JAPAN AVEの「JA996」は、本当に高音質のFMトランスミッターなのか、実際に買ってレビューしてみた

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は普段営業の仕事をしているんだけど、移動には車を使うことが多いんだ。

営業車にはカーナビとラジオは搭載されているんだけど、Bluetooth接続やAUX接続機能は付いていないんだよね。

僕は普段、Amazonのprime musicを使って音楽を聴くことが多いんだ。

Amazonのプライム会員だと、prime musicで100万曲以上の楽曲が聴き放題だから、車ではスマホのamazon musicアプリを使って、好きな曲を聴きながら移動しているよ。

車でオーディオで音楽を再生するために使っているのが、JAPAN AVEのFMトランスミッター「JA996」。

スマホなどと一度Bluetooth接続を確立させておけば、次回からは自動で接続されるから、すぐに音楽を再生できる便利なFMトランスミッターなんだ。

 

JA996 スペック

本体サイズ 80×30×120mm
重量 約90g
対応車種 12-24V(普通車、輸入車、トラック、マイクロバス等)
接続方式 Bluetooth4.2、AUX

 

使ってみて感じた、JA996の魅力

とにかくセットアップが簡単

引用:Amazon.co.jp

JA996は、セットアップがとっても簡単なFMトランスミッターなんだ。

箱を開封すると、本体と取扱説明書が入っているよ。

本体を取り出したら、クルマのシガーソケットに挿入。

Bluetooth接続する場合は、スマホのBluetooth接続をオンにして、JAから始まるデバイス名を選択するだけなんだ。

たったこれだけで、ペアリングは終了。

一度Bluetooth接続が設定できたら、2回目からは車のエンジンを始動しただけで自動的にBluetooth接続ができるんだ。

引用:Amazon.co.jp

JA996には、最大10代までBluetooth接続機器を記録しておくことができるから、家族や職場でクルマを共有する場合も便利だね。

 

音質が良くてノイズが少ない

引用:Amazon.co.jp

JA996を使い始めて驚いたのが、音質の良さ。

僕はこれまでに数種類のFMトランスミッターを使ってきたんだけど、このJA996が一番音質が良かったんだ。

Bluetooth接続でも充分高音質なんだけど、付属のAUXケーブルを使ってスマホや携帯音楽プレーヤーと接続すれば、更にキレイな音を楽しむことができるよ。

JA996が、Bluetooth4.2に対応していることや、高性能ATSチップが搭載されているのが、高音質な音楽を楽しめる理由だろうね。

ノイズもほとんど発生しないから、細かい音もクリアに聴こえて、サウンドの広がりを楽しめるんだ。

 

有線でも無線でも接続できる

引用:Amazon.co.jp

僕は普段iPhone Xs Maxを使っているから、JA996にはBluetoothで接続しているんだ。

iPodやウォークマンの場合、Bluetooth接続に対応していないものもあるから、そんなときは付属のAUXケーブルを使うことで音楽を再生することができるよ。

ほかにも、USBメモリに保存した音楽を再生できる「U-Disk」機能も搭載されているんだ。

引用:Amazon.co.jp

AUXやU-Diskを使えば、データ通信量を消費することが無いから、通信量を気にせず高音質な音楽を楽むことができるよ。

接続したいスマホや携帯音楽プレーヤーに合わせて、接続方法を選べるのがうれしいね。

 

急速給電USBポートが3つ搭載されている

引用:Amazon.co.jp

JA996の側面には、USBポートが3つ付いているんだ。

左から、2.1A、2.1A、0.5A(U-Disk対応)になっているよ。

最大4.2Aに対応しているから、スマホなどを3台同時に充電することができるんだ。

僕は普段、iPhoneを急速給電USBポートで充電しながら、音楽を再生するようにしているよ。

YouTubeなどを再生していると、バッテリーの減りが速いからね。

充電しながら音楽を再生しておけば、クルマを降りた後にバッテリー切れで困ることも無いから、とっても便利だよ。

 

ディスプレイが見やすい

引用:Amazon.co.jp

JA996のディスプレイには、大きな文字で周波数が表示されるんだ。

他のFMトランスミッターの場合、小さな文字で周波数が書かれていて、横のLEDランプが光るようになっているなど、周波数や動作状況が見づらい商品が多いんだ。

その点、JA996は暗い場所でも見やすい大きな文字で、ディスプレイがとっても見やすくなっているよ。

設定を変更したり、スキップ操作などもしやすいんだ。

 

4種類の音響エフェクト機能が選べる

本体ディスプレイ右側には、EQスイッチが搭載されているんだ。

スイッチを切り替えることで、

  1. ノーマル
  2. ポップ
  3. ジャズ
  4. ベース

の4種類のサウンドを切り替えることができるよ。

音楽に合わせて切り替えれば、より高音質なサウンドを楽しむことができるんだ。

僕は普段、ノーマルに合わせて使っているよ。

ジャズやベースになると、低音が強調されて、籠った音に聞こえてしまうんだよね。

 

使ってみて感じた、JA996の気になる点

音楽を再生する場合は、必ず手動

引用:Amazon.co.jp

スマホや携帯音楽プレーヤーを、一度JA996とBluetooth接続させておけば、2回目以降からはクルマのエンジンをかけたと同時にBluetooth接続が確立されるんだ。

だから面倒な操作は一切必要なく、簡単に音楽を再生させることができるよ。

注意したいのは、音楽を再生させたい場合は、スマホや携帯音楽プレーヤーを必ず手動で操作しなければならないということ。

Androido端末であれば、「スマートコネクト」アプリを使えば、「Bluetooth接続時には自動的に指定した音楽を再生させる」という設定ができるんだ。

それ以外の場合は、端末の再生ボタンを押さない限り、音楽は再生されないから注意が必要だよ。

 

ノイズが発生してしまう場合は、90.0MHzに近い周波数を選ぶ

JA996には、独自のノイズ軽減テクノロジーが使われているから、ノイズの少ないクリアなサウンドで音楽を再生できるんだ。

とは言っても、運転する場所や状況によっては、どうしてもノイズが発生してしまうことがあるんだよね。

そんなときは、設定周波数を9.0MHz近くに合わせるのがおすすめだよ。

JA996で設定できる周波数帯は、76.0MHzから90.0MHzまで。

周波数は0.1MHz単位で切り替えできるから、ノイズの少ない周波数を選択しやすくなっているよ。

僕はオフィス街や郊外を車で走ることが多いんだけど、ノイズが発生しにくいのは90.0MHzに近い周波数帯だったんだ。

だから普段は、90.0MHzに合わせて使っているよ。

 

ハンズフリー通話機能は使いにくい

JA996には、ハンズフリー通話機能が搭載されているんだ。

Bluetooth接続しているスマホに着信があったら、相手の声は車内のスピーカーから聞こえてくるんだよね。

クリアな音で聞こえるから、スマホを耳に当てて通話する必要が無いんだ。

でも、こちらの声は相手に届きにくいみたいなんだ。

JA996には、ハンズフリー用マイクが搭載されているんだけど、クルマのシガーソケットの位置が口元から遠いから、マイクが声をうまく拾ってくれないみたいなんだよね。

ハンズフリー通話を使う場合は、スマホに搭載されているマイクを使うのがいいかもしれないよ。

 

さいごに

JA996は、Bluetooth接続以外にもAUXやU-Diskなど、さまざまな接続方法で高音質な音楽を楽しめるFMトランスミッターなんだ。

急速充電USBポートも搭載されているから、スマホや携帯音楽プレーヤーを充電しながら音楽を再生できるのがうれしいね。

これまでいくつかのFMトランスミッターを使ってきたけれど、このJA996が一番使いやすくて高音質な音楽を再生できるFMトランスミッターだったよ。

じゃ、またね。

 

車載用FMトランスミッターのおすすめ6選|ノイズが少なく、高音質な音楽再生が可能なFMトランスミッターの選び方

2019年3月6日

車用サンバイザー収納ポケットのおすすめ7選|カードやサングラスを収納しておけば、快適なドライブを実現できる

2018年8月9日

車用ルームミラーのおすすめ4選|純正ミラーの3倍の視野を確保できる、車に合った商品の選び方

2018年8月6日

車内収納グッズのおすすめ7選|気持ちよく快適なドライブに欠かせない、快適な車内空間のつくりかた

2018年2月5日
 

スポンサードリンク