本・映画・音楽

【書評】ネットで「効く」コピー|読み飛ばされない記事を書くための3つのコツとは?

ネットで効くコピー

やあ、いちもくだよ。

ネットニュースやブログ記事って、気になる部分をササッと読み流すだけの人も多いんじゃないかな?

ネットの文章は、印刷された文章よりもきちんと読まれないんだ。

だからブログでどんなに一生懸命記事を書いたとしても、読まれるのは最初の数行だけなんてことも多いんだよね。

じゃあ、どうすれば記事を読んでもらえるのか。

そのためのテクニックが紹介されているのが、この本『ネットで「効く」コピー』なんだ。

  • 商品ではなく価値を語る
  • 相手のことを思い浮かべる
  • 最初の言葉に集中する

という3つのコツを押さえておけば、相手の行動を促せる文章が書けるようになるよ。

 

ネットで「効く」コピーとは?

ネットで「効く」コピーは、ネットでのコピーライティングをテーマにした本なんだ。

読み飛ばされることの多いネット記事を、どうすれば読んでもらい、行動に促すことができるのか。

そのためのテクニックが書かれているよ。

具体的なテクニックは、ネットの記事だけでなく、小説や報告書など、あらゆる文章の構成にも応用できるんだ。

内容は初心者向けだから、

  • これからブログを始める人
  • アフィリエイトに挑戦してみたい人
  • 伝える文章を書きたい人

におすすめの内容になっているよ。

 

ネットと本の違い

book

本書の中で、ネットと本の読み方の違いが書かれているんだ。

本を読むのはZ型で、ネットを読むのはF型。

横書きの本の場合、文章を丁寧に「Z型」に読み進める人が多いんだ。

でも、ネットの記事の場合は「F型」。

見出しは読むけれど、本文は読まずに次の中見出しに注意が移ってしまう

ネットの記事は、こんな読まれ方をされることが多いんだ。

 

ネットでは「読まれない」が当たり前

internet

ネットの記事は、一言一句きちんと読んでもらえる可能性がとても低いんだ。

だから「読まれないこと」が前提に書かれている記事も多いんだよね。

それでも記事を書かなければならない場合、どうすればいいのか。

本書『ネットで「効く」コピー』では、

マイナス三重苦から考える

ことを薦めているよ。

マイナス三重苦とは、文章を書くときに、誰もあなたの文章なんか

  • 興味ない
  • 知らない
  • 読みたくない

という状態から考えなくてはならないということ。

初心者ブロガーやアフィリエイターが勘違いしがちなのは、あなたの日常や考えていることに興味を持った人が、あなたの書いた記事を読みに来たわけではないということなんだ。

検索からあなたの記事にたどり着いた人たちは、今この瞬間に抱えている自分の悩みや疑問を解決したいだけ。

そのヒントを探すために、あなたの書いた記事を読んでいるんだ。

読者は記事を読みたくて読んでいるわけではない

まずはこの本質に気づくことが大切だよ。

 

ネットで「効く」コピーから学んだ、ライティングの3つの基本

商品ではなく価値を語る

startup

このイヤホンはBluetooth4.0に対応していて、重さはわずか〇〇グラム。人間工学に基づいたデザインだから、耳が痛くならずクリアな音質で・・・

なんて商品のスペックばかりを解説した記事は多いよね。

でも、こんなことはメーカー公式サイトを見ればもっと詳しく書かれているんだ。

商品の特徴や仕様を語るのではなく、商品の価値を語らないと、誰も興味なんか持ってくれないよ。

このイヤホンを使うことで

  • 何ができるようになるのか
  • どのような素晴らしい体験が得られるのか
  • 本当に買って損をしないのか

など、記事に書かれた情報を読んだ結果、得られる価値を伝える必要があるんだ。

 

相手のことを思い浮かべる

faces

誰に対して記事を書いているのかあいまいだと、内容が相手に伝わらないんだ。

記事を書いていても、気持ちの入った言葉が出てこないからね。

どうすれば伝わる文章が書けるのか。

それは、具体的に相手のことを思い浮かべるのがおすすめだよ。

僕が普段心掛けているのは、過去の自分に対して記事を書くということ。

ある商品やサービスにお金を支払うかどうか迷っていた自分に対して

  • どんなアドバイスをおくるか
  • 選び方を示してあげる
  • 不安な気持ちに寄り添ってみる

など、まずは相手のことを考えることが大切。

これだけで、読者の感情に訴えかける文章が書けるようになるんだ。

 

最初の言葉に集中する

title

記事が読まれるかどうかは、最初の言葉にかかってくるんだ。

情報キュレーションメディアでは、特にその傾向が強いんだよね。

思わずクリックしたくなるような、刺激的な記事のタイトルが並んでいるよね。

こうした記事を参考に、「逆ピラミッド型」で書くのが、読まれる記事を書くコツなんだ。

  1. 最初に結論を書く
  2. 結論を実行するための特徴を書く
  3. 特徴を支える品質や具体例を説明する

という構造が、ネットで読まれる記事。

最初の言葉に集中して、逆ピラミッド型の記事構造を組み立てられたら、読まれる記事になるんだ。

 

さいごに

ネットの文章は、印刷された文章よりもきちんと読まれないんだ。

だからブログでどんなに一生懸命記事を書いたとしても、読まれるのは最初の数行だけなんてことも多いんだよね。

どうすれば記事を読んでもらえるのか。

そのためのテクニックが書かれているのが、この本『ネットで「効く」コピー』なんだ。

今回紹介した

  • 商品ではなく価値を語る
  • 相手のことを思い浮かべる
  • 最初の言葉に集中する

という3つのコツ以外にも、本の中には使えるヒントがたくさん紹介されているよ。

ネットの記事だけでなく、小説や報告書など、あらゆる文章の構成にも応用できるおすすめの本なんだ。

じゃ、またね。

 

 

あわせて読みたい
youtube
【聞き流すのに最適】社会人は絶対チェックしておきたい、ビジネス系YouTuber・YouTubeチャンネルのおすすめ9選やあ、いちもくだよ。 僕は商社で営業の仕事をしているんだけど、毎日の通勤中、YouTubeを聞き流していることが多いんだ。 ...
あわせて読みたい
沈黙のWEBライティング
Webライティングで大切にすべきことは「SEO」なんかではなく、「エモーショナルライティング」なんじゃないかなやあ、いちもくだよ。 僕は18年間ほぼ毎日、3つのブログでそれぞれ記事を更新し続けているんだ。 記事を書く際に参考にしている...
あわせて読みたい
人を操る禁断の文章術
読んだ人を行動に駆り立てる文章を書きたければ、「人を操る禁断の文章術」を読んで実践するだけでOK!やあ、いちもくだよ。 僕は商社で営業の仕事をしているんだけど、仕事では企画書を書いたり、セールスレターを書く機会が多いんだ。 ...
あわせて読みたい
伝える力
話が伝わらないのは、伝えたいことをあなたが本当に理解していないからなんじゃないの?やあ、いちもくだよ。 僕は営業の仕事をしているんだけど、いろんな人と会う中で常々感じるのは、伝えることの難しさ。 直接会って...