漫画「世界の歴史」セットのおすすめはコレ!|3種の歴史漫画セットを徹底比較して分かった、各シリーズの魅力

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

我が家には小学生の娘が2人いるんだけど、2人共、漫画伝記シリーズが好きでよく読んでいるんだ。

伝記は個人の生涯を紹介した本だから、歴史を時系列で理解することはできないと思うんだよね。

そんなわけで、漫画「世界の歴史」セットを購入してみたよ。

娘のためと言いながら、本当は僕が読んでみたかったんだよね。

小学生の女の子にとって、世界史を理解するのは、漫画と言ってもなかなか難しいと思うんだ。

だから、娘が高校生になる頃まで本棚に並べておけるような、分かりやすいシリーズを選んだんだ。

世界の歴史シリーズは、いくつかの出版社から発行されているんだけれど、購入に当たって、事前にそれぞれのシリーズの違いを比較してみたよ。

 

漫画・世界の歴史セットとは

書店や図書館に置いてあることが多い、世界の歴史を原始から近代まで漫画で紹介しているセットだよ。

特に集英社の「学習漫画 世界の歴史」セットは、1986年に発売されたロングセラーのシリーズなんだ。

漫画だから、世界史の流れを分かりやすく理解できるのが、一番の魅力だね。

 

漫画「世界の歴史」シリーズ 徹底比較

出版社

いくつかの出版社から、漫画で学習できる世界の歴史シリーズが発行されているんだ。

今回僕が購入を検討したのは、次の3つのシリーズなんだ。

学習漫画 世界の歴史[全面新版] 集英社
学研まんが NEW世界の歴史 学研プラス
漫画版 世界の歴史 集英社文庫

今回僕が購入したかったのは、

  1. 近代史の解説が充実しているもの
  2. 中学受験や高校受験にも役立つシリーズ
  3. 歴史好きな大人が読んでも楽しめるもの

という、3つの条件を満たした歴史漫画セットなんだ。

実際に読んで比較してみたところ、3つのシリーズは、これら条件を満たしてくれるシリーズだったよ。

 

発行年

僕が購入の条件として考えていた「近代史の解説が充実しているもの」を満たすためには、歴史漫画セットが発行された年も大事だったんだ。

学習漫画 世界の歴史[全面新版] 2002年
学研まんが NEW世界の歴史 2017年
漫画版 世界の歴史 2009年

集英社の『学習漫画 世界の歴史』シリーズは、1986年に発行された後、2002年に全面新版として内容を改定したものが発行されたんだ。

以前のものよりも、より詳しく解説された箇所が増えているよ。

最終巻では、ソ連崩壊頃までの出来事が描かれているんだ。

学研プラスの『NEW世界の歴史』は、発行年が2017年と非常に新しいもの。

その分、近代史の解説も充実しているんだ。

最終巻では、アメリカ同時多発テロまでの出来事が描かれているんだ。

『漫画版 世界の歴史』は、『学習漫画 世界の歴史』と同じく、ソ連崩壊頃までの出来事が描かれているよ。

 

セット巻数

小学生の娘が、世界史に興味を持つかどうかは未知数だけど、高校生以上になると授業で世界史を学ぶ機会もあるから、できるだけ各時代を詳細に解説した本が理想だったんだ。

僕は歴史が大好きだから、漫画とは言っても、できるだけ詳しく書かれた本が欲しかったんだよね。

当然、巻数が多い方が書かれている内容も増えるんだ。

学習漫画 世界の歴史[全面新版] 20巻+別冊2冊
学研まんが NEW世界の歴史 12巻+別冊2冊
漫画版 世界の歴史 10巻

世界の歴史を詳しく解説しようと思ったら、少なくとも10巻以上に分けて各時代と地域を解説する必要があると思うよ。

3つのシリーズとも、10巻以上で構成されているんだ。

 

セット価格

世界の歴史シリーズは、セットで購入するのを断然オススメするよ。

1冊ずつ買い増すのもいいけれど、まとめ買いした方が、歴史を順序立てて理解するのに効果的なんだよね。

学習漫画 世界の歴史[全面新版] 21,000円(税別)
学研まんが NEW世界の歴史 18,000円(税別)
漫画版 世界の歴史 6,000円(税別)

『学習漫画 世界の歴史[全面新版]』は、本編の20冊については1冊900円(税別)。別冊2冊は各1,500円(税別)なんだ。

『学研まんが NEW世界の歴史』は、本編の12冊は1冊につき1,200円(税別)、別冊2冊は各1,800円(税別)だよ。

『漫画版 世界の歴史』は、1冊600円(税別)の計10冊になっているんだ。

 

各シリーズの魅力

集英社 学習漫画 世界の歴史[全面新版]


ハードカバータイプの歴史漫画シリーズ。

各巻それぞれ異なる漫画家によって描かれているんだ。

だから1巻ごとにイラストから受ける印象が違うし、巻末で一旦歴史が区切られているように感じるのが特徴だよ。

時代や地域ごとに、気持ちを新たに読み進めることができるシリーズだね。

 

学研プラス 学研まんが NEW世界の歴史


2017年に発行されたばかりの、世界の歴史シリーズでは一番新しいものだよ。

イラストも現代風で、オールカラーだから読みやすいんだ。

人物を中心としてストーリーが進んでいくから、ある程度感情移入したりその時代をイメージしながら読むことができると思うよ。

巻末資料が充実しているから、学校の授業の予習復習にも役立つシリーズだね。

気になるのは、セリフの吹き出しが全て横書きになっていること。

通常の漫画は右綴じになっていて、見開きページを右から左へ読んでいく場合がほとんどなんだけど、この学研漫画 NEW世界の歴史は、左綴じになっているんだ。

だから左から右へ漫画を読み進める事になるんだよね。

最初は違和感を感じるんだけど、横書きのセリフや本文に慣れてしまえば、何ら問題なく読むことができるよ。

 

集英社文庫 漫画版 世界の歴史


文庫本サイズの世界の歴史。

高校の授業で学ぶ世界の歴史であれば、この本でほとんど網羅できると思うよ。

他のシリーズに比べて、本のサイズが小さいから若干読みにくいんだけど、コンパクトに収納できるのは魅力だね。

 

さいごに

僕は歴史が大好きで、このブログ以外に歴史をテーマにしたブログも運営しているんだ。

僕が歴史好きになったきっかけは、小学生の頃学校の図書館で夢中で読んでいた、少年少女日本の歴史と、横山光輝さんの三国志が大好きだったからなんだ。

歴史を好きになるには、夢中になれる時代や人物を見つけるのが一番かもしれないね。

日本だけでなく、いろんな国の歴史を知る上では、まずは大まかな流れを掴んでから、細かい出来事を暗記したり人物に焦点を当てていく方が、学習効果が高いと思うよ。

歴史の大まかな流れを掴めるという点で、学習漫画は最高のツールになると思うんだ。

「世界の歴史」セットは、様々なシリーズが発行されているけれど、好みの絵柄や構成の分かりやすさなど、読む人の年齢や興味に合わせたセットを選ぶのが一番いいと思うよ。

僕はそれぞれのセットを比較した結果、絵柄が好みで内容が充実していた、集英社の『学習漫画 世界の歴史[全面新版]』を購入したんだ。

小学生の娘にはまだ難しかったみたいだから、今はもっぱら僕が読んでいるんだけどね。

娘が高校生になる頃まで、大切に読み続けようと思っているよ。

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.