商品レビュー記事

ワミー(Wammy) レビュー|積み木やブロックとは一味違った、おすすめ知育玩具

wammy

こんにちは、いちもくです。

積み木やブロックとは違った、室内遊び用のおもちゃがあればいいと思いませんか?

そんな人におすすめなのが、新感覚ひらめきブロック「ワミー(Wammy)」。

ワミーは、コクヨから販売されている子供向けブロックです。

柔らかいピースを曲げたり通したり、さまざまな方法でつなげて遊べるおもちゃ。

平面だけでなく、立体的につなげることもできるので、遊び方は無限大です。

今回は、そんなワミーを実際に使って遊んでみた感想を、本音でレビューしていきます。

 

ワミー(Wammy)とは


ワミー(Wammy)は、コクヨから販売されている子供向けブロックです。

ポリエチレン素材でできた柔らかいピースを、曲げたり通したり、さまざまな方法でつなげて遊べるおもちゃ。

平面だけでなく、立体的につなげることもできるので、遊び方は無限大です。

Wammy引用:コクヨ

ピースは真ん中に、大きな穴が開いています。

この穴に別なピースを通したり、ピースをねじって変形させることも可能。

ピースの両端には、2ヶ所接続部が用意されています。

ピースのカラーも豊富に用意されているので、配色を考えながらつなげていくのも楽しいおもちゃです。

 

使ってみて感じた、ワミー(Wammy)の魅力

柔らかくて手触りが抜群

ワミー

ワミーは、柔らかくてしなやかに曲がるポリエチレン素材でできています。

積み木やプラスチック製のブロックとは、全く違った手触り。

ピースの形状は、内側にカーブする八角形になっています。

ピースの中央にあるのは、大きな穴。

柔らかいのですが強度があるので、好きな角度に曲げたりひねったりできます。

ピースを組み合わせることで、様々な立体物をつくることができるんです。

ワミー引用:コクヨ

ブロックで遊んでいるというよりも、折り紙で遊ぶのに近い感覚かもしれません。

 

積み木やブロックとは違った面白さ

ワミー

積み木やブロックは、それぞれのパーツを曲げたりひねったりすることはできません。

柔らかくてしなやかに曲がるワミーを使えば、積み木やブロックではつくれない作品ができます。

ワミー引用:コクヨ

平面的な作品をつくるよりも、立体的な作品をつくる方が断然おすすめ。

ピースを組み合わせれば、球体や花びらをつくることもできます。

ワミー引用:コクヨ

取り扱い説明書が用意されているので、お手本を参考にさまざまな作品づくりに挑戦できます。

 

男の子よりも女の子の方が夢中になりやすい

ワミー引用:コクヨ

男の子向けの知育玩具は数多く販売されていますが、意外と少ないのが女の子向けの知育玩具。

このワミーは、女の子を対象に開発された商品なんです。

だからピースの色も、華やかなパステルカラーが中心。

ワミー引用:コクヨ

取り扱い説明書にも、ストラップやアクセサリーのつくり方などが中心に掲載されています。

 

公式サイトからPDFガイドブックをダウンロードできる

ワミー引用:コクヨ

製品には、つくりかたガイドブックが同封されています。

初心者向けの作品から、上級者向けの作品まで、レベルに合わせた作り方が解説されています。

また、公式サイトにはPDFでダウンロード可能なガイドブックも用意されています。

コクヨ Wammy つくりかたダウンロード

 

ピースの買い増しが簡単

ワミー

積み木やブロックには、さまざまな形状のピースが用意されています。

だから買い増しする場合は、それぞれのピースをバランスよく買い増す必要があるんです。

でも、ワミーの場合はピースの形状はたった1種類。

買い増しがとっても簡単です。

我が家の場合、まず最初に100ピース入りのワミーを購入しました。

 

でも遊び慣れてくると、100ピースでは物足りなさを感じてくるんです。

なので300ピース入りのワミーを買い増しました。

 

ピース数の多いワミーは、カラーラインナップが豊富。

200ピース入りだと9色、300ピース入りは13色のピースが入っています。

 

使ってみて感じた、ワミー(Wammy)の気になる点

2人で遊ぶ場合は、300ピース以上は用意しておきたい

ワミー

我が家には、小学生の娘が2人います。

成長するにつれて、徐々に難易度の高い作品がつくれるようになってきました。

当然、1つの作品に使うピースの量も増えていきます。

新しい作品をつくろうと思ったら、完成した作品を一旦壊さなければいけません。

でも中には、壊さずに残しておきたい作品も多いんです。

娘2人でワミーを遊んでいると、あっという間に100ピースを使い切るようになりました。

遊び慣れてきたら、ピースの量を増やしていくのがおすすめ。

大人が思いもつかないような、素晴らしい作品をつくる想像力が育まれます。

 

さいごに

積み木やブロックとは違った、室内遊び用のおもちゃがあればいいと思いませんか?

そんな人におすすめなのが、新感覚ひらめきブロック「ワミー(Wammy)」。

柔らかいピースを曲げたり通したり、さまざまな方法でつなげて遊べます。

平面だけでなく、立体的につなげることもできるので、遊び方は無限大。

空間認識能力を育てられる、おすすめの知育玩具ですね。

それじゃ、またね。

 

 

 

おもちゃミシン
毛糸ミシンHUG レビュー|ミシンメーカーがつくった安全おもちゃミシンこんにちは、いちもくです。 手先が器用な女の子は、編み物をしたり刺繍したりして遊ぶことが多いのではないでしょうか? そんな手...
スピログラフ
ビバリー(BEVERLY) スピログラフ(spirograph)デラックス レビュー|カラフルな幾何学模様が描けるオモチャこんにちは、いちもくです。 スピログラフというおもちゃをご存じですか? 初めて聞いたという人もいるかもしれませんが、実物を見...
マジカルイラストレーター
新感描スケッチ マジカルイラストレーター レビュー|遊んでいるうちにイラストが上達するおもちゃこんにちは、いちもくです。 子供におもちゃをプレゼントしたいけれど、せっかくだったら遊びながら絵が上達するおもちゃを贈ってみたいと...
ラブあみ
ラブあみDXセット レビュー|小学生の編み物デビューにおすすめのおもちゃこんにちは、いちもくです。 編み物好きな女の子に、おもちゃの編み機をプレゼントしたら喜んでもらえると思いませんか? おもちゃ...