HUAWEI P10 lite レビュー|デザインやスペックだけじゃない、使ってみて分かったP10 liteの11の魅力

スポンサードリンク



いちもくです。

僕は長年iPhoneを使っているのですが、新型iPhoneに買い替えようとすると10万円近くするので、気軽に買い替えるわけにはいかないんです。

だからiPhoneとは別に、Android端末も所有しています。

Android端末はいいですね。

安くてもスペックが優れた商品が増えてきたので、数か月毎に新しい機種に買い替えています。

今回購入したのは、HUAWEIのP10 lite。

1か月くらい使ってみましたが、想像以上に使いやすくて、デザインも素敵な端末でした。

 

3年前のフラグシップ級のスペック

サイズ 146.5×72×7.2mm
重さ 約146g
OS Android7.0
CPU Kirin658
ディスプレイ 5.2インチ フルHD
RAM 3GB
ストレージ 32GB
アウトカメラ 1200万画素
インカメラ 800万画素
インターフェース micro USB
バッテリー容量 3000mAh
センサー 加速度、コンパス、ジャイロ、環境光、近接、指紋
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
FDD-LTE B1/3/5/7/8/18/19/26
TDD-LTE B41
W-CDMA B1/5/6/8/19
GSM 850/900/1800/1900MHz

前機種のP9 liteと比べると、格段に性能が上がっています。

CPUが新しくなり、RAMとROMが増えています。

 

P10 liteの魅力

魅力その1 付属品が充実している

箱の中には、本体、充電器、micro USBケーブル、イヤホン、クイックスタートガイド、純正保護ケースが入っています。

純正保護ケースは4隅と背面を保護してくれます。

充電器とmicro USBケーブルは、急速充電に対応。

QCといった汎用規格ではなく、HUAWEIの独自規格なんですが、最大9V/2Aで出力されます。

付属の充電器を使えば、30分程度でフル充電できるんです。

付属の充電器以外で充電すると、一般的な5V/2Aの通常充電になります。

 

魅力その2 持ちやすい

P10 liteは5.2インチの液晶サイズですが、本体のサイズは146.5×72×7.2mmです。

重さは146g。

両サイドのベゼルがとにかく薄いので、このサイズが実現できています。

フレームも薄いので、シャツやズボンのポケットにもすっきり収まります。

僕の場合は、片手でフリック入力する機会が多いので、このサイズであれば片手操作もストレスなくできるんです。

 

魅力その3 ディスプレイが綺麗

ロック画面に表示される待ち受け画像は、ロックボタンを押すごとに変化します。

綺麗な写真ばかりで、思わず見とれてしまいます。

 

魅力その4 色が変化する背面

P10 liteのカラーは、サファイアブルー、プラチナゴールド、パールホワイト、ミッドナイトブラックの4種類と、UQ mobile限定のサクラピンクの計5種類です。

僕が買ったのは、サファイアブルー。

角度によって、背面色の濃淡が変化します。

背面の美しさを堪能するには、付属の純正保護ケースを使うのがいいかもしれません。

クリアタイプの薄いケースなので、P10 liteの高級感ある色と質感を楽しむことができます。

 

魅力その5 精度の高い指紋センサー

指紋センサーは背面にあります。

反応速度と精度は、驚くほど高いんです。

触れた瞬間に、ロックが解除されるイメージですね。

 

魅力その6 必要十分なカメラ性能

HUAWEIが販売しているスマホの上位機種には、ライカレンズが使われているものや、2眼レンズになっているものがあります。

このP10 liteのカメラには、こうした高性能レンズは採用されていませんが、自然な色合いの写真を撮るには十分な性能です。

それと印象的だったのは、iPhoneと比べてシャッター音が小さいということ。

iPhoneでカメラを使う際は、音が大きいから周囲に気を遣うことも多かったんです。

 

魅力その7 同時に2つのアカウントでアプリにログインできる

1つのアプリに対して、同時に2つの異なるアカウントでログインできます。

Facebookなどのアプリで、2つのアカウントにログインできます。

HUAWEI純正のホーム画面を利用している場合にのみ利用できます。

 

魅力その8 充電が速い

ボディは薄くて軽いのですが、バッテリー容量は3000mAhあります。

僕の場合は朝フル充電状態で持ち出して、1日フルに使っても、自宅に戻るまでバッテリーが持っています。

もしもバッテリーが少なくなっても、急速充電に対応しているのが嬉しいですね。

QCといった汎用規格ではなく、HUAWEI独自規格で最大9V/2Aで出力されます。

付属の充電器以外で充電すると、一般的な5V/2Aという、通常の充電になってしまいます。

付属の充電器を使えば、30分程度でフル充電できます。

 

魅力その9 ナックルジェスチャーがすごぶる便利

HUAWEIには、ナックルジェスチャーという独自機能があります。

指の関節部分で画面を操作すると、スクリーンショットやアプリの起動ができるんです。

僕はスクリーンショットを撮る機会が多いから、この機能はすごく役立っています。

 

魅力その10 タッチ精度が高い

格安スマホの場合、機種によってはタッチパネルの精度が悪いものもあります。

そんな機種を使っていると、何度タッチしてもアプリが立ち上がらなかったり、文字を入力しようとしてもスムーズにいかない場合もあるんです。

でもP10 liteは、タッチ精度に関する不満は一切ありません。

文字入力が驚くほど滑らかでスムーズなので、ストレスフリーで文章を作成できるんです。

 

魅力その11 国内の通信キャリアを幅広くカバーしている

FOMAプラスエリアはもちろん、auやソフトバンクの通信網にも対応しています。

ドコモ回線だけでなく、ワイモバイルやUQ mobileの通信バンドでも運用できます。

国内の通信キャリアのプリセットも充実しています。

 

P10 liteの気になる点

DSDSが使えない

SIMのトレーは、本体左側面にあります。

Nano SIMであれば、2枚入るようになっています。

でもこの機種は4G+3GのDSDSでは使えないので、nano SIMとmicro SDといった組み合わせで使うのがいいかもしれません。

 

防水タイプではない

P10 liteは防水タイプではありません。

雨の日や濡れた手で触れる際は、注意が必要です。

 

おサイフケータイ非対応

おサイフケータイ機能は含まれていません。

価格を安くするためには、機能を削らなければいけないので仕方ないのかもしれませんが。

 

ゲームヘビーユーザーには物足りないかも

僕はスマホでゲームをすることはほとんどないので、P10 liteの性能で物足りないと感じることは全くありません。

ゲームはしませんが、雑誌や漫画をP10 liteで読む機会は多いんです。

5.2インチのフルHDディスプレイなので、文字をストレスなく読むことができています。

ゲームの種類によっては、若干パフォーマンスが落ちる場合もあるかもしれません。

 

さいごに

2万円台で購入できるP10 liteは、価格以上の価値のあるスマホだと思いました。

スペックは、3年前のフラグシップ級Androidスマホと比べても遜色なく、何よりデザインが洗練されているんです。

この値段でこれだけのデザインと性能を実現しているP10 lite。

格安スマホ初心者だけでなく、SNSや文書作成、読書にスマホを使う機会が多い人にもオススメの機種だと思います。

ではでは。

 

スポンサードリンク