本・映画・音楽

audibleのヘビーユーザーが本音でレビューする、サービスのメリット・デメリット

audible

こんにちは、いちもくです。

耳で聴いて読書を楽しめるオーディオブック。

通勤・通学中や家事の最中でも、本を持つことなく読書できるのが魅力のサービスです。

スキマ時間を有効活用すれば、スキルアップのための知識も身につけられます。

僕は10年以上オーディオブックを愛用しており、毎月50冊以上の本を読み続けています。

数あるオーディオブック・サービスの中でもおすすめなのが、Amazonが運営する「audible」。

洋書も含めると、なんと40万冊以上の本が容易されています。

最初の1冊は無料で視聴可能。

今回は、そんなaudibleを10年以上利用し続けて感じていることを、本音でレビューしていきます。

 

audible(オーディブル)とは?

audible引用:audible

audible(オーディブル)は、Amazonが運営するオーディオブックサービスです。

スマホやタブレット、PCにオーディオブックをダウンロードしておけば、いつでもどこでも音声で本を楽しめます。

ビジネス書や自己啓発書、小説、落語、洋書など、提供されているコンテンツ数はなんと40万冊以上!

audible引用:audible

本を朗読してくれるのは、プロの声優や著名人なので、非常に聴きやすいのが魅力です。

audibleの利用料は、月額1500円(税込)。

毎月コイン1つ付与され、好きな本1冊と交換可能になっています。

audible引用:audible

つまり、月額1500円で1冊のオーディオブックが聴けるということ。

最初の1冊は無料なので、まずはどんなサービスなのか試してみるのもおすすめです。

 

audibleの概要

基本料金 月額1500円(税込)
提供コンテンツ数 40万冊以上(日本語作品は1万冊以上)
サービス内容 毎月1冊のオーディオブックが購入可能
会員特典 返品・交換できる、Audible Astationというラジオコンテンツが無料
無料お試し 最初の1冊は無料

 

Amazonオーディオブック - オーディブル
Amazonオーディオブック – オーディブル
開発元:Audible, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

使ってみて感じた、audible(オーディブル)の魅力

驚くほど豊富なジャンル

audible引用:audible

audibleで提供されているコンテンツ数は、洋書も含めると40万冊以上。

そのうち日本語で聴けるコンテンツ数は、約1万8000冊あります。

現代文学

audible引用:audible

名作文学

audible引用:audible

時代小説

ミステリー・ホラー

audible引用:audible

SF・ファンタジー

audible引用:audible

ビジネス

audible引用:audible

自己啓発

audible引用:audible

ライトノベル

audible引用:audible

など、全部で32のカテゴリに分かれています。

ベストセラー本や新刊本のラインナップも豊富。

まるで大型書店で本を選ぶかのように、豊富なジャンルから聴きたい本を選べます。

 

Amazonオーディオブック - オーディブル
Amazonオーディオブック – オーディブル
開発元:Audible, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

専用アプリが使いやすい

audible引用:audible

audibleは、スマホ用アプリが用意されています。

アプリの操作性は抜群で、直感的に操作することが可能。

再生速度は0.5倍速から3.5倍速まで10段間に設定でき、

audible

目次機能も用意されているので、好きな箇所から再生することもできます。

audible

気になった箇所があればブックマークも可能。

audible

運転中はドライブモードに切り替えることができます。

audible

YouTubeでも2倍速再生はできますが、素人の喋りは早口になると聞き取りにくいもの。

でも、audibleは音質が綺麗な上、プロが朗読してくれるのでストレスなく本の内容を聞き取れます。

 

最初の1冊は無料で聴ける

audible引用:audible

audibleでは、最初の1冊は無料で聴けます。

もしも最初の1冊を聴いてみて、使い心地がイマイチだと感じたら、無料体験終了後に退会することも可能。

無料体験期間は30日間なので、この間は何度でもダウンロードした1冊を聴き直すことができます。

注意したいのは、無料期間が過ぎると、自動的に有料会員として月額1500円(税込)が請求されてしまうということ。

迷っている人は、とりあえず最初の1冊を無料体験してみるのがおすすめです。

 

購入から1年以内であれば返品可能

本

audibleで購入した本は、購入日から365日以内であれば返品可能です。

  • 本のタイトルが気になって購入したけれど、イメージと違っていた
  • ナレーターの声になじまなかった

など、内容に納得できなかった場合に返品できるんです。

audibleで販売されているコンテンツの中には、サンプル視聴が可能なものもあります。

購入前にサンプルを視聴しておけば、後で後悔する心配もありません。

 

Amazonオーディオブック - オーディブル
Amazonオーディオブック – オーディブル
開発元:Audible, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

目が疲れない

オーディオブック

audibleは、本を「読む」のではなく「聴く」ことができるサービス。

だから使うのは、目ではなく耳です。

KindleやiPadを使って電子書籍を読んでいると、段々と目が疲れてきたことはありませんか?

また、人によっては首や肩が痛くなってくることもあるでしょう。

でも、本の内容を聴くのであれば、目が疲れることはありません。

特に、寝る前の読書はaudibleで「聴く」のがおすすめ。

夜中にスマホの画面を見続けるよりも、睡眠の質が高まります。

 

「ながら読書」にピッタリ

スマホ

通勤・通学時間は、audibleを利用するのに最適な時間。

ドライブモードを使えば、運転中でも本を聞き流すことができます。

両手が空くので、家事をしながらの読書も可能。

audibleは、作業をしながらの「ながら読書」に最適なん2022です。

 

再生スピードが調整できる

再生

audibleのナレーションは、比較的ゆっくりとした口調で本を読み上げてくれます。

だから1冊聴き終わるのに、結構時間がかかる本も多いんです。

短時間で聴こうと思ったら、再生スピードを上げるのがおすすめ。

僕は普段、1.5倍速から2倍速に調整して聴いています。

audibleでは、再生速度を0.5倍速から3.5倍速まで調整することが可能。

  • 語学学習では、0.5倍速にして発音をマスター
  • ビジネス書は、2倍速でポイントを押さえながら聴き流す

といった使い方もできます。

 

Amazonオーディオブック - オーディブル
Amazonオーディオブック – オーディブル
開発元:Audible, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

使ってみて感じた、audibleの気になる点

月1冊は少ない

audibleでは、月額1500円で1冊の本しか聴くことができません。

もっとたくさんのコンテンツを聴きたい人は、audible会員が無料で聴ける音声コンテンツ「Audible Station」を利用するのがおすすめ。

Audible Stationには、ビジネスやお笑い、落語など、いろんなジャンルのチャンネルが用意されています。

特におすすめなのが、

NewsPicksアカデミア

audible引用:audible

HORIE ONE

audible引用:audible

20分で聴けるビジネス書チャンネル

audible引用:audible

などのビジネス系チャンネル。

最先端のビジネス知識を、音声で学ぶことができます。

 

iPhone・iPadアプリから直接購入できない

audible引用:audible

audibleの本は、iPhoneやiPadアプリから直接購入することはできません。

購入する場合は、ブラウザを開く必要があるんです。

iPhoneを使って本を購入する場合は、

  1. audibleのアプリを起動
  2. 購入したい本を選んで、ウィッシュリストに追加
  3. Safariなどのブラウザを起動して、audibleにログイン
  4. ウィッシュリストに登録している作品を選択・購入
  5. 再度audibleアプリを起動してライブラリーからダウンロード

といった手順が必要です。

 

Amazonオーディオブック - オーディブル
Amazonオーディオブック – オーディブル
開発元:Audible, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

さいごに

耳で聴いて読書を楽しめるオーディオブック。

通勤・通学中や家事の最中でも、本を持つことなく読書できるのが魅力のサービスです。

スキマ時間を有効活用すれば、スキルアップのための知識も身につけられます。

僕は10年以上オーディオブックを愛用しており、毎月50冊以上の本を読み続けています。

数あるオーディオブック・サービスの中でもおすすめなのが、Amazonが運営する「audible」。

洋書も含めると、なんと40万冊以上の本が容易されています。

最初の1冊は無料で視聴可能。

気になる人は、まずは試しに1冊ダウンロードしてみるのがおすすめですよ。

それじゃ、またね。

 

Amazonオーディオブック - オーディブル
Amazonオーディオブック – オーディブル
開発元:Audible, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

オーディオブック
audiobook.jpのヘビーユーザーが本音でレビューする、サービスのメリット・デメリットこんにちは、いちもくです。 耳で聴いて読書を楽しめるオーディオブック。 通勤・通学中や家事の最中でも、本を持つことなく読書で...
オーディオブック比較
オーディオブックのおすすめはコレ!|9社比較して分かった、各サービスの魅力とは?こんにちは、いちもくです。 耳で聴いて読書を楽しめるオーディオブック。 通勤・通学中や家事の最中でも、本を持つことなく読書で...
YouTube大学
世の中を分かりやすく解説してくれる、中田敦彦のYouTube大学がめちゃくちゃ面白いこんにちは、いちもくです。 YouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」をご存知ですか? 2019年に驚異的に登...
まんが日本の歴史おすすめ
漫画「日本の歴史」セットのおすすめはコレ!|5社の歴史漫画セットを徹底比較こんにちは、いちもくです。 小中学生向けに、日本の歴史を学べる学習漫画シリーズを買いたいけれど、どれを選べばいいのか分からないとい...