【書評】海の一流料理人 サンジの満腹ごはん|ONE PIECE 麦わらの一味と一緒に料理を味わえる、読んで楽しい実用料理本

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は料理が大好きで、週末に自宅で料理をすることが多いんだ。

最近は、小学生の娘と一緒に料理することも増えてきたんだよね。

娘が料理に興味を持ったのは、『海の一流料理人 サンジの満腹ごはん』って本を購入してからなんだ。

僕も娘もONE PIECEの大ファンで、コミックのエピソードを思い出しながら、サンジの満腹ごはんのレシピを一緒につくっているよ。

 

海の一流料理人 サンジの満腹ごはん

 

初版発行 2012年11月30日
著者 SANJI
発行人 石渡孝子
編集人 海老原美登里
発行所 集英社

 

読んでみて感じた、『海の一流料理人 サンジの満腹ごはん』の魅力

ファンなら思わず手に取ってしまう、魅力的な描きおろしイラスト

表紙や裏表紙だけでなく、各ページには尾田栄一郎先生がこの本のために書き下ろしたイラストが使われているんだ。

表紙は、この本の著者であるSANJIの横顔イラスト。

そして裏表紙は、麦わらの一味の8人が食事している風景がそれぞれ描かれているんだ。

一味の顔は一切描かれておらず、手元だけが描かれているよ。

手元だけなんだけど、それぞれのキャラクターの個性がしっかり表現されていて、皆で食事している風景が思わず目に浮かぶ気がするんだ。

レシピが紹介されている各ページでも、麦わらの一味が登場するんだ。

イラストは、この本のために描きおろされたものがたくさんあるよ。

ONE PIECEファンであれば、描きおろしイラストを眺めるだけでも楽しいと思うよ。

 

ストーリーに登場した、41種類のレシピが紹介されている

本は大きく分けて、7つの項目に分かれているんだ。

  1. 食いてェ奴には食わせてやる! 瞬間満腹ごはん
  2. まずは”肉”だろうが!!! 豪快!肉レシピ
  3. オールブルーって知ってるか? 初心者OK!魚料理
  4. とにかく1に野菜! 2に野菜! 3に野菜!! ヘルシー野菜レシピ
  5. みんな無事でよかった! さぁメシにするぞ! 大満足ガッツリ飯
  6. レディのための一品だ! あっさりデザート
  7. Sanji’s Eye

それぞれ満腹飯、肉料理、魚料理、野菜料理、ガッツリ料理、デザートのレシピが紹介されているよ。

各レシピは、見開き2ページで紹介されているんだけど、必ずコミックのエピソードが一緒に掲載されているんだ。

各エピソードを思い出しながら、紹介されているレシピをつくれば、料理が更に楽しくなるんだよね。

僕の娘も、レシピを見るだけでは満足できず、自分でつくってみたいと言うことが多いんだ。

ワクワクしながら41種類もの料理がつくれるって、最高だと思うよ。

 

レシピはフードスタイリストの飯島奈美さんが監修

本に紹介されているレシピは、全てフードスタイリストの飯島奈美さんが監修したものなんだ。

飯島さんは、映画やドラマ、CMなどでフードスタイリングを手掛ける、フードスタイリストの第一人者だよ。

ドラマ『深夜食堂』や連続テレビ小説『ごちそうさん』、映画『かもめ食堂』や『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』といった作品で、フードスタイリングを担当してきたんだ。

だからこの本に登場する41種類のレシピも、どれも美味しそうで分かりやすく解説されているんだ。

 

実際にない食材を使ったレシピが面白い

本で紹介されている41種類のレシピの材料は、スーパーなどで簡単に手に入るものばかりなんだ。

時間や手間のかからない料理もたくさん紹介されているよ。

たとえば、「ギンに出したチャーハン」と「メチャクチャまずい(うまい)まかないスープ」が紹介された見開きページ。

チャーハンに必要な材料は、コンビーフや玉ねぎ、ブラウンマッシュルーム、卵、ごはんと調味料なんだ。

「ギンに出したチャーハン」は、フライパン1つでできる、コンビーフ入り炒め飯だね。

そしてまかないスープの材料は、鯛のあら、昆布、かぶ、アスパラガス、レモン、調味料。

「メチャクチャまずい(うまい)まかないスープ」は、魚のあらや昆布のだしでつくる、洋風おすましになるんだ。

こんな簡単につくれる料理だけでなく、「ウォーターセブンの水水肉バーベQ」なんてレシピも掲載されているんだ。

水水肉なんて実際にはないから、果たしてどんな食材を使うのかと読んでみると、牛肉をマリネ液に漬け込んで焼いたものが、水水肉バーベQのレシピになっているんだ。

「エレファント・ホンマグロのソテー」なんてレシピも、カジキマグロを使った料理として紹介されているよ。

こうした食材の代用については、本の冒頭で著者のSANJIがコメントしているんだ。

レシピの中には、そっちの世界にない食材の料理もあるだろうから、そのあたりは気にせず、似たような食材で代用してくれ。

何にしても、味付けは保証する。

これなら、サンジがつくった料理に近いものが、手に入りやすい食材でつくれることになるね。

 

読んでみて感じた、『海の一流料理人 サンジの満腹ごはん』の気になる点

普段料理をしない人には、理解しにくい説明部分がある

料理のレシピ本として見た場合、普段料理をあまりしない人や、初心者向けに書かれたページがたくさんあるんだ。

でも、全く料理したことがない人の場合は、作り方の工程が文字だけで説明されているから、分かりにくい気がするんだよね。

写真やイラストを使って工程が紹介されていれば、初心者から上級者まで使いやすい料理本になっていたんじゃないかな。

他にも、「短冊切りにする」「2つの材料を和えておく」といった説明もたくさん出てくるから、普段料理をしない人にはピンとこない部分もあるかもしれないね。

この本を手に取ろうと思う人は、ONE PIECEのファンだという人達がほとんどだと思うんだ。

中には料理のプロや普段から料理をしている人もいるかもしれないけれど、普通の料理本よりも普段料理をしない人が手に取る機会は多い気がするんだよね。

初心者にも分かりやすい表現や、写真を使った解説があればなお良かった気がするんだ。

 

漫画に出てくる料理を、完全に再現するための本ではない

本で紹介されている41種類のレシピの中には、ONE PIECEの世界にしか存在しない食材を使ったものもたくさんあるんだ。

たとえば、「ウォーターセブンの水水肉バーベQ」「怪物サンドラ大トカゲの丸焼き」「鼻がおいしいエレファント・ホンマグロのソテー」「水の都の水水ハクサイ」など。

そんなレシピは、似たような食材で代用してつくることになるんだ。

ONE PIECEの世界観を想像しながら、毎日の料理を楽しみたい人にぴったりの本だと思うよ。

 

さいごに

僕の娘のお気に入りレシピは「初夏のじゃがいものパイユ」。

じゃがいもとチーズだけでつくれる、簡単レシピなんだけど、サクサクしてとっても美味しいんだ。

それぞれのメニューには、コミックのエピソードが一緒に紹介されているんだ。

そこには必ず、1コマだけ漫画のシーンが挿入されているから、見ると思わずコミックを読み返したくなるんだよね。

普段料理をしない人でも、ONE PIECEのファンだったり、サンジのファンであれば、読めば絶対作ってみたくなると思うよ。

 

じゃ、またね。

スポンサードリンク