本・映画・音楽

傾聴を学ぶのにおすすめの本7選|傾聴力を高めることで得られるメリットとは?

マンガでやさしくわかる傾聴

やあ、いちもくだよ。

ビジネスでもプライベートでも、人間関係を円滑にするにはコミュニケーション力が必要だよね。

コミュニケーションがうまくいかず、信頼関係が築けないと、相手と衝突してストレスを抱えることにもなりかねないんだ。

コミュニケーション能力が高い人というと、話し上手な人をイメージするかもしれないけれど、実は相手の話をしっかり聴くことの方が何倍も大事。

聞き上手になれば、自分から多くのことを話さなくてもスムーズにコミュニケーションが取れて、相手から信頼されやすいんだ。

相手の話を注意深く聴く「傾聴力」を身につければ、ビジネスもプライベートも円滑に進めることができるようになるよ。

僕がこれまでに読んだ本の中で、傾聴力を学ぶのにおすすめの本を紹介するね。

 

傾聴とは

listening

傾聴とは、相手の話す内容を否定することなく、深く丁寧に耳を傾けて「聴く」コミュニケーション技法のことだよ。

もともとは心理カウンセリングなどで用いられていたテクニックなんだけど、最近はビジネスや子育てのシーンで応用されることも増えてきたね。

こちらは一生懸命話しているのに、相手が真剣に聴いてくれなくてイライラした経験って、誰しも一度はあるんじゃないかな?

単に熱心に話を聴くだけではなく、表情や声のトーンなどにも注意を払い、相手に共感しつつ相手の気持ちに寄り添いながら聴くのが「傾聴」なんだ。

傾聴力を高めれば、相手の話をしっかり聞いて内容を理解できるだけでなく、相手からの信頼を得ることもできるよ。

相手の気持ちに寄り添いながら話を聴くだけで、自然と問題解決につながっていくことも多いんだ。

 

傾聴はこんな人におすすめ
  • 「あなたは人の話を聞かない」と言われたことのある人
  • 会話が続かず、人と話すのが苦手な人
  • 相手がなかなか本音を話してくれないと悩んでいる人
  • 部下や後輩をどう指導すれば良いか分からない人

 

傾聴を学ぶメリット

相手を深く理解できるようになる

カップル

傾聴の姿勢で相手の話を聞けば、相手の置かれている立場や状況を深く把握できるようになるんだ。

相手の状況が分かれば、相手の考えていることや感情も想像しやすいもの。

結果的に、相手のことを深く理解できるようになるよ。

僕は普段、営業の仕事をしているんだけど、以前は商談中に自社のサービスのことばかりを話していたんだ。

これだと成約率が低くて、仕方なく多くの件数を訪問しなければいけなかったんだよね。

でも、傾聴のスキルを活用し始めてからは、商談の成約率は8割以上と大幅に改善されたんだ。

相手の話をしっかりと聴き、本質的な考えを理解できるようになったことで、相手が本当に求めているものや困っていることを引き出せるようになったんだよね。

これができるようになれば、あとは求めているものを提供したり、困っていることの解決方法を提案するだけ。

自然な会話の流れの中で、次々と商談が決まっていくから営業の仕事がどんどん面白くなっていったんだ。

 

信頼関係を築ける

信頼

傾聴は、相手との信頼関係を構築するのにとっても役立つんだ。

特に傾聴を意識せずに会話していると、相手の話をなんとなく聞き流してしまったり、相手の意見に反論してしまうこともあるんじゃないかな。

そんなことが続くと、「これ以上この人に話をしても意味がないな」なんて思われてしまうかもしれないよ。

こんなことで、信頼関係なんて築けるわけがないね。

傾聴では、聞き手は話し手の気持ちに寄り添い、否定や疑問を挟まずに相手の話したいことに共感しようとするんだ。

このような姿勢で話を聴くと、話し手は

  • 話を遮らず、自分の話をきちんと聞いてくれる人だ
  • 自分の気持ちを分かってくれる人だ

というイメージを持ってくれるから、自然と心を開いてくれるようになるんだ。

傾聴を実践することで、相手との信頼関係が築きやすくなるよ。

 

話し手が自ら考えるようになる

カウンセリング

傾聴を行えるようになると、聞き手が特別なアドバイスをしなくても、話し手は自ら考えて気づきを得られるようになるんだ。

誰だっていろんな悩みや考えを持っているけれど、すべて言葉にできているとは限らないもの。

話し手が自分の考えを言語化し、それを口に出すことで、自分の本当の気持ちや意見に気付くことは多いんだ。

これを繰り返すことで、話し手は自らの気持ちや状況を考え始め、感情を整理することができるようになるよ。

だから傾聴は、子育てや部下の育成にも役立つ手法なんだ。

 

傾聴を学ぶのにおすすめの本

マンガでやさしくわかる傾聴

漫画で傾聴が学べる、おすすめの1冊。

主人公は、市役所に勤める二階堂いずみ。

新市長に就任した樹木大次郎の発案で、「耳かたむけ課」という新しい部署が開設されるところからストーリーは始まるんだ。

耳かたむけ課に配属されたいずみは、次々と訪れる市民たちの対応に悪戦苦闘する日々を送ることになるんだよね。

市民から寄せられる相談に対して、自分の価値観や市のルールを押し付けるいずみ。

当然、相談者からは不満の声が爆発するんだ。

そんなある日、大次郎市長にトラブルを救ってもらったのがきっかけで、いずみは「傾聴」を知ることになるよ。

思考錯誤しながら傾聴を実践していくことで、やがて市民や職場の人々、家族との関わりに変化が訪れはじめるんだ。

プロカウンセラーの聞く技術

タイトルには「技術」とあるけれど、技術というより聞くことの「心構え」や「姿勢」を学べる本だよ。

昔の主婦は、聞き上手だったんだね。

かつてはよく見かけた、主婦の井戸端会議にも暗黙のマナーがあったんだ。

相手の話や愚痴をなんでも聞いていいわけではなく、聞き手は話を掘り下げないで聞くのが、良好な関係を保つのに大切だったんだね。

真剣に話を聞くべきシーンと、話を深刻にしてはいけないシーンを見分けることはとっても大切。

聞く「心構え」ができていないと、自分が潰れてしまうからね。

プロカウンセラーが教えるはじめての傾聴術

初めて傾聴を学ぶという人におすすめの本。

傾聴の基本が、イラストやデータを使って分かりやすく解説されているんだ。

細かく丁寧に傾聴を分析しているから、読みやすいんだけど各所に大切なヒントが散りばめられているよ。

後半は実践編になっているから、日常生活でどう傾聴を行えばいいか理解しやすいんだ。

子ども・パートナーの心をひらく「聴く力」

子育て中のお父さん・お母さんにぜひ読んでもらいたい本。

著者の実体験も書かれてるから、読みやすくてつい引き込まれてしまう内容なんだ。

家庭で起きる問題のほとんどは、この本を読んで実践することで解決できるんじゃないかな。

ポイントは、事象ではなく感情にフォーカスすること。

相手の中に必ず答えがあると信じて聴くことができれば、子育ての悩みは一瞬にして解消する気がするよ。

「聞く力」こそが最強の武器である

元外交官のエグゼクティブコーチが教えてくれる、「聞く技術」。

話を聞く上で大事なのは、相手の状況を理解したり、相手の気持ちを理解することなのは当然だよね。

でもこの本では、「自分の心の声を聞く」ことも大切だと解説されているんだ。

まずは自分自身を理解しないと、相手のことを理解して信頼関係を築くことは難しいのかもしれないね。

単なる傾聴のテクニックだけでなく、自分自身の心の声を聞く大切さに気付かせてくれる本だよ。

「聴く力」 磨けば人生うまくいく!

読むとなんだか元気が出てくる本。

「聞く」「訊く」「聴く」の違いを解説した上で、「聴くこと」の大切さについてわかりやすく教えてくれているよ。

すぐに使える会話例もたくさん掲載されているから、とっても実践的。

聴くだけでなく、「聴いてもらう力」を育んでいくことも大切だと気付けるんだ。

傾聴術:ひとりで磨ける“聴く”技術

読み進めるに従って、どんどん優しい気持ちになれる不思議な本。

人の話の聴く際の、聴き手の在り方について分かりやすく解説されているんだ。

難しすぎず、易しすぎず、傾聴の入門書としてピッタリだよ。

ただし、内容をちゃんと実践するのは難しいかもしれないね。

何度も繰り返し読んで、少しずつ実践していく参考書としてピッタリの本だよ。

さいごに

コミュニケーション能力が高い人というと、話し上手な人をイメージするかもしれないけれど、実は相手の話をしっかり聴くことの方が何倍も大事なんだ。

聞き上手になれば、自分から多くのことを話さなくてもスムーズにコミュニケーションが取れて、相手から信頼されやすいんだよね。

相手の話を注意深く聴く「傾聴力」を身につければ、ビジネスもプライベートも円滑に進めることができるようになるよ。

じゃ、またね。

 

 

あわせて読みたい
7つの習慣
【書評】まんがでわかる 7つの習慣やあ、いちもくだよ。 僕は普段、商社で営業マネジメントの仕事をしているんだ。 営業チームには50人以上のメンバーがいるんだけ...
あわせて読みたい
非常識な成功法則
【書評】マンガでわかる 非常識な成功法則やあ、いちもくだよ。 書店に行けば、たくさんの成功ノウハウ本が並んでいるよね。 つまり、それほど「成功したい!」と思っている...
あわせて読みたい
伝え方が9割
【書評】まんがでわかる 伝え方が9割やあ、いちもくだよ。 僕は普段、商社で営業の仕事をしているんだ。 今はチームリーダーとして数十人の部下をマネジメントしている...
あわせて読みたい
マンガでやさしくわかる傾聴
【書評】マンガでやさしくわかる傾聴やあ、いちもくだよ。 僕は長年、商社で営業の仕事をしているんだ。 今はチームリーダーとして数十人の部下をマネジメントしている...