選び方

小学生用漢字ドリルのおすすめ6選|毎日継続できる問題集選びのポイントとは?

小学生向け漢字ドリル

こんにちは、いちもくです。

小学生向けの漢字ドリルが欲しいけれど、たくさんありすぎてどれがいいのか分からないことはありませんか?

そんな人におすすめなのは、

  • 漢字の書き方を覚えるためのドリル
  • 例文がたくさん用意されている練習用ドリル

の2種類を用意すること。

我が家には小学生の娘が2人い流のですが、次女は漢字が大の苦手だったんです。

漢字が苦手な次女のために、数種類の漢字ドリルを用意して一緒に勉強してみた結果、特徴の違う複数のドリルを組み合わせるのが一番だと気づきました。

今回は、漢字ドリルを選ぶポイントと、おすすめの漢字ドリルを紹介します。

 

漢字ドリルを選ぶポイント

新学習指導要領に対応したドリルを選ぶ

一番最初にチェックしたいのは、新学習指導要領に対応しているかどうか。

1年生から6年生までに習う漢字は、全部で1006文字あります。

文科省では、各学年ごとに習うべき漢字を定めています。

1年生 80字
2年生 160字
3年生 200字
4年生 200字
5年生 185字
6年生 181字

市販されている漢字ドリルの中には、小学校で習う漢字全てを網羅していないものもあります。

せっかく漢字ドリルで学習するのであれば、各学年で習う漢字を全て練習できるドリルがおすすめです。

 

書き順を学習できるドリルを選ぶ

漢字が苦手な子供ほど、書き順がデタラメになっている場合が多いようです。

書き順を理解していなければ、自然と字も汚くなってしまいがち。

漢字は書き順通りに書くことで、美しいとめ・はねができるようになっています。

漢字が苦手な子供は、授業で一度聞いただけでは正しいか基準を理解できてない可能性があります。

だからこそ、書き順をしっかり学べる漢字ドリルを選んでおく必要があります。

 

例文が充実しているドリルを選ぶ

漢字を繰り返しノートに書き写すだけでは、すぐに飽きてしまいます。

また、同じ漢字をひたすら書いていても、その漢字をどんなシーンで使ええるのか理解できません。

漢字の使い方や、漢字の意味を理解するためには、たくさんの例文に触れることが大切。

例文が充実しているドリルを選ぶことで、漢字の使い方が身についていきます。

 

基礎学習用と練習用の2つのドリルを選ぶ

漢字ドリルには、大きく分けて2つのタイプがあります。

1つは、漢字の書き方をしっかり理解するためのドリル。

そしてもう1つは、例文がたくさん用意された練習用ドリルです。

我が家の場合、娘は漢字が大の苦手でした。

だからまずは、漢字の書き方を学べるドリルを使って学習を始めたんです。

選んだのは、『うんこ漢字ドリル』。

 

正しい漢字の書き順が学べるドリルです。

例文が面白いので、遊び感覚で漢字を学習できていました。

次に、漢字の面白さや勉強の楽しさに目覚めてからは、反復練習ができる漢字練習用ドリルを用意しました。

例文や書き取りが豊富な『基本トレーニング 漢字』を使って、それぞれの漢字を使える場面学んでいったんです。

1冊のドリルで学習を完結させようとするのではなく、レベルに合わせて数冊のドリルを併用して学習するのがおすすめです。

 

1回10分程度で学習できる量のドリルを選ぶ

1回の学習量があまりにも多いと、すぐにやる気を失ってしまいがちです。

僕が選んだ漢字ドリルは、1回の学習時間が10分程度で終えられるもの

特に『うんこ漢字ドリル』は例文が面白いので、10分間の学習では物足りなく感じていたようです。

自然と、1回の学習時間はどんどん長くなっていきました。

短時間で終わらせることができるドリルは、子どものやる気を育むのにぴったりです。

 

おすすめの漢字ドリル

うんこ漢字ドリル


例文の全てに「うんこ」という言葉が含まれている漢字ドリル。

楽しく学習できるのが魅力の漢字ドリルです。

漢字が大の苦手だった僕の娘は、このうんこ漢字ドリルを始めてから、1回に学習するページがどんどん増えていきました。

ドリルで学習しているというよりも、クロスワードパズルで遊んでいるかのように、夢中になって学習しています。

 

下村式 となえて書く 漢字ドリル 新版 漢字練習ノート


漢字の成り立ちや意味、書き方について分かりやすく解説したドリル。

書くだけでなく、声に出すことで学習効果を高めることができます。

漢字の学習は、何度も書き取りするだけでは飽きてしまいがち。

でも、ドリルに従って声に出しながら漢字を書くことで、五感をフルに使った学習ができるようになります。

 

小学漢字1006の書き取りテスト


小学校で習う1006字の漢字が、全て網羅されているドリル。

学年別のテストが用意されているので、年度末に復習用として使うのにも最適です。

同音異義語や同訓異字の書き取り問題も多数用意されています。

漢字が得意な子供向けのドリルかもしれません。

 

陰山メソッド「徹底反復 漢字プリント」


小学校1年生から6年生までに習う漢字を、各学年別にまとめたプリント集です。

短い例文の中に、各学年で学ぶ漢字が全て含まれています。

プリントは1学年につき2枚。

繰り返し音読できる「全漢字音読プリント」と、全く同じ例文を書いて覚える「全漢字プリント」の2種類です。

コピーして何度も繰り返し学習するのにおすすめのドリルです。

 

調べて覚える1年の漢字辞典ドリル


漢字の筆順や画数、読み方、使い方を自分で調べるための学習ドリル。

調べた漢字は、用意された例文を繰り返し書くことで覚えます。

イラストが豊富で分かりやすいので、漢字が苦手な子供におすすめです。

 

小学 基本トレーニング 漢字


学年別ではなく、級別に漢字を学習できるドリル。

12級のドリルでは、小学1年生で習う漢字80字が学べます。

1日に1枚ずつ学習できるよう構成されており、30日で1冊のドリルを終わらせることができます。

漢字ごとに、たくさんの例文や書き取りが用意されています。

覚えた漢字をどのような場面で使えるのか、理解するのにぴったりのドリルです。

 

さいごに

漢字ドリルを使った学習は、1冊のドリルだけで完結させようとせず、複数のドリルを組み合わせるのがおすすめです。

漢字が苦手な子供の場合は、

  • 漢字の書き方を覚えるためのドリル
  • 例文がたくさん用意されている練習用ドリル

の2種類を用意するのがベスト。

まずは漢字の書き方を理解した上で、漢字の使い方を学んでいくのが効果的な学習方法ですよ。

それじゃ、またね。

 

 

あわせて読みたい
「教科書ぴったりトレーニング」と「教科書ワーク」の両方を自宅学習で使ってみて感じた、それぞれの違いとおすすめポイントやあ、いちもくだよ。 我が家には小学6年生と4年生の娘がいるんだけど、毎年自宅学習用に問題集を購入しているんだ。 小6の長女...
あわせて読みたい
娘の中学受験に備えるため、「塾」「家庭教師」「オンライン学習」のメリットとデメリットを比較してみたやあ、いちもくだよ。 我が家には小6と小4の娘がいるんだけど、小6の長女は私立中学を受験する準備を進めているんだ。 私立中学...
あわせて読みたい
小中学生におすすめの地球儀
小中学生におすすめの地球儀9選|頭のいい子は、3年に1回買い替えている?こんにちは、いちもくです。 学習用としてはもちろん、自宅のインテリアとしても使える地球儀。 実際の国の大きさをイメージしやす...
あわせて読みたい
折りたたみ式パソコンデスクのおすすめ8選|在宅ワークに最適な商品の選び方やあ、いちもくだよ。 僕は普段、ノートパソコンを使って作業することが多いんだ。 長時間同じ場所で作業をしていると飽きてくるか...