本・映画・音楽

【書評】マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

いつも誰かに振り回されるが一瞬で変わる方法

こんにちは、いちもくです。

他人から「言われたこと」や「されたこと」で、頭の中がモヤモヤでいっぱいになってしまうことはありませんか?

「LINEを送ったのに全然返事が来ない・・・変なこと言ってしまったかな」

「最近冷たくされている気がする。もしかして嫌われてる?」

「なんだか機嫌が悪そうだ。もしかして何か悪いことしてしまったかな」

考えても仕方ないのに、なぜか相手のことを考えるのをやめられないでいる。

それは完全に「相手に振り回されている状態」です。

誰かに振り回されている状態を抜け出そうと思ったら、方法は1つしかありません。

その方法とは「本当の自分」を取り戻すこと。

ではどうすれば、本当の自分を取り戻すことができるのでしょうか。

その答えは、『マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』に書かれています。

自分自身に催眠をかける「言葉」を唱えることで、本当の自分を取り戻すことができるんです。

今回は、『マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』の重要エッセンスを詳しく解説していきます。

 

『マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』の概要

本書は、心理カウンセラーの大嶋信頼(おおしま・のぶより)さんの著書「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法」のマンガ版です。

  • 他人の言葉を真に受けやすく、恋も仕事も振り回されがちな女性
  • 弱気な性格が災いして、上司から理不尽なことで怒られる会社員

など、悩みを抱える人たちに対して、大嶋先生がアドバイスしていくというストーリー。

大嶋先生のもとへ悩み相談に訪れる人は、全部で4人。

登場人物引用:マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

4人の相談者の悩みは、誰もが「あるある!」と思わず頷いてしまうものばかり。

だからまるで、自分が実際にカウンセリングに訪れているような感覚で読み進めることができるんです。

マンガのストーリーの後には、大嶋先生の解説文が用意されているので、それぞれの問題の解決方法をより深く理解することができます。

 

『マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』の魅力

暗示の言葉を唱えることで、本当の自分を取り戻すきっかけを得られる

周りに振り回されやすい人は、相手から言われたことを「なんであの人はこんなことを言うんだろう・・・」と考え込んでしまう傾向があります。

さらに、心に引っかかった言葉に対して、どんどん自分の解釈を付け足してしまいがち。

反対に、周りに振り回されにくい人の場合は、誰かから何か嫌なことを言われても「は、バカじゃないの?」と、軽く受け流すことができるんです。

相手の言葉を真に受けてしまうことで、相手の感情に振り回されてしまい、自分を見失ってしまいがち。

相手の不機嫌な態度や表情を見ると、それがすべて自分のせいではないかと勝手に解釈してしまうんです。

真に受ける引用:マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

このような悩みを抱えている人におすすめなのが、自分自身に暗示をかけるという方法。

普段の生活では、私たちの無意識は意識に抑え込まれています。

無意識に眠っている潜在意識に働きかけることで、暗示をかけることが可能となります。

無意識に心を委ねてしまえば、一瞬で不安や怒りから解放されます。

やり方はとっても簡単。

「あの人は今どう思っているんだろう」と、他人の気持ちが気になって仕方ないときは「相手の気持ちはわからない、自分の気持ちすらわからない」と唱えるだけです。

暗示引用:マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

この暗示の言葉を唱えることで、相手と自分の間に境界線を引くことができ、他人の言動に動揺し無くなります。

また、

「ああ、周りで結婚していないのは自分だけか」

「あいつはもう課長になったのに、俺はまだ平社員・・・」

といったように、他人と比べて不安に襲われてしまったときはどうすれば良いのでしょうか?

そんなときは、自分と他人とを区別するための「心の壁」をつくるのがおすすめ。

この壁をつくらないと、他人の感覚が次から次へと流れ込んできてしまいます。

他人の感覚が流れ込んでくると、自分の視点ではなく他人の視点で物事を見てしまい、他人の感覚で物事を判断するようになってしまいます。

そんなときに唱えるべき暗示の言葉は、「自我防壁!」です。

自我防衛引用:マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

暗示の言葉を唱えることで、無意識が徐々に変化し始め、意識も変わってきます。

不安・嫉妬・怒りといった感情に支配されにくくなり、人間関係が改善されていきます。

本書には、こうした「暗示の言葉」がほかにも数多く紹介されています。

 

肩の動きを合わせるだけで起こる、不思議な効果

相手の緊張をほぐしたいときに有効なのが、「呼吸を合わせる」という催眠療法のテクニック。

僕は普段、営業の仕事をしていますが、この「呼吸を合わせる」テクニックを使い始めてからは、驚くほどスムーズに初対面の人と良好な関係が築けるようになりました。

やり方はとっても簡単。

息を吸うときに、自分の肩を相手の動きに合わせてゆっくりと上げ、息を吐くときに肩を相手の動きに合わせてゆっくりと下げる、ということを繰り返すだけです。

肩の動き引用:マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

何度か繰り返していると、自分の身体の緊張が「フッ」とゆるむ瞬間がやってきます。

その瞬間、相手は無意識状態に入っているんです。

試しに電車の中で知らない人に試してみると、かなりの確率で相手はウトウトと眠ってしまうはずです。

呼吸を合わせていくうちに、今まで攻撃的な態度を取っていた相手も優しくなるから不思議。

本書によれば、「呼吸合わせ」は相手の本来の姿である無意識状態を引き出すためのテクニック。

決して相手を思い通りにコントロールするための催眠ではないそうです。

 

逆説をかければ、相手の攻撃が一瞬で止まってしまう?

他人が攻撃的になっているときに有効なのが、催眠療法の「逆説」です。

これは、相手の意識が恐れていることと真逆のメッセージを入れることで、意識を打ち消して無意識状態にするテクニック。

たとえば、しっかり仕事をこなしているのに上司が怒鳴りつけてくるのは「自分の方が下の地位になってしまうのが怖い」という恐れを潜在意識に抱いているからなのかもしれません。

つまり上司が恐れているのは、「あなたの下になりたくない」ということ。

そこですかさず「〇〇さんは仕事ができて、面倒見が良くてすごいですね」と、呼吸を合わせながら相手に伝えてみます。

逆説引用:マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

すると、それまで攻撃的になっていた上司が、「え?」と頭が真っ白になって、無意識状態になります。

意識が弱まり無意識状態になると、「あ、こんなことをしなくていいのかも」と、攻撃はピタッと止まるもの。

本書で紹介されているさまざまな催眠療法テクニックを活用できれば、人間関係がより円滑になること間違いありません。

 

さいごに

他人から「言われたこと」や「されたこと」で、頭の中がモヤモヤでいっぱいになってしまうことはありませんか?

「LINEを送ったのに全然返事が来ない・・・変なこと言ってしまったかな」

「最近冷たくされている気がする。もしかして嫌われてる?」

「なんだか機嫌が悪そうだ。もしかして何か悪いことしてしまったかな」

考えても仕方ないのに、なぜか相手のことを考えるのをやめられないでいる。

それは完全に「相手に振り回されている状態」です。

誰かに振り回されている状態を抜け出そうと思ったら、方法は1つしかありません。

その方法とは「本当の自分」を取り戻すこと。

ではどうすれば、本当の自分を取り戻すことができるのでしょうか。

その答えは、『マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』に書かれています。

自分自身に催眠をかける「言葉」を唱えることで、本当の自分を取り戻すことができますよ。

それじゃ、またね。

 

 

多動力
【書評】マンガで身につく多動力こんにちは、いちもくです。 会社や組織で働いていると「これをやることに、いったい何の意味があるの?」と思えるような仕事が、1つくら...
傾聴を学ぶのにおすすめの本
傾聴を学ぶのにおすすめの本7選|傾聴力を高めることで得られるメリットとは?こんにちは、いちもくです。 ビジネスでもプライベートでも、人間関係を円滑にするにはコミュニケーション力が必要です。 お互いの...
非常識な成功法則
【書評】マンガでわかる 非常識な成功法則こんにちは、いちもくです。 誰しも1度は「人生で成功したい!」と考えたことがあるのではないでしょうか? 成功した人たちの言葉...
人は暗示で9割動く
【書評】マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く!こんにちは、いちもくです。 「暗示」と言うと、なんだか人を惑わして思い通りに操るような、怪しげなイメージを持つ人も多いのではないで...