本・映画・音楽

【書評】コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

やあ、いちもくだよ。

僕は長年、営業の仕事をしているんだ。

今はチームリーダーとして数十人の部下をマネジメントしているけれど、毎年入社してくる新社会人向けに、仕事の基本を教える機会も多いんだよね。

分かりやすく、かつポイントを押さえて仕事のコツを教えるために参考にしているのが『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にしているのか』。

20万部を超えるベストセラーのビジネス書で、ゴールドマン・サックスやマッキンゼーのグローバルエリートが実践する仕事術を紹介した本なんだ。

「世界のエリート」と言われると、

  • 頭脳明晰
  • いつも自信にあふれている
  • 行動力がある
  • 凡人には真似できない、特別なスキルや秘訣を持っている

なんて人物をイメージする人も多いんじゃないかな?

でも、実際の彼らの仕事の仕方はいたってシンプル。

世界のエリートに共通しているのは、「基本に徹する」ということなんだ。

そんな「世界のエリート」たちが大切にしている仕事の基本を、分かりやすくまとめたのが『コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』。

マンガだからとっても読みやすく、ストーリーに沿って「基本」を学ぶことができるよ。

 

マンガでビジネス書を読むメリット

読書の習慣がない人にとって、難解なビジネス書を1冊読むのは結構大変なこと。

読むだけでも大変なのに、本の要点をつかんで実践するとなると、かなりハードルが高いよね。

そんな読書が苦手な人にぜひおすすめしたいのが、ビジネスコミックを活用すること。

ビジネスコミックとは、難解なビジネス書をマンガでわかりやすく解説した本なんだ。

短い時間でサクサク読めるから、原著を読まなくてもポイントをつかむことができるよ。

原著を読む前にビジネスコミックでポイントを押さえておけば、原著を読んだときに内容をカンタンに理解することができるんだ。

 

『コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? 』あらすじ

主人公は、中堅家電メーカー「サンビッグ」で若手社員・瀬名みらい。

世界のエリート引用:コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

海外勤務を夢見る、マジメで粘り強い新人女性営業社員なんだ。

でも、意気込みとは裏腹に、仕事は空回りばかり。

世界のエリート引用:コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

サンビックは、かなりの製品を米国に輸出しているんだけど、米国の輸入規制が始まったことで会社は経営危機に。

そんな輸入規制を予測していたサンビックの上層部は、世界最強のコンサルティング会社「ウィンディア」から経営コンサルタントを招くことにしたんだ。

世界のエリート引用:コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

派遣されてきた経営コンサルタントは、日本人でありながら世界最強の投資銀行「シルバー・フォックス」に入社して、働きながらハーバード大学院に留学しMBAを取得した後、コンサルティング・ファーム「ウィンディア」に転職したというバリバリのエリート・三条 英人(さんじょう ひでと)。

世界のエリート引用:コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

三条がサンビックの社員に最初に伝えたのは、世界のエリートたちが持っている共通点。

それは、「基本に徹する」ということだったんだ。

世界のエリート引用:コミック版 世界のエリートはなぜ「この基本」を大事にするのか?

三条との出会いを通じて、みらいは世界のエリートが大切にしている48の基本を習得していくというストーリーだよ。

 

『コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? 』の魅力

4つの基本と、48の具体的行動を学べる

世界のエリート引用:コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

『コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? 』で紹介されている「基本」は、全部で48あるんだ。

48の基本は、大きく4つに分類できるよ。

それは、

  • 人とのつながりを大事にする
  • 自分磨きを一生継続する
  • 日々の成果出しに強くこだわる
  • 世界的な視野を常に意識する

という4つ。

すべて大切な基本なんだけど、僕が特に重要だと感じたのが「人とのつながりを大事にする」ということ。

アップルの創業者・スティーブ・ジョブズのスピーチに

先を見越して点をつなぐことはできない。

振り返ってみて、はじめて点をつなぐことができる。

だから将来何らかの形で点がつながると信じることだ。

という、有名なフレーズがあるんだ。

ふと過去を振り返ってみると、点と点がつながることって意外とあるんだよね。

そのためには、日ごろから分け隔てなく、幅広い人間関係を構築することを意識することが大切。

  • 利害関係を気にせず、
  • 利害を超えて他人との時間を共有し、
  • 利害関係を超えた「つながり」を信じること

そうすれば、結果として人間関係は発展していくのかもしれないね。

 

書いてあることは基本的なことばかり、でも実践は難しい

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?引用:コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

本書で紹介されている48の具体的行動は、どれも基本的なものばかり。

たとえば、

  • 始業1時間前から「準備」をする
  • 1週間が始まる前にオフからオンに切り替える
  • 仕事を分類して「優先順位」をつける
  • どんな理由があろうと10分前には現地到着

など。

書いてあることは基本的で当たり前のことばかりなんだけど、意外と実践できていない人は多いんじゃないかな。

特に印象的だった「基本」の1つに、

読んだら3倍考える

というものがあったんだ。

これは、読み切るのに1時間かかる本を読む際は、その3倍の3時間読みながら考えるということ。

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?引用:コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

つまり、その本を読み終えるまでに4時間かけるべきだという「基本」なんだ。

  • 本の内容について熟考し、章ごとに各章の要旨を書き出してみる。
  • そして、各章の要旨を分類して論理構成を整理し、そこから主要メッセージを引き出す。

このプロセスを意識的にやることで、読書の質は驚くほどレベルアップするだろうね。

 

実践すれば、上司との関係が良好になる

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?引用:コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

48の具体的行動の中で、絶対に実践してもらいたいのが「上司との関係を良好にするための行動」。

仕事を引き受ける際に大切になるのが、その場で指示者と仕事の完成イメージを共有することなんだ。

そのためには、まず5W1H

  • 誰に
  • 何を
  • いつ
  • どこで
  • どんな理由で
  • どのようにして

を明確に確認すること。

イメージを共有することで、お互いの時間を効率的に使えるようになるからね。

もう1つ大切になるのが、「ホウレンソウ」。

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?引用:コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

基本は、「上司に聞かれる前にする」ということなんだ。

上司に聞かれてから報告するようでは、遅いんだよね。

自ら先に報告することで、ポイントを整理して論理立てて伝えることができるんだ。

ホウレンソウにおすすめのタイミングは、朝。

その理由は、本書に詳しく書かれているよ。

 

さいごに

「世界のエリート」と言われると、

  • 頭脳明晰
  • いつも自信にあふれている
  • 行動力がある
  • 凡人には真似できない、特別なスキルや秘訣を持っている

なんて人物をイメージする人も多いんじゃないかな?

でも、実際の彼らの仕事の仕方はいたってシンプル。

世界のエリートに共通しているのは、「基本に徹する」ということなんだ。

そんな「世界のエリート」たちが大切にしている仕事の基本を、分かりやすくまとめたのが『コミック版 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』。

マンガだからとっても読みやすく、ストーリーに沿って「基本」を学ぶことができるよ。

じゃ、またね。

 

 

あわせて読みたい
【書評】マンガで読み解く 人を動かすやあ、いちもくだよ。 僕は普段、商社で営業の仕事をしているんだ。 今はチームリーダーとして数十人の部下をマネジメントしている...
あわせて読みたい
仕事が速い人
【書評】マンガでわかる 「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣やあ、いちもくだよ。 僕は普段、商社で営業の仕事をしているんだ。 今はチームリーダーとして数十人の部下をマネジメントしている...
あわせて読みたい
マンガでわかる!
【書評】マンガでわかる!人は「暗示」で9割動く!やあ、いちもくだよ。 僕は普段、商社で営業の仕事をしているんだ。 今はチームリーダーとして数十人の部下をマネジメントしている...
あわせて読みたい
教える技術
【書評】マンガでよくわかる 教える技術やあ、いちもくだよ。 僕は長年、商社で営業の仕事をしているんだ。 今はチームリーダーとして数十人の部下をマネジメントしている...