教科書ワーク レビュー|教科書に沿った内容の、予習・復習・テスト対策にぴったりの問題集

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

我が家には小学4年生の娘がいるんだけど、毎年自宅学習用に問題集を購入しているんだ。

娘が去年1年間勉強したのは、株式会社文理が販売している『教科書ワーク』シリーズ。

教科書準拠テキストだから、教科書にぴったり合った内容になっていて、自主学習をスムーズに進められるんだ。

我が家では授業の復習用として『教科書ワーク』を使っているんだけど、自主学習に使い始めてからテストの成績が格段に良くなったんだ。

そんな教科書ワークの魅力と、我が家での使い方を紹介するね。

 

教科書ワークとは


『教科書ワーク』は、株式会社文理が販売している教科書準拠テキストなんだ。

教科書準拠テキストとは、教科書の内容に沿った学習参考書のこと。

全国の小学校で使われている教科書別に、『教科書ワーク』は用意されているんだ。

通っている小学校で使われている教科書に合わせた問題が、授業の進み具合に合わせて自主学習できるテキストだよ。

 

使ってみて感じた、教科書ワークの魅力

教科書に合った内容になっている

『教科書ワーク』の一番の魅力は、通っている小学校で使っている教科書の内容に合わせた解説や問題が用意されているところ。

小学校の教科書は、地域によって出版社や内容が違っているんだ。

小学校で使われる教科書は、学習指導要領を基準につくられているんだけれど、目次の順番や写真などは、出版社によって異なる内容になっているんだ。

『教科書ワーク』は、全国の小学校で使われている、それぞれの教科書に合わせてつくられた問題集だよ。

教科書のもくじや単元配列などが、『教科書ワーク』とぴったり合っているから、自主学習をスムーズにできるんだ。

僕の娘は、引っ越しが理由で、学年の途中で転校したことがあったんだ。

県外に引っ越したから、転校先の学校では今までとは違う出版社の教科書を使うようになったんだよね。

転校に合わせて『教科書ワーク』も買い直して、毎日の自主学習に使っているよ。

教科書にぴったり合った内容だから、授業で学んだ箇所の復習用に使うようにしているんだ。

しっかり復習できるから、新しい学校の授業にも問題なくついて行けているみたいだよ。

 

教科書の参照ページが付いている

『教科書ワーク』の各ページには、教科書の参照ページが書かれているんだ。

分からない問題があっても、教科書を参照しながら問題を解くことができるから、自主学習をどんどん進めることができるのが魅力だよ。

教科書をうまく使いながら自主学習できるから、復習だけでなく予習用にも『教科書ワーク』は有効なんだ。
勉強する習慣を身につけるのに、ぴったりだね。

 

8ジャンルのテキストが用意されている

『教科書ワーク』のラインナップは、全部で8ジャンル。

各学年の授業で学べる

国語

 

漢字

社会

 

算数

 

数と計算

 

文章題・図形

 

理科

 

せいかつ

 

の8種類だよ。

我が家では国語・算数・理科・社会の4種類を揃えているんだ。

各教科のテキストを、月曜日から木曜日まで1教科ずつ学習するようにしているんだよね。

1週間の授業で進む教科書内容が、『教科書ワーク』を使って1日で復習する量としてぴったりなんだ。

 

問題量とレベルが標準的

『教科書ワーク』の内容は、難しすぎず易しすぎず、標準的な難易度になっているよ。

解説が分かりやすいから、小学生が一人で学習するのにも適しているだろうね。

問題量もさほど多くないから、毎日自宅で勉強する習慣を身につけるのに、ちょうどいい量なんだ。

各章の最後には、学校のテストと同じような形式の問題が用意されているから、実際のテスト対策にも最適。

夏休みや冬休み、学年末用に、実力判定テストも用意されているんだ。

日々の学習と、長期休み用に総まとめの学習もできるよう、よく考えてつくられた問題集だね。

 

ページの一番下に書かれているメモが面白い

『教科書ワーク』の問題ページの一番下には、各単元に関する豆知識がメモとして書かれているんだ。

国語の場合は、「ものしりメモ」。

算数の場合は、「さんすうはかせ」。

理科の場合は、「わくわくたんてい団」。

社会の場合は、「しゃかいか工場」。

教科書には書かれていない豆知識で、読んで面白いものばかり。

勉強の息抜きにもなるし、勉強の内容に興味を持つきっかけになるんじゃないかな。

 

使ってみて感じた、教科書ワークの気になる点

特別ふろく「ホームページテスト」を利用するのを忘れがち

『教科書ワーク』の裏表紙に、特別ふろくの「ホームページテスト」が付属しているんだ。

文理のホームページへアクセスし、アクセスコードを入力することで各教科のテストを無料でダウンロードできるよ。

アクセスコードは、『教科書ワーク』を購入しないと手にはいらないんだ。

「ホームページテスト」は、1年間の学習の総まとめとして使うのがいいかもしれないね。

でも、教科書ワークの最終項には、学年末の実力判定テストが付録として付いているから、必ずしもホームページテストをダウンロードする必要は無い気がするんだ。

ダウンロードしたり印刷したりする必要があるから、毎回利用するのを忘れたまま、次の学年の教科書ワークの学習に取り掛かってしまうんだよね。

小学生の子供が、ホームページからテストをダウンロードして印刷するのは、難しい気がするんだ。

ホームページテストを忘れず学習するためには、親が日々の自主学習内容を把握して、最適なタイミングで印刷する必要があるのかもしれないね。

 

さいごに

『教科書ワーク』は、教科書準拠テキストだから、学校で使っている教科書の内容に沿って自主学習するのにぴったりの問題集なんだ。

我が家では授業の復習用に使っているけれど、『教科書ワーク』で学習を始めてから、自主学習の習慣が徐々に身についてきたんだよね。

教科書を片手に、授業で学んだ内容を思い出しながら問題を解くと、スラスラ解けるから勉強が面白く感じているみたいなんだ。

小学生の場合、まずは教科書を使った授業をしっかり理解するのが大切なんじゃないかな。

『教科書ワーク』は、教科書に沿って自宅学習できる、おすすめのテキストだよ。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です