本・映画・音楽

【書評】マンガでよくわかる 教える技術2 チームリーダー編

教える技術

こんにちは、いちもくです。

はじめて部下を持つことになったチームリーダーは、これからどのようにチームをマネジメントしようかと悩む人も多いはず。

チームを活性化し成果を上げるために、リーダーは部下とどう向き合い、部下に対してどのような働きかけをすればいいのでしょうか?

そのヒントを学べる本が、「マンガでよくわかる 教える技術2 チームリーダー編」です。

主人公は、国内外に支店を持つカジュアル衣料品店「ナチュレル」の本社・マーチャンダイジング部門で課長をつとめる和彩。

エリアマネージャーとしての実績を買われ、現在の役職に抜擢されましたが、メンバーとの関係がぎくしゃくしており、チームとしての成果が上がっていません。

そんな状況の中で出会ったのが「教える技術」。

果たした和彩は、メンバーとの間にあった見えない壁を取り払うことができるのでしょうか。

今回は、そんな「マンガでよくわかる 教える技術2 チームリーダー編」の魅力と重要エッセンスについて、詳しく解説していきます。

 

マンガでビジネス書を読むメリット

読書の習慣がない人にとって、難解なビジネス書を1冊読むのはけっこう大変なこと。

読むだけでも大変ですが、本の要点を理解して実践しようと思ったら、かなりハードルが高いのではないでしょうか。

読書が苦手な人にこそおすすめしたいのが、ビジネスコミックの活用です。

ビジネスコミックとは、難解なビジネス書をマンガでわかりやすく解説した本。

短い時間でサクサク読めるので、原著を読まなくてもポイントをつかむことができます。

原著を読む前にビジネスコミックでポイントを押さえておけば、原著を読んだときに内容を理解しやすくなります。

 

マンガでよくわかる 教える技術2 チームリーダー編のあらすじ

主人公は、国内外に支店を持つカジュアル衣料品店「ナチュレル」の本社・マーチャダイジング部門で、課長をつとめる糸数和彩(いとかず かずさ)。

教える技術2引用:Amazon.co.jp

エリアマネージャーとしての実績を買われ、現在の役職に抜擢されました。

しかしチームメンバーとの関係はぎくしゃくしており、チームとしての成績も全然上がっていません。

そんな時、バーで偶然出会ったのが、行動科学マネジメントの専門家・近藤悠人(こんどう ゆうと)。

教える技術2引用:Amazon.co.jp

和彩は悠人に、リーダーとしてチームをまとめ、成果を出していく方法が分からないと相談します。

教える技術2引用:Amazon.co.jp

悠人の答えは、「大切なのは、部下からの信頼です」という一言。

教える技術2引用:Amazon.co.jp

どうすれば、部下からの信頼が得られるのでしょうか。

そして、どうすれば成果の上がるチームをつくることができるのでしょうか。

悠人のアドバイスを素直に実践することで、和彩とメンバーの間に変化が現れます。

お互いの間にあった見えない壁のようなものが少しずつ消え、やがて部署内に活気が出始めます。

果たして、悠人のアドバイスとはどのようなものだったのでしょうか。

そして和彩は、具体的にどのようなことを実践したのでしょうか。

本書では、漫画のストーリーを通して「教える技術」をわかりやすく学べる内容となっています。

 

マンガでよくわかる 教える技術2 チームリーダー編の魅力

「行動」にフォーカスすれば、マネジメントはうまくいく

間違ったチームマネジメントとしてありがちなのが、リーダーが「結果」に注目してしまうということ。

教える技術2引用:Amazon.co.jp

果たして、これのどこが間違っているのでしょうか?

その答えは、物事の「結果」はすべて「行動」の積み重ねによって成り立っているということに、リーダーが気づいていないところにあります。

たとえば、鶏のから揚げをつくる場合、

フライドチキン
  • 鶏肉を用意する
  • 下味をつける
  • 衣をつける
  • 揚げる

といった工程が必要です。

それぞれの工程が違えば、出来上がりの味や見た目も違ってきます。

たとえば、鶏もも肉を使うか胸肉を使うか、それとも骨付き肉を使うかどうかで、食感や見た目は全く違うもの。

これは、ビジネスでも同じことです。

「結果」を変えたければ、「行動」を変える必要があるんです。

ビジネスで売り上げを伸ばしたければ、売り上げという「結果」につながるための「行動」とは何かを考え、それを全員に実行させることが必要。

リーダーがやるべきことは、実はシンプルなんです。

着目するのは、あくまでも「行動」。

教える技術2引用:Amazon.co.jp

メンバーの性格や価値観について頭を悩ませることなんて、全く必要ないんです。

 

メンバーを評価する際も、「行動」のみにフォーカスする

教える技術2引用:Amazon.co.jp

「行動」を軸にすれば、誰でも

  • ほめ上手
  • 会話上手

になれます。

そうは言っても、

「部下をもっと褒めましょう」

なんて言葉を額面通りに受け取ってしまい、間違ったほめ方をしているリーダーは意外と多いもの。

たとえば、

  • おっ、今日のファッションは素敵だね
  • 髪型変えたの?似合ってるね

なんて、やたらと外見ばかりを褒めるのは、ビジネスの現場ではさほど必要ではありません。

認めたり、褒めたりする対象は、あくまでも「行動」である必要があります。

チームのメンバーが成果を上げるための行動を取ったときに、リーダーはその行動をしっかり評価すべきです。

ほかにも、普段から整理整頓を心がけているとか、元気のいい挨拶をしているといった「良い行動」を取るメンバーを見かけたら、その場で認めたりほめたりすることも大切。

仕事に関わる行動を褒められることで、仕事への意欲も高まります。

メンバーを評価する際は、「行動」にフォーカスすることが大切です。

 

チームの力を底上げするヒントが学べる

教える技術2引用:Amazon.co.jp

「なんでメンバーは全然言う通りに動いてくれないんだろう」

「ああ、なんて部下に恵まれていないんだろう」

なんて思ったことはありませんか?

リーダーに必要なのは、「どうやって今のメンバーと一緒に業績を改善していくか」という戦略を立てること。

ないものねだりをしていても、現状が改善されることはありません。

だからまずは「今のチームがすべてなんだ」と、覚悟を決めることが必要です。

チームの力を底上げしようと思ったら、知っておきたいのが2:6:2の法則。

これは、どんな組織でも優秀な2割と平凡な6割と問題がある2割が存在するという法則です。

「2割8割の法則」「ニハチの法則」と呼ばれることもあります。

だからチームの総力を高めるために、リーダーであるあなたが注力すべきなのは、上位2割ではなく残りの8割。

教える技術2引用:Amazon.co.jp

常に90点の結果を出せる上位2割に、100点の結果を出させる完璧さを求めるのは非効率です。

それよりも、50点の仕事しかできていない8割のメンバーに、60点の結果を出すための仕事の方法をアドバイスする方が、総得点数は高くなります。

チームの力を底上げするために必要なのは、チームの平均点をあげること。

仕事の「結果」ではなく「行動」に着目し、リーダーがメンバーの行動に働きかけることで、チーム全体の業績アップや成長を促すことができます。

 

さいごに

はじめて部下を持つことになったチームリーダーは、これからどのようにチームをマネジメントしようかと悩む人も多いはず。

チームを活性化し成果を上げるために、リーダーは部下とどう向き合い、部下に対してどのような働きかけをすればいいのでしょうか?

そのヒントを学べる本が、「マンガでよくわかる 教える技術2 チームリーダー編」です。

  • 初めてチームリーダーを任された人
  • チームを任されているけれど、どうやったら結果を出せるのか分からない人
  • チームのメンバーが何を考えているのか分からない人

におすすめの本ですよ。

それじゃ、またね。

 

 

まんがでわかるライフシフト
【書評】まんがでわかるLIFE SHIFT~100年時代の人生戦略~こんにちは、いちもくです。 2016年に発売され、世界的なベストセラーになった『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時...
世界のエリートはなぜこの基本を大事にするのか
【書評】コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?こんにちは、いちもくです。 ゴールドマン・サックス マッキンゼー・アンド・カンパニー ハーバード・ビジネス・スクー...
営業の見える化
【書評】まんがでできる 営業の見える化こんにちは、いちもくです。 営業マネジメントをしていると、 個々の営業マンが毎日何をしているのか見えない 優秀な営...
超高速PDCA
【書評】マンガでわかる! 孫正義式 超高速PDCAこんにちは、いちもくです。 ビジネスパーソンであれば、PDCAという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? PD...