本・映画・音楽

傾聴を学ぶのにおすすめの本7選|傾聴力を高めることで得られるメリットとは?

傾聴を学ぶのにおすすめの本

こんにちは、いちもくです。

ビジネスでもプライベートでも、人間関係を円滑にするにはコミュニケーション力が必要です。

お互いの信頼関係が築けないと、相手と衝突してストレスを抱えてしまうことにもなりかねません。

一般的に、コミュニケーション能力が高い人といえば、話し上手な人をイメージする人も多いはず。

でも実は、相手の話をしっかり聴くことの方が、話すことの何倍も大事なんです。

聞き上手になれば、自分から多くのことを話さなくても、相手から信頼されるようになります。

「傾聴力」を身につけれることができれば、ビジネスもプライベートもスムーズに進むこと間違いありません。

今回は、そんな傾聴の魅力と、傾聴を学ぶのにおすすめの本を紹介してます。

 

傾聴とは

listening

傾聴とは、相手の話す内容を一切否定せず、深く丁寧に耳を傾けて「聴く」というコミュニケーション技法です。

もともとは、心理カウンセリングなどで用いられていたテクニックでした。

最近では、ビジネスや子育てのシーンで応用されることが増えてきています。

誰しも一度くらいは、相手が話を真剣に聴いてくれずにイライラした経験はあるはず。

傾聴は、単に相手の話を聴くだけの技法ではありません。

相手の表情や声のトーンなどにも注意を払い、相手に共感しつつ、相手の気持ちに寄り添いながら聴くのが「傾聴」です。

傾聴力を高めれば、自然と相手から信頼されるようになります。

悩みを抱えている人の相談に乗る場合でも、相手の気持ちに寄り添いながら話を聴くだけで、自然と問題解決につながっていくことも多いんです。

 

傾聴はこんな人におすすめ
  • 「あなたは人の話を聞かない」と言われたことのある人
  • 会話が続かず、人と話すのが苦手な人
  • 相手がなかなか本音を話してくれないと悩んでいる人
  • 部下や後輩をどう指導すれば良いか分からない人

 

傾聴を学ぶメリット

相手を深く理解できるようになる

カップル

傾聴の姿勢で相手の話を聞けば、相手の置かれている立場や状況を深く理解することができます。

相手の状況が分かれば、相手の考えていることや感情を想像するのも比較的簡単です。

売れないセールスパーソンほど、売りたい商品やサービスのことばかりを話しがち。

相手の話をしっかりと聴き、相手も気付いていなかった困りごとや解決策を引き出せるのが、優秀なセールスパーソンです。

相手から話を引き出すことができれば、あとは求めているものを提供したり、困っていることの解決方法を提案するだけ。

押し売りする必要は一切なく、自然な会話の流れの中でモノが売れ始めます。

 

信頼関係を築ける

信頼

傾聴は、相手と信頼関係を構築するのに非常に役立ちます。

普段の会話では、相手の話をなんとなく聞き流してしまったり、相手の意見に反論してしまうことも多いはず。

これが続くと、「これ以上、この人に話をしても意味がないな」なんて思われてしまう可能性があります。

これでは、信頼関係を築くことはできません。

傾聴では、聞き手はまず話し手の気持ちに寄り添います。

相手の言葉を否定せず、相手の話したい内容に共感します。

こうした姿勢で話を聴くと、話し手は

  • 話を遮らず、自分の話をきちんと聞いてくれる人だ
  • 自分の気持ちを分かってくれる人だ

と感じ、自然と心を開いてくれるようになります。

 

話し手が自ら考えるようになる

カウンセリング

傾聴を実践できるようになると、聞き手が特別なアドバイスをしなくても、話し手は自ら考えて気づきを得られるようになります。

人は誰しも、悩みや不安を抱えているもの。

でも、そのすべてを言葉にできているとは限りません。

話し手が自分の考えを頭の中で整理し、それを言語化して口に出すことで、自分の本当の気持ちや意見に気付くことが多いんです。

悩みや不安を言語化することで、話し手は自らの感情を整理できるようになります。

だから傾聴を上手に活用すれば、子育てや部下育成にも有効なんです。

 

傾聴を学ぶのにおすすめの本

マンガでやさしくわかる傾聴

漫画でわかりやすく傾聴を学べる本。

主人公は、京長市役所に勤める二階堂いずみ。

新市長に就任した樹木大次郎の発案で、「耳かたむけ課」という部署が新設されることになりました。

耳かたむけ課に配属されたいずみは、次々と訪れる市民たちの対応に悪戦苦闘する日々。

市民から寄せられる相談に対して、いずみは自分の価値観や市のルールを押し付けてしまいます。

当然、相談者からは不満の声が爆発。

そして家に帰っても、「話が長い」という理由から、いずみの愚痴を聴こうとしない夫と娘。

いったいどうすればいいのか分からず、いずみは「耳かたむけ課」の仕事にやりがいを感じられなくなってしまいました。

そんなある日、大次郎市長にトラブルを救ってもらったのがきっかけで、いずみは「傾聴」の大切さを知ります。

大次郎市長のアドバイスのもと、いずみは少しずつ傾聴をマスター。

やがて、市民や職場の人々、家族との関わりに良い変化が訪れはじめます。

プロカウンセラーの聞く技術

聞き方の極意を学べる本。

よりよい人間関係を築くための第一歩は「聞く」ことから始まります。

対人関係に悩む人はもちろん、営業職など、より良い人間関係を築きたい人向けの内容となっています。

臨床心理士として活躍する著者の、実際のカウンセリングでの会話の流れを掲載。

読者に対し「さて、あなたならどう答えますか?」という問いかけが用意されているので、考えながら読み進めることができます。

専門用語はほとんど使われていないので、非常に読みやすい内容となっています。

プロカウンセラーが教えるはじめての傾聴術

傾聴の基本を学び、共感力を養いたい人に最適な本。

傾聴を実践する上で欠かせない、理論と技術が分かりやすく解説されています。

ほかにも「人間の心の成り立ち」や「傾聴を妨げる心の動き」についても紹介。

後半は実践編となっており、事例を通して「聴き手がやってしまいがちな悪い応答例」と「良い応答例」がその理由と共に紹介されています。

子ども・パートナーの心をひらく「聴く力」

子育て中のお父さん・お母さんにぜひ読んでもらいたい本。

「子どもの口数が減った」

「学校に行きたがらない」

「どうしたのと尋ねても答えてくれない」

「夫や妻、祖父や祖母の気がふさぎがち」

こんな時、家族の心を開いてコミュニケーションを取るにはどうすれば良いのでしょうか?

本書では、傾聴カウンセラーとして活躍する著者が、親子関係や夫婦関係がうまくいかず悩んでいる方向けに、相手の心に寄り添って信頼関係を築く「傾聴」の技法を分かりやすく解説してくれています。

本書の内容を実践できれば、家庭で起きる問題の多くは解決できるのかもしれません。

「聞く力」こそが最強の武器である

元外交官のエグゼクティブコーチが教える「聞く技術」。

話し方や伝え方を学ぶよりも「聞く」というスキルを身につけるだけで、仕事も人間関係も大きく変わります。

なぜなら、人間関係で問題を抱える人、場で仕事がうまくいかない人の多くが、正しく人の話を聞けていないから。

「聞く力」のスキルを身につけるだけで、人に好かれやすくなり、簡単に信頼関係を築けるようになります。

また、相手から情報を引き出す方法、会話や雑談を弾ませる聞く技術、自分を動かす「自分に質問する技術」など仕事・人生を変える武器としての聞く技術が満載の本です。

 

「聴く力」 磨けば人生うまくいく!

部下がなかなか仕事を覚えない、とイラ立つ部長のAさん

会話が苦手で女性ともうまく話せない、と悩む公務員のBさん

子供が言うことをきかない、と途方に暮れるキャリアウーマンのCさん

思うように契約が取れずストレスが溜まっている、保険営業マンのDさん

仕事もセンスもバツグンな“姫”なのにさびしい、外資系OLのEさん

同じような悩みを持つ人は、意外と多いのではないでしょうか?

これらの悩みは、すべて「聴く」力不足に原因があるんです。

つまり、現代人に最も必要なのは、「話す力」より「聴く力」。

「聞く」と「訊く」と「聴く」の違いを理解できれば、仕事上のトラブルや人間関係の悩みは解決できます。

EAPコンサルタントとして活躍する著者が、20年以上にわたって人の話を「聴き」続けてきた経験をベースに、自らの失敗談やさまざまな事例を紹介しながら、聴く力の重要性を説いた本です。

 

傾聴術:ひとりで磨ける“聴く”技術

相手の言いたいことを、本当にわかっていますか?

臨床心理士やカウンセラーのみならず、教師、医療・福祉関係者、ボランティアなど、悩み苦しむ人を支える専門家に必要な技術である傾聴。

本書では、傾聴の基礎にある来談者中心療法の真髄を、9つの実際的な場面設定の練習問題で分かりやすく解説しています。

カウンセリング場面を想定して、傾聴技法を独学で学べる内容となっています。

さいごに

ビジネスでもプライベートでも、人間関係を円滑にするにはコミュニケーション力が必要です。

お互いの信頼関係が築けないと、相手と衝突してストレスを抱えてしまうことにもなりかねません。

一般的に、コミュニケーション能力が高い人といえば、話し上手な人をイメージする人も多いはず。

でも実は、相手の話をしっかり聴くことの方が、話すことの何倍も大事なんです。

聞き上手になれば、自分から多くのことを話さなくても、相手から信頼されるようになります。

「傾聴力」を身につけれることができれば、ビジネスもプライベートもスムーズに進むこと間違いありませんよ。

それじゃ、またね。

 

 

まんがでわかる7つの習慣
【書評】まんがでわかる 7つの習慣こんにちは、いちもくです。 ビジネス書や自己啓発書を読むことが多い人は、「7つの習慣」という本を一度は目にしたことがあるのではない...
非常識な成功法則
【書評】マンガでわかる 非常識な成功法則こんにちは、いちもくです。 誰しも1度は「人生で成功したい!」と考えたことがあるのではないでしょうか? 成功した人たちの言葉...
伝え方が9割
【書評】まんがでわかる 伝え方が9割こんにちは、いちもくです。 仕事やプライベートで、自分の意見がなかなか相手に伝わらないと感じたことはありませんか? もしかす...
マンガでやさしくわかる傾聴
【書評】マンガでやさしくわかる傾聴こんにちは、いちもくです。 話すことに比べれば、「聴く」ことの方が簡単だと思っていませんか? 相手の話をちゃんと聴いているつ...