【書評】場面設定類語辞典|225のシチュエーション別に、場面設定のノウハウを解説したおすすめ本

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

先日、SNSで話題になっていた『場面設定類語辞典』って本を買ったんだ。

この本は、物語の舞台や世界観をつくりあげるための、「場面設定」のノウハウを解説した本だよ。

僕は小説を読むのが大好きなんだけど、面白いと感じる小説は、登場人物の描写がリアルだったり、伏線が散りばめられたストーリーのものが多いんだ。

それだけでなく、世界観が魅力的な小説もたくさんあるんだよね。

『場面設定類語辞典』は、あらゆる文章を書く創作者にとって、読んでおいて絶対に損はない魅力的な本だったよ。

 

場面設定類語辞典

 

サイズ 単行本(ソフトカバー)
発行日 2017年4月25日
出版社 フィルムアート社

 

読んで感じた、『場面設定類語辞典』の魅力

225のシチュエーションや場面の描写が解説されている

『場面設定類語辞典』は、物語の舞台や世界観をつくりあげるための「場面設定」のノウハウを、「見えるもの」「聴こえるもの」「味」「匂い」「質感」などの要素から「物語の展開する状況や出来事」を例文とともに解説した本なんだ。

225のシチュエーションや場面の描写が、約600ページに渡って掲載されているよ。

それぞれのシチュエーションや場面は、普段経験することがない、非日常の場面もたくさん掲載されているんだ。

例えば、日常のシチュエーションでは

  • 学校
  • 子供部屋
  • 映画館

なんて場面が解説されているんだ。

非日常のシチュエーションでは

  • 核シェルター
  • 居住禁止のアパート
  • 潜水艦
  • トレーラーハウス
  • 屠殺場

なんて場面が掲載されているよ。

経験したことのないシチュエーションを設定して、それを描こうとする際、この『場面設定類語辞典』を参考にすれば、リアリティを演出することができるんだ。

 

各シチュエーションが、項目別にまとめられている

225のシチュエーションは、項目別に詳しくまとめられているんだ。

「見えるもの」「聴こえるもの」「匂い」「味」「質感とそこから受ける感覚」「物語が展開する状況や出来事」といった、各項目別に解説されているよ。

例えば、「公園」というシチュエーションを例にとると

見えるもの

曲がりくねった散歩道

散歩道や芝生を絨毯のように覆う落ち葉

リードにつながれた犬

聴こえるもの

ジョギング中の人が一定のリズムで走る足音

ボールがミットに「バシッ」入る

飛行機が上空を飛ぶ音

匂い

刈ったばかりの芝生

日焼け止め

ピクニックの食べ物

コーヒー

ソーダ

質感とそこから受ける感覚

温かいブランケットやタオルの上に座る

肌にチクチクあたる芝生

顔に当たる太陽の暖かさ

物語が展開する状況や出来事

進路を外れた野球のボールやフリスビーが直撃する

夜間に強奪に遭う

カップルの喧嘩

 

こうした解説を元に、イメージを膨らませれば、リアルな場面設定を描くことができるんだ。

 

場面設定の大切さが詳しく解説されている

『場面設定類語辞典』は、225のシチュエーションを解説しただけの本ではないんだ。

まえがきでは、場面設定がいかに大切なものか、詳しく解説されているよ。

優れた物語を生み出すレシピには、読者を引きつける登場人物一か八かという状況読者と登場人物の感情的な絆関心をそそる対立というような、カギとなる原料が数多く含まれる。

しかし、本来ならすばらしい出来になるはずだったたくさんの本が、しばしば見落とされてしまったことで犠牲になってきたもうひとつの大事な要素が、「設定」である。

 

お気に入りの一冊の設定に心を奪われる体験がどんなものかは、世界中の読者が知っている。

その場面が実在のものであれ架空のものであれ、読者はあたかも自分が「そこにいる」かのように感じたり、あるいは「そこに行きたい」と切望したりするはずだ。

 

読者の望みは、本の世界に没頭すること。

現実に戻ったとき思わず動揺してしまうほど、物語にすっかり夢中になるということだ。

読者のためにそれを実現させるのが作家の仕事であり、そのためのもっとも効果的な手法のひとつが、設定をダイナミックに、壮大なものにすることで面白くしていくということである。

幸いにも、これはあなたが考えるほど大変な作業ではない。

 

面白い小説や脚本は、登場人物の描写やストーリー展開だけでなく、設定がいかに大事かということも、この本に書かれているんだ。

 

場面設定だけでない、シリーズ集

『場面設定類語辞典』は、フィルムアート社から出版されている本なんだ。

ほかにも、

感情類語辞典

 

性格類語辞典 ポジティブ編

 

性格類語辞典 ネガティブ編

 

といった本も出版されているよ。

場面設定類語辞典は、類語辞典シリーズの第4弾になる本なんだ。

シリーズ全てを参考にすれば、物語の創作がよりリアルなものになるだろうね。

 

読んで感じた、『場面設定類語辞典』の気になる点

日本を舞台にした場面設定には、そのまま使えない

『場面設定類語辞典』は、カナダの作家アンジェラ・アッカーマン氏が作ったものを、日本語に翻訳した本なんだ。

だから225のシチュエーションは、北米を舞台としてまとめられているんだよね。

日本には馴染みの薄いシチュエーションも多いから、日本を舞台にした物語を創作する際は、そのまま使えないものも多いんだ。

あくまでも、それぞれの場面設定は参考とするのがいいかもしれないね。

辞典を参考に、物語に合ったシチュエーションを自分で設定していく必要があるんだ。

 

紹介されているシチュエーションは、現代版

『場面設定類語辞典』に掲載されているシチュエーションは、現代を舞台にしたシチュエーションがほとんどなんだ。

だから歴史物やファンタジー物を創作する際は、そのまま使えないものも多いんだよね。

この場合も、あくまでも本は参考とするのがいいのかもしれないね。

辞典を参考に、物語に合ったシチュエーションを自分で考えながら設定する必要があるんだ。

 

こんな人におすすめ

  • 小説家
  • 脚本家
  • 漫画家
  • 演出家
  • ライター
  • 俳優
  • ゲームクリエイター
  • ブロガー

 

さいごに

『場面設定類語辞典』の魅力は、日常の情景を解説したページもあるんだけど、普段経験できない特殊な情景や場所もたくさん紹介されているんだ。

「難民キャンプ」や「核シェルター」「刑務所の独房」「北極のツンドラ」なんて場面は、なかなかイメージしにくいシチュエーションだと思うんだよね。

そんな場面をリアルに描くために、この辞典はとっても役に立つと思うよ。

本には「設定のエクササイズ」「設定のプランニングツール」「感情的価値の設定ツール」「設定チェックリスト」という4つの付録がついているんだ。

この付録を使えば、物語を創作する際の骨子づくりや練習の参考になると思うよ。

付録は、フィルムアート社のウェブサイトからダウンロードできるのも便利なんだよね。

フィルムアート社 付録無料ダウンロード

僕は小説を読むのと、ブログを書くのが大好きだから、この『場面設定類語辞典』を参考に、魅力的な物語づくりや商品紹介記事づくりに挑戦してみようと思っているんだ。

 

あらゆる文章を書く創作者に、おすすめの本だと思うよ。

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です