小学生向け図鑑のおすすめはコレ!|4種の図鑑セットを徹底比較して分かった、各シリーズの魅力

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

我が家には小学生の娘が2人いるんだけど、最近娘のために図鑑セットを買い直したんだ。

これまで自宅にあったのは、幼児向けの図鑑だったんだよね。

幼児期は、自分が興味のある図鑑を手に取って、同じ個所を何度も読み返すことが多かったんだけど、小学生になると、普段の学習で図鑑を利用することが増えてきたんだ。

だから僕は、小学生向けの4つの図鑑シリーズを比較した上で、娘が使いやすい図鑑セットを購入したんだ。

図鑑は出版社やシリーズによって、使いやすさや見やすさが全然違っていると思うよ。

 

小学生向けの図鑑 徹底比較

出版社

いくつかの出版社から、小学生向けの図鑑シリーズが発行されているんだ。

今回僕が購入を検討したのは、次の4つのシリーズだよ。

小学館の図鑑NEO 小学館
学研の図鑑LIVE 学研
講談社の動く図鑑MOVE 講談社
ポプラディア大図鑑WONDA ポプラ社

 

実際に読んで比較してみたところ、4つのシリーズは読みやすさや使いやすさに特徴があったんだ。

 

セット巻数の比較

それぞれのシリーズは、動物や植物など、ジャンル別に1冊の本に情報がまとめられているんだ。

小学館の図鑑NEO 23巻
学研の図鑑LIVE 16巻
講談社の動く図鑑MOVE 18巻
ポプラディア大図鑑WONDA 16巻

 

巻数が一番多いのは、小学館の図鑑NEO

「動物」「昆虫」「花」「岩石・鉱物」「乗りもの」といった定番の図鑑以外にも、「危険生物」「きのこ」「カブトムシ・クワガタムシ」といった、子どもの興味に合わせた図鑑も用意されているんだ。

 

価格比較

図鑑は1冊ずつ買い増していくのもいいんだけど、セットで購入すことを断然オススメするよ。

まとめて揃えた方が、「興味を持ったことをすぐに調べる」のに効果的なんだよね。

小学館の図鑑NEO 2,000円(税別)
学研の図鑑LIVE 2,200円(税別)
講談社の動く図鑑MOVE 1,600円~2,000円(税別)
ポプラディア大図鑑WONDA 2,000円(税別)

 

どのシリーズも、1冊あたり2000円程度。

講談社の動く図鑑MOVEだけは、本によって定価が1600円から2000円と違っているんだ。

どのシリーズを全巻揃えたとしても、5万円でおつりが来ることになるね。

 

写真やイラスト比較

小学生向けの図鑑の魅力は、何と言っても写真やイラストだと思うんだ。

詳しい解説も大切だけど、迫力ある写真やリアルなイラストがあれば、子どもは図鑑に興味を持つと思うよ。

小学館の図鑑NEO 世界標準の最新分類を写真やイラストで解説

写真やイラストは多め

学研の図鑑LIVE 実物大写真や超拡大写真など、リアルさを追求
講談社の動く図鑑MOVE 子どもが驚いたり感動するような、迫力ある写真・イラストが多い
ポプラディア大図鑑WONDA きれいにまとまって見やすい写真・イラスト

 

写真のインパクトのある図鑑は、何といっても『講談社の動く図鑑MOVIE』


迫力ある写真が特徴のシリーズだよ。

 

動画比較

それぞれの図鑑は、DVD特典が付属していたり、使い方をインターネットで動画を使って解説したものがあるんだ。

小学館の図鑑NEO ドラえもんと一緒に、生き物の不思議な姿や生態をDVDで楽しめる。
学研の図鑑LIVE 英国放送協会BBCが制作したDVDが付属。
講談社の動く図鑑MOVE NHKが制作したDVDが付属
ポプラディア大図鑑WONDA YouTube動画で、図鑑の使い方を解説

 

『学研の図鑑LIVE』には、英国放送協会BBCが制作した映像が、DVD特典として付属しているよ。


大人でも楽しめるような、充実した内容なんだ。

『講談社の動く図鑑MOVE』に付いているDVDは、NHKが制作したもの


こちらの方が、BBC制作の映像よりも、子供向けかもしれないね。

 

各シリーズの魅力

小学館の図鑑NEO

学習図鑑でNo.1の発行部数を誇る、『小学館の図鑑NEO』。

項目の分類には、世界標準の最新分類が用いられているから、調べやすく分かりやすいのが魅力の図鑑なんだ。

写真やイラストが多くて、解説が詳しいのが特徴だね。

それぞれの解説文は、研究者が執筆しているものが殆どだから、情報が正確なのも安心できるね。

ページを見開きにすると、他の図鑑シリーズに比べて情報量が多めだと感じるんだ。

ページの隅やアイコンがふんだんに使われていて、細かい情報がたくさん盛り込まれているよ。

 

こんな人におすすめ

★3歳から小学校高学年まで

★信頼できる専門家が編纂した、正確な情報を求める人

 

学研の図鑑LIVE


『小学館の図鑑NEO』に比べると、見開きページはシンプルな構成になっているよ。

余計な情報が入らない誌面構成だから、知りたいことをちゃんと学べるのが魅力だね。

印象的なのは、実物大写真や超拡大写真が多く、リアルさを追求しているところ。

スマホに無料アプリをインストールすれば、恐竜や動物の3DCG映像を観ることもできるんだ。

英国放送協会BBCが制作したDVDがついてくるから、大人も楽しめる図鑑だよ。

 

こんな人におすすめ

★動物や恐竜など、生き物のリアルな生態に興味ある人

★調べたいことを、写真やイラストで理解したい人

 

講談社の動く図鑑MOVE


子どもが驚いたり感動するような、迫力ある写真とイラストが魅力的な図鑑だよ。

NHKが制作したDVDが付属しているから、映像で図鑑の内容を理解したい人にもぴったりだね。

 

こんな人におすすめ

★調べたいことを、写真やイラストで理解したい人

 

ポプラディア大図鑑WONDA


学校の図書館で採用されている図鑑No.1のシリーズ。

解説が分かりやすく、写真やイラストも知りたい情報を理解するのに必要十分な、シンプルで使いやすい図鑑だね。

他の図鑑に比べて、自分が調べたい内容に簡単にたどりつくことができるから、気軽に手に取ることができるんだ。

他の4つのシリーズに比べて、掲載種類数は最多だよ。

 

こんな人におすすめ

★知りたいことを簡単に調べられる図鑑が欲しい人

★調べる喜びを楽しみたい人

 

さいごに

4つの図鑑シリーズを比較して、僕が娘に購入したのは『小学館の図鑑NEO』。

 

『学研の図鑑LIVE』や『講談社の動く図鑑MOVE』の特典DVDも魅力的だったんだけど、純粋に図鑑として詳しい情報が掲載されているシリーズが、僕の娘にはぴったりだと思ったんだ。

今回は、幼児向け図鑑からの買い替えだったから、情報量が豊富なシリーズを選んだんだけど、幼児期から小学校高学年まで買い替えないで済む図鑑を選ぶとすると『ポプラディア大図鑑WONDA』を選んだと思うんだ。

調べやすくて、長く使える内容だからね。

早速、購入した『小学館の図鑑NEO』を眺めているんだけど、情報がきれいに分類されていて、写真や解説が分かりやすいんだ。

小学生向けの図鑑シリーズを買いそろえるのであれば、『小学館の図鑑NEO』はおすすめだよ。

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です