熱収縮チューブの便利な使い方4選|電線の絶縁や保護だけじゃない、アイデア次第で錆防止や水漏れ補修にも使える便利なアイテム

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕はDIYが好きで、ホームセンターに工具や園芸用品を買いに行く機会が多いんだ。

ホームセンターの電材コーナーには、熱収縮チューブという商品が置いてあるんだよね。

熱収縮チューブは、電線のつなぎ目を絶縁したり、保護することを目的に使う商品なんだ。

僕は時々、この熱収縮チューブを購入することがあるんだけど、チューブを電線の絶縁や保護に使っているわけではないんだよね。

熱収縮チューブの材質や特性を知れば、いろんな用途に活用できる便利なアイテムだと思うよ。

 

熱収縮チューブとは


熱収縮チューブは、電線のつなぎ目を絶縁したり保護するためのチューブなんだ。

熱を加えることで細く縮み、中の電線にぴったりフィットするんだよね。

収縮した状態のチューブには、ゴミや水が入りにくくなるから、防水性や防食性が生まれるんだ。

 

熱収縮チューブの材質


ホームセンターなどで販売されている熱収縮チューブは、ポリオレフィン素材が使われていることが多いんだ。

他にも、塩化ビニール製の熱収縮チューブも販売されているよ。

用途や目的に応じて、シリコンゴムやフッ素系ポリマー素材のものもあるし、さまざまな収縮率やサイズのチューブがあるんだ。

いずれのチューブも、耐熱性や耐寒性、耐候性に優れているよ。

僕の場合、電気とは全く関係ない用途で熱収縮チューブを使っているんだ。

だから素材については、特にこだわらずに選んでいるよ。

 

熱収縮チューブの本来の使用用途


熱収縮チューブは、家電製品や電子機器、自動車などの部品として使われる機会が多いんだ。

電化製品や自動車などで、熱収縮チューブが使われる一番の理由は、ケーブルや電線などを結束させるのに便利だからなんだ。

しっかりと結束することで、耐摩耗性引っ張り強度が強くなるというメリットも出てくるんだ。

収縮したチューブ内には、ゴミや水が入りにくくなるから、防水性防食性耐油性といった特長も生まれるよ。

 

熱収縮チューブを収縮させる方法

熱収縮チューブを収縮させる方法は、とっても簡単。

熱を加えるだけなんだ。

まずは保護したい電線やパイプを、チューブの中に通すよ。

熱収縮チューブは、収縮温度が80度から90度程度になっている商品が多いんだ。

チューブの温度を収縮温度に達するまで上げるために、通常はヒートガンと呼ばれる工業用ドライヤーを使うんだよね。

ヒートガン/株式会社マキタ

ヒートガン/日立工機株式会社

家庭用ドライヤーとの違いは、熱量。

ヒートガンは、家庭用ドライヤーの何倍もの熱量を発生させることができるんだ。

他にもお湯をかけたり、ライターなどを近づけて炎であぶって収縮させる方法もあるよ。

僕は電気以外の用途で熱収縮チューブを使うことが多いから、お湯かけて収縮させることが多いんだ。

炎を使うと、失敗したらチューブが変形してしまう可能性があるからね。

 

熱収縮チューブのサイズ


様々なサイズの熱収縮チューブが販売されているんだ。

チューブを被せたいものの直径を測った上で、チューブのサイズを選定する必要があるよ。

熱収縮チューブには、必ず収縮前と収縮後の内径が表示されているんだ。

サイズはmmで表記されているものと、インチで表記されているものの2種類あるよ。

収縮後にしっかり固定させるには、チューブを被せたい対象物の直径と、熱収縮チューブの収縮前内径の差が少ないものを選ぶのがポイントなんだ。

 

熱収縮チューブの色


通常、熱収縮チューブは黒と白(透明)の2種類が売られていることが多いんだ。

ホームセンターなどによっては、青や黄、緑、赤などのカラーバリエーションが用意されている場合もあるよ。

同じような電線でも、色を変えることで見分けやすくなるから、使用目的によって色を変えてみるのもいいかもしれないね。

 

熱収縮チューブの耐候性と肉厚


ポリオレフィン素材や、塩化ビニール素材でつくられた熱収縮チューブが多いけれど、どちらも耐候性にはさほど違いは無いんだ。

耐候性の違いが出るのは、チューブの肉厚の差なんだよね。

肉厚なチューブほど耐候性に優れていて、屋外で使っても劣化しにくいんだ。

使用する場所によって、チューブの肉厚を選んでみるのもいいかもしれないね。

 

熱収縮チューブを使って手軽にできるDIY

園芸支柱の腐食防止

僕の家には小さな家庭菜園があるんだけど、トマトやナスを栽培する際、支柱を立てて育てるんだ。

樹脂で被覆された支柱を使ってもいいんだけど、僕が使っているのは9mmや12.5mmの太さの鉄パイプ。

メッキで被覆された鉄パイプを使っているんだけど、土に挿した部分は徐々に腐食してきちゃうんだ。

腐食防止のために、鉄パイプの土に埋める部分に熱収縮チューブを被せて使っているよ。

プロの農家の中には、ビニールハウスを建てる際に、地面に埋まる部分のパイプに錆防止塗料を塗ったり、熱収縮チューブを被覆したりすることが多いんだ。

熱収縮チューブで被覆した支柱は、錆びずに何年も使えているよ。

 

物干し竿の錆防止

僕の実家には、20年以上使い続けている物干し竿があるんだ。

ステンレス製の物干し竿だと、錆に強いんだよね。

でも、古い物干し竿は、鉄パイプの上に樹脂で被覆しただけのものも多いから、被覆面とパイプ表面の間に水が入ると、樹脂がボロボロに剥がれてくるんだ。

古くなった物干し竿は、買い替えるのが一番手っ取り早いんだけど、実家の母はまだ使える物を簡単に買い替えるのが嫌いなんだ。

だからこの間、物干し竿の被覆が剥がれた箇所に、熱収縮チューブを取り付けてみたんだよね。

透明のチューブを付けたから、見た目が綺麗に仕上がったんだ。

剥がれた樹脂で怪我する恐れもなくなって、母曰く「これであと20年は使えるねぇ」ということだったよ。

 

破れた水道ホースの補修

実家の庭には、散水用のホースがあるんだ。

これも年季がはいっていて、1か所水漏れしていたんだよね。

熱収縮チューブを5センチほどカットして、水漏れ箇所に取り付けてみたら、水漏れが綺麗に止まったんだ。

熱で収縮させた後、防水テープでぐるぐる巻きにしておいたから、しばらくは水漏れせずに使えるんじゃないかな。

 

工具の滑り止め


100円ショップで購入したラジオペンチがあるんだけど、持ち手がツルツルしているから、力を入れにくかったんだよね。

たまたま熱収縮チューブの余りがあったから、持ち手部分に取り付けてみたんだ。

グリップが太くなって、持ちやすく滑りにくくなったよ。

取り付けた熱収縮チューブは黒色だったから、見た目が悪くなったのが気になるけどね。

 

さいごに

熱収縮チューブは、電線の絶縁や保護だけでなく、様々な用途に使えるアイテムだと思うよ。

防水性、防食性、耐熱性に優れているから、錆防止や水漏れ防止にも使えるんだよね。

RSコンポーネンツでは、お求めの収縮チューブを検索するのにおすすめ。

メーカー名やスリーブ径、色、収縮率などの条件を指定すれば、1500種類以上の収縮チューブから条件に合った商品を見つけることができるんだ。

収縮チューブは、収縮させる際に熱風や熱湯・炎で怪我をしないよう注意する必要があるけれど、アイデア次第で無限に使い道が広がる商品だと思うよ。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク