ビバリー(BEVERLY) スピログラフ(spirograph)デラックス レビュー|カラフルな幾何学模様が簡単に描ける、女の子におすすめのおもちゃ

スポンサードリンク



いちもくです。

我が家には小学生の娘が2人いるのですが、2人共絵を描くのが大好きなんです。

そんな娘のリクエストに応えて、幾何学模様が簡単に描けるおもちゃ・スピログラフを購入しました。

2人共、毎日夢中になって遊んでいるようです。

最初は使い方が分からずに戸惑っていたみたいなので、僕も一緒に遊んでみました。

スピログラフは、大人も夢中になって楽しめるおもちゃでしたよ。

 

ビバリー スピログラフ デラックス

サイズ 305×278×50mm
対象年齢 6歳以上
セット内容 リング2個、ギア19個、ラック1個、アートマーカー8本、パテ1個、デザインブック1冊、スケッチ用紙20枚、トレイ1個

 

スピログラフとは

スピログラフは、アメリカで50年以上売れ続けているおもちゃです。

リングとギアを組み合わせて、模様を描いていくおもちゃなんです。

歯車の中に穴が開いているので、鉛筆やペンを指してくるくる回しながら線を描きます。

幾何学模様の線を描くのですが、使うギアやペンの色を変えることで、可愛らしい模様が描けます。

 

スピログラフ デラックスの魅力

セット内容が充実している

株式会社ビバリーが発売しているスピログラフセットには、トラベル、スタンダード、デラックスの3種類があります。

シリーズの中で、セット内容が一番充実しているのが、このデラックスタイプです。

スピログラフで遊ぶ際は、必ず1人1個のリングが必要ですが、デラックスタイプにはリングが2個入っています。

だから兄弟姉妹や友達同士と、2人で一緒に遊ぶことができます。

 

ギアを使ってまわすだけで、簡単に模様ができる

スピログラフを使って絵を描くのは、とっても簡単です。

基本になるのは、リング。

リングを取り出したら、好きなギアをセットします。

ギアをリングにセットする際、メモリを合わせます。

あとは、ギアの穴に好きな鉛筆やペンを指して、くるくると回すだけ。

ギアのタイプによって、いろんな幾何学模様の線が描けます。

 

ギアとペンの色の組み合わせは無限大

スピログラフ デラックスは、リングとギアの組み合わせ方や、ペンの色を変えることによって、描ける幾何学模様は無限大です。

同じリングとギアを使っても、ギアの歯の位置を変えて重ね描きしたり、穴の位置を変えるだけで、全く違う幾何学模様が描けます。

 

ギアだけでなく、色を変えるだけでも作れる模様が全く違ってくるんです。

 

次女は小学3年生なんですが、スピログラフ デラックスを使い始めて30分くらいで、いろんな模様が描けるようになりました。

最近は、毎日暇さえあれば、カラフルな幾何学模様を夢中で描いて遊んでいます。

 

スピログラフ デラックスで遊ぶ際のコツ

デザインブックを活用してみる

スピログラフ デラックスには、セットの中にデザインブックが付属しています。

リングやギアの基本的な使い方が説明されています。

最初のページでは、リングが動かないようにするための専用パテの使い方や、マーカーを持つ角度などが説明されています。

 

それぞれのギアには、いくつか穴が開いています。

どの穴を使用するかで、描ける模様が違います。

 

使用するギアを変えるだけで、こんなにたくさんの幾何学模様が描けるんです。

 

慣れてくれば、こんな複雑な模様も描けます。

 

デザインブックには、リングやギアの基本的な使い方から応用方法まで解説されています。

デザインブックに書かれている内容は、幼い子どもには難しい部分も多いので、デザインブックを見ながら、親子で一緒に遊んでみるのがおススメです。

 

付属のスケッチ用紙とコピー用紙

付属のスケッチ用紙は、コピー用紙よりも厚手で丈夫な紙質になっています。

スケッチ用紙は20枚入っていますが、すぐに使い切ってしまうと思います。

僕はスケッチ用紙を使い切ってからは、100円ショップで買ったスケッチブックを使っています。

最初はコピー用紙に描いていたのですが、破ける事が多かったんです。

だから紙に厚みのあるスケッチブックを使う方が、スピログラフを使いやすいようです。

 

付属のアートマーカーと色鉛筆

スピログラフ デラックスには、アートマーカーが8本付属しています。

専用の商品なので、スピログラフを使って模様を描きやすいペンです。

僕と娘は、付属のアートマーカー以外にも、色鉛筆やカラーボールペンを使ってみたのですが、幾何学模様を描く際は、ボールペンの方が描きやすかったんです。

鉛筆だと、ギアの回転が引っ掛かることが多いんですよね。

紙への摩擦抵抗が少ないペンを使うのが、描きやすいと思います。

 

スピログラフ デラックスの気になる点

収納が面倒

スピログラフ デラックスを収納する場合、プラスチック製の専用収納トレイを使います。

それぞれのギアやアートマーカーのサイズに合わせた、収納トレイです。

スピログラフ デラックスには、付属しているギアの数が多いので、遊んだあと箱の所定の場所に戻すのが面倒なんです。

もう少し、コンパクトに収納できるトレイや袋があった方が、片付けやすくて便利かもしれません。

 

さいごに

スピログラフ デラックスを購入してから、娘は2人共夢中になって幾何学模様を描いています。

絵を描くのが好きな子どもには、ぴったりのオモチャなんだと思います。

男の子よりも、女の子向けの商品かもしれませんね。

クリスマスや誕生日にプレゼントしたら、きっと喜んでもらえると思いますよ。

 

ではでは。

 

スポンサードリンク