭いスペースでも設置可能。

4輪キャスターを搭載しているため、持ち運びが非常に楽です。

除湿方法 ハイブリッド式
サイズ 36.5×23.5×64.5cm
対応畳数 木造14畳 鉄筋28畳
タンク容量 3.6L

 

パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YHTX120

12.5L/日という優れた除湿能力を持った機種。

Tシャツ2枚であれば、わずか20分で乾燥できます。

「エコナビ」機能を使って、洗濯物の量を自動判別して風量を調節してくれます。

電気代を節約しながら効率的に乾かすことが可能。

「衣類ケアモード」を使えば、タバコやベット臭などもしっかり消臭してくれます。

除湿方法 ハイブリッド式
サイズ 37×22.5×58cm
対応畳数 木造11畳 鉄筋23畳
タンク容量 3.2L

さいごに

湿気の多い時期に重宝する「除湿機」。

除湿機を使えば、空気中の湿気を取り除き、結露やカビの発生を抑制する効果が期待できます。

特に、部屋干ししている洗濯物を素早く乾燥できるのは大きな魅力。

服を素早く乾燥させるための「送風機能」が搭載された除湿機は「衣類乾燥除湿機」と呼ばれており、外に洗濯物を干せない真冬や梅雨時期に大活躍しますよ。

それじゃ、またね。

 

 

衣類乾燥除湿機
アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 IJD-I50 レビュー|洗濯物の部屋干し時間を半分以下にできる、おすすめの除湿機こんにちは、いちもくです。 湿気の多い時期に重宝する「除湿機」。 除湿機を使えば、空気中の湿気を取り除き、結露やカビの発生を...
布団乾燥機
家庭用布団乾燥機のおすすめ7選|機能性に優れた機種の選び方こんにちは、いちもくです。 布団乾燥機があれば、毎日フカフカの布団に包まれて幸せだと思いませんか? 布団乾燥機は、四季を通し...
es-w111
シャープ ES-W111 レビュー|乾燥フィルタ-を自動でお掃除してくれるドラム式洗濯乾燥機こんにちは、いちもくです。 そろそろドラム式洗濯乾燥機を買い替えたいけれど、乾燥フィルターのお掃除が楽な機種が欲しいと考えている人...
ドラム式洗濯乾燥機
ライフスタイルに合わせて選ぶ、ドラム式洗濯乾燥機のおすすめ7選こんにちは、いちもくです。 洋服を傷めにくく、洗濯から乾燥まで一度にできる洗濯機があれば便利だと思いませんか? そんな人にお...