本・映画・音楽

【書評】マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く!

人は暗示で9割動く

こんにちは、いちもくです。

「暗示」と言うと、なんだか人を惑わして思い通りに操るような、怪しげなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?

今回紹介する『マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く』には、仕事ができる人がこっそり使っている「心理誘導のルール」が紹介されています。

本書を読めば、「暗示」というのは実は誰でもできるごく簡単な方法で、相手の警戒心を解いたり、信頼関係を築いたり、賛同を得ることができるテクニックだということが分かるはず。

会話の中でさりげなく「暗示」を使えば、

  • どんな人ともコミュニケーションがうまくいく
  • 分かってほしいことが一発で伝わる
  • ますます頼られる存在になる

といった効果が現れてきます。

  • 自分の言いたいことがなぜか相手に伝わらない
  • 周りから誤解されやすい
  • 周囲や部下を動かすのが苦手

と言う人が読めば、人間関係が円滑になり、毎日が充実すること間違いありません。

今回は、マンガでわかる!人は「暗示」で9割動くの魅力と、重要エッセンスを紹介していきます。

 

マンガでビジネス書を読むメリット

読書の習慣がない人にとって、難解なビジネス書を1冊読むのはけっこう大変なこと。

読むだけでも大変ですが、本の要点を理解して実践しようと思ったら、かなりハードルが高いのではないでしょうか。

読書が苦手な人にこそおすすめしたいのが、ビジネスコミックの活用です。

ビジネスコミックとは、難解なビジネス書をマンガでわかりやすく解説した本。

短い時間でサクサク読めるので、原著を読まなくてもポイントをつかむことができます。

原著を読む前にビジネスコミックでポイントを押さえておけば、原著を読んだときに内容を理解しやすくなります。

 

『マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く!』のあらすじ

主人公は、イベント企画会社で働く武本あかり26歳。

マンガでわかる!引用:マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く!

企画部のリーダーを任されていますが、メンバーとの意思疎通がうまくいかず、チームの雰囲気は良くありません。

あかりと同じ会社で働いている、営業推進部1課の相楽晃司は、社長賞を取るほど優秀なリーダー。

マンガでわかる!引用:マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く!

かつては人とのコミュニケーションが苦手でしたが、奮起して心理学を勉強。

心理学を仕事に生かすことで、リーダーとして成果を出せるようになりました。

晃司が仕事で結果を出している秘密は、「暗示コミュニケーション」にあったんです。

マンガでわかる!引用:マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く!

暗示コミュニケーションとは、いろんな意見を持つ人と衝突せず、良好な関係を築くためのちょっとした心理誘導のこと。

いわば、ポジティブなコミュニケーション術です。

自分のチームで皆ともっと楽しく仕事がしたいと願うあかりは、晃司に暗示コミュニケーションを教えて欲しいと懇願します。

そんな明かりが、2カ月間で暗示コミュニケーションを身に付け、チームを上手く回せるようになるまでの成長ストーリーが描かれています。

 

『マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く!』の魅力

人の心のつかみ方が分かる

マンガでわかる!引用:マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く!

暗示コミュニケーションを学べば、相手と良好な関係を築くための心理誘導方法を身に付けられます。

コミュニケーションを、

いかにして相手と上手に話をするか

ということだと勘違いしている人も多いのではないでしょうか。

でも、話し合うこと以外にも信頼関係を築く方法はたくさんあります。

本書で紹介されているのは、ノンバーバルメッセージの数々。

ノンバーバルとは、非言語という意味です。

マンガでわかる!引用:マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く!

肝心なのは、言葉を使わずに安心感を与えるということ。

たとえば、

  • おだやかな表情や声
  • 快活な笑顔
  • 和やかな速度の話し方や身振り手振り
  • あいての目を見てにこやかに

といった言葉以外の表現は、相手に安心感を与えます。

「初対面なのに、なぜか接しやすい」

そんな人たちは、ノンバーバルメッセージを使って「安心感」を与えるのが上手いんです。

人の心をつかむためには、ノンバーバルメッセージを意識する必要があります。

 

どうすれば、うまく意見を伝えられるか

マンガでわかる!引用:マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く!

自分より立場が上の人に、反対意見を言うのは勇気が必要です。

面と向かって反論すると、相手は自分を否定されたと感じて、不愉快になってしまいがち。

そんなときは、質問形式で自分の意見を伝えてみましょう。

質問形式だと、

「心から賛成はしていませんよ」

という気持ちをほのめかすことができます。

たとえば、

  • 「おっしゃることは理解できました。そうすると、この件は〇〇という理解でよろしいでしょうか?」
  • 「すばらしい企画ですね。ところで、人数は〇〇で十分でしょうか?」
  • 「それはいいですね!可能なら、スケジュールはもう少し余裕を持たせてもいいですか?」

といった感じ。

まずは相手をねぎらったり了承した上で、質問に自分の意見を混ぜ込むテクニックです。

マンガでわかる!引用:マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く!

この方法だと、反対していることを相手に気づかれにくいんです。

ポイントは、質問は少しだけにしておくということ。

さりげなく自分の意見を主張したいときに使える方法です。

 

自分に暗示をかければ、自信がついてくる

暗示コミュニケーションは、周囲の人との関係が良好になるだけではありません。

自分に暗示をかければ、少しずつ自信がついてきます。

自分自身に暗示をかけたいときに使えるテクニックが、夢を大きな字でのびのびと書く方法。

マンガでわかる!引用:マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く!

夢や願いごとは、紙に書くことで叶いやすくなります。

頭の中で考えているだけでなく、「書く」という積極的な行為をすることで、暗示の効果はグンと高まるんです。

だから夢や願いごとを書き出す際は、大きく堂々とした字で書くのがおすすめ。

小さな字でちょこちょこと書いてしまっては、暗示効果は働きません。

大きな字で書けば、なぜか気分まで大きくなってくるから不思議。

ちなみに、手帳に小さな字でびっしりと書き込む人がいますが、そんな人は不安や緊張が強いタイプだと言われています。

心に余裕のある人は、余白をたっぷりと残しながら、大きな字を書きます。

だから夢や願いごとを書く際は、自信を持って堂々と描くのがおすすめ。

紙からはみ出すほどの大きな字で書けば、「本当にうまくいきそうな気がする」と、自分を信じられるようになっていきます。

 

さいごに

「暗示」と言うと、なんだか人を惑わして思い通りに操るような、怪しげなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?

今回紹介した『マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く』には、仕事ができる人がこっそり使っている「心理誘導のルール」が紹介されています。

本書を読めば、「暗示」は実は誰でもできるごく簡単な方法で、相手の警戒心を解いたり、信頼関係を築いたり、賛同を得ることができるテクニックだということが分かるはず。

会話の中でさりげなく「暗示」を使えば、

  • どんな人ともコミュニケーションがうまくいく
  • 分かってほしいことが一発で伝わる
  • ますます頼られる存在になる

といった効果が現れてきます。

  • 自分の言いたいことがなぜか相手に伝わらない
  • 周りから誤解されやすい
  • 周囲や部下を動かすのが苦手

と言う人が読めば、人間関係が円滑になり、毎日が充実すること間違いありません。

それじゃ、またね。

 

 

教える技術
【書評】マンガでよくわかる 教える技術こんにちは、いちもくです。 後輩や部下を持っている人は、マネジメントの難しさを実感したことはありませんか? 「なんであい...
マンガでやさしくわかる傾聴
【書評】マンガでやさしくわかる傾聴こんにちは、いちもくです。 話すことに比べれば、「聴く」ことの方が簡単だと思っていませんか? 相手の話をちゃんと聴いているつ...
超一流のおもてなし
【書評】リッツ・カールトンで学んだ マンガでわかる超一流のおもてなしこんにちは、いちもくです。 リッツ・カールトンといえば、質の高いサービスやホスピタリティで有名なホテル。 でも、「質の高いサ...
99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ
【書評】まんがでわかる 99%の人がしていない たった1%の仕事のコツこんにちは、いちもくです。 やる気は人一倍あるけれど、仕事ではいつも空回りしてしまったり、上司とのコミュニケーションがうまくいかな...