営業職の魅力とは|口下手だった僕が、苦労しながらも楽しく営業職を続けられている理由

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は20年近く営業の仕事をしているんだけど、営業はとても魅力的な仕事だと思っているんだ。

日々のノルマやトラブル対応など、いろんな苦労もあるけれど、他の職種では味わうことができない魅力がたくさんあるんだよね。

僕は転職を2回経験したことがあるんだけど、全ての会社で営業の仕事を続けてきたんだ。

学生時代は本が大好きで、人と話すことが苦手だったんだけど、営業の仕事を始めてからはいろんな人と楽しく仕事ができるようになったんだ。

僕が営業の仕事を続けてきて感じた、営業職の魅力を紹介するね。

 

営業職の魅力

営業手当がつく会社もある




会社によっては、給料に営業手当を上乗せしてもらえるところがあるんだ。

当然、総務や経理といった職種よりも、若干給料が高くなるよね。

給料が多いというのは、仕事に対するモチベーションに繋がると思うんだ。

注意しなければならないのは、残業代が出ない代わりに営業手当が用意されている会社もあるということ。

これから営業の仕事を選ぶという場合は、営業手当と残業代について、事前にそれとなく聞いておけるといいかもしれないね。

 

いろんな人に会える




営業の仕事をしていると、毎日いろんな人に会うことができるんだ。

僕にとっては、これが営業職を続ける一番の魅力であり、モチベーションの原動力になっているんだよね。

僕は2回転職をしたことがあるんだけれど、大学を出て最初に働き始めた会社では、芸能人や有名人に会える機会が多い営業の仕事をしていたんだ。

当時の僕は、テレビでしか見ることがなかった有名人や、有名企業の社長と話ができるということがとっても嬉しくて、毎日の仕事が全然苦ではなかったんだ。

2社目の会社では、大学生や20代の社会人と会う機会が多かったんだよね。

自分が数年前に経験したり悩んだりしたことを、同じように乗り越えようとしている人達にアドバイスする仕事をしていたんだ。

何かの商品や価値観を押し売りするのではなく、一緒に悩みを解決していくというスタイルの営業で、とてもやりがいのある仕事だったよ。

そんな営業の仕事を経て、今は商社で働いているよ。

何万というアイテムを仕入れて、それを必要とする企業に提供するという仕事なんだ。

仕入れ先と売り先だけで何百社もあるから、毎日いろんな人と話をする機会が多いんだ。

モノをつくる人の想いを直接知れる機会が多いから、良いモノは少しでも高く、少しでも多く売りたいと思えるんだよね。

そしてモノを必要としている人の想いを知ると、少しでも良いモノを妥当な価格で提供したいと思えるんだ。

営業の仕事を通じて、いろんな人と仲良くなれたら、自然と営業成績も良くなっていったんだ。

営業職は人が相手の仕事だから、多くの人と仲良くなって、人脈を築くことが大事なんじゃないかな。

売り上げという結果は、後からついてくる気がするんだよね。

 

スケジュールを自分で組み立てられる




僕は出張の多い営業スタイルで、終日会社にいられるのは月曜日か金曜日だけなんだ。

毎日いろんなところを回れるから、自分の裁量で自由にスケジュールを立てられるんだよね。

車を使って移動することが多いから、疲れたら好きな時に休憩できるんだ。

取引先とのアポイントが急にキャンセルになったときは、周辺エリアを観光したり、景色の良い場所でボーッとしてみたり、パソコンを使って事務処理をしたりと、好きなように行動できるんだよね。

ちょっとした息抜きをバランスよく取り入れることで、忙しい毎日を乗り越えるための英気を養うことができるんだ。

 

グルメ情報に詳しくなる




営業の仕事をしていると、昼食は外で食べることが多いと思うんだ。

いろんな飲食店に詳しくなれるのは、外回りをする営業の魅力だと思うよ。

取引先の人と一緒に飲みに行く機会も多いんだけど、美味しい料理とお酒を味わいながら、昼間はなかなか話せないディープな会話ができるのも面白いんだ。

自然と、美味しい飲食店や各地の特産品情報に詳しくなれるのは、営業職の魅力だと思うよ。

 

転職しやすい




業界を問わず、営業は多くの会社で用意されている職業なんだ。

だから転職を考えた際、より良い条件の会社を比較的簡単に見つけることができるんだよね。

僕が2回転職したのは、どちらも家族を大切にしたかったのが理由なんだ。

最初に働いていた会社では、深夜まで残業することが週に何日もあったんだ。

休日も、イベントなどで仕事に行かなければならない日が多くて、給料は良かったけれど休みがほとんどなかったんだ。

当時僕は、結婚して子供が産まれたばかりだったから、もっと家族の時間を大事にしたいと思って転職したんだよね。

2回目の転職理由は、義理の父が倒れたのがきっかけなんだ。

妻と子供だけでも、妻の実家の近くに住んでもらおうかとも考えたんだけど、やっぱり家族で一緒に暮らしたいと思ってね。

だから妻の実家に近いエリアにある会社に転職したんだ。

どの会社でも、それなりに仕事に取り組んできたつもりだったから、転職する度に条件の良い会社に出会うことができたんだよね。

営業だから、それなりのノルマは課せられるんだけど、これまで築いてきた人脈があるから、程々に結果を残すことができているんだ。

営業で築き上げた人脈は、転職する際に必ず役に立つと思うよ。

 

営業職の苦労

必ずノルマがある

営業職にはたくさんの魅力があるけれど、反対に辛い部分もいくつかあると思うんだ。

一番はやっぱり、ノルマじゃないかな。

会社によってノルマの厳しさは全然違うけれど、営業は必ずノルマを課せられると思うんだ。

販売ノルマや目標にばかり目が行ってしまうと、営業の仕事が途端につまらなくなってしまうんだよね。

ノルマは大切だけれど、それ以前に人とのつながりがとても大切だと思うんだ。

相手と良い関係が築ければ、自然と成績という結果がついてくると思うよ。

 

「買ってください」とは言いにくい

学生の頃、僕は本が大好きで、人と話をするのがあまり得意ではなかったんだ。

だから新卒で入社した当時は、営業の仕事がなかなか好きになれなかったんだよね。

押し売りが苦手だったし、相手に冷たくあしらわれたりすると、1日中落ち込んでいたんだ。

同期の営業が、流暢に商品の特徴を説明しているのをうらやましく思えたことが、何度もあったんだ。

でも、場数をこなすことと、相手に興味を持つようになったことで、自然と営業成績が良くなっていったんだ。

僕は自分から話をするのが苦手だったから、相手にたくさん喋ってもらえるよう、会話では質問するように心がけたんだ。

本が大好きだったから、いろんな本を読んで質問の仕方を学んだりもしてね。

上手に質問できるようになるにつれて、営業成績はどんどん良くなっていったんだ。

今でも、取引先の相手と商談する際は、相手が8割喋っていて、僕はポイントごとに質問するだけなんだ。

「買ってください」なんて言わなくても、上手に質問するだけで、相手は自分が本当に求めているものに勝手に気づいてくれるんだよね。

僕の仕事は、その求めているものを探して持っていくだけなんだ。

 

さいごに

長年営業職を続けていると、「義理」「人情」という言葉を体感できる機会が増えてくるんだ。

ノルマが達成できそうになくて困った際、とある取引先の社長に相談したら

「なんだ、そんなことか。君にはいつも無理を聞いて貰っているからな。いいぞ、好きなだけ商品持ってこい」

なんて助けてもらったことがあるんだ。

一過性の付き合いではなく、永い付き合いのできる信頼関係を築くことができれば、頼りにされたり困った時に助けてもらえることも増えるんじゃないかな。

営業は人を相手にする仕事だから、普段から相手に信用してもらえるように付き合っていく必要があると思うんだ。

相手から頼りにされ、必要とされた時が、営業職をやっていて一番充実感を感じることができると思うよ。

僕みたいに口下手でも、泥臭く人間臭く人と付き合うのが苦でなければ、営業職はとても楽しい仕事になるんじゃないかな。

営業職は、人間を好きになれる仕事だと思うよ。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください