用途に合わせたiPhoneケースの選び方|ケースを付けるメリット・デメリットと、ケース選びの注意点

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は長年iPhoneを使っているんだけど、今はiPhone 8 PlusとiPhone 7を持っているんだ。

iPhoneはサクサク動いて、デザインも洗練されているから、大好きなんだよね。

毎年、新しいiPhoneが発売されたら、必ず買い替えているんだ。

iPhoneはAndroidスマホと比べて、本体価格が高めに設定されているから、できるだけ傷つけずに使うようにしているよ。

それに、使わなくなったiPhoneは、綺麗な状態だと高値で買い取ってもらえるんだ。

だからできるだけ、落としたり傷つけたりしないように使っているよ。

大切なiPhoneを出来るだけ綺麗に使うために、買ったらすぐにケースを付けて使うようにしているんだ。

僕がiPhoneケースを選ぶ際は、ケースの形状や機能で選ぶことが多いよ。

 

iPhoneにケースをつけるメリット

洗練されたデザインのiPhoneだけど、ケースを付けるとそのデザインを損なってしまうことになるんだ。

でも、ケースを付けるメリットはたくさんあるよ。

何よりも、傷や落下の衝撃からiPhoneを守ってくれるというのは大きいね。

それに、ケースはデザインが豊富だから、何種類か用意しておけば、気分や用途によって使い分ける事ができるんだ。

僕は普段、手帳型のケースを使うことが多いんだ。

手帳型ケースは、カードや紙幣を収納できるフリップが付いていることが多いからね。

普段電車を使うことが多いから、ケースにICカードを入れているんだ。

ほかにも、防水機能や防塵機能のあるケースや、バッテリー内蔵タイプのケースも持っているよ。

アウトドアで使う際や、屋外の仕事で使う際に重宝しているんだ。

普段ケースを付けて使っていれば、傷がつく可能性が少なくなるから、買い替えの際、高く売れるのも魅力なんだよね。

 

ケースをつけるメリット

★落下の衝撃や傷から本体を守ってくれる

★デザインが豊富だから、気分や用途によって使い分けられる

★防水機能や防塵機能のあるケースもある

★iPhoneを使わなくなった際、高く売れる可能性が高い

 

iPhoneにケースをつけるデメリット

当然、ケースを付けてiPhoneを持ち歩くことにデメリットもあるんだ。

一番大きなデメリットは、洗練された本体デザインを堪能できないことかもしれないね。

でも、極薄の耐衝撃ケースもたくさん販売されているから、iPhoneのデザインを損ないたくない人は、こうしたケースを選ぶといいかもしれないね。

ほかにも、ケースを付けることで、熱がこもりやすい問題もあるんだ。

昔のiPhoneだと、ケースを付けていたら熱がこもって、しばらく使えなくなることもあったんだ。

最近のケースであれば、こうした不具合はほとんどないみたいだけどね。

それと、分厚いケースを付けてしまうと、ポケットに収納しにくくなったり、重くなってしまうのはデメリットかもしれないね。

手帳型ケースや耐衝撃ケースを付けていると、片手操作は難しくなる場合もあるんだ。

 

ケースをつけるデメリット

★iPhoneのデザインが損なわれる

★熱がこもりやすくなる

★ポケットに収納しにくくなる

★重くなる

 

ケース選びの注意点

ワイヤレス充電に対応しているか


iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xはワイヤレス充電に対応しているんだ。

金属素材のケースや、分厚いケースを付けてしまうと、ワイヤレス充電ができない場合があるんだよね。

だからiPhoneのケースを選ぶ際は、素材と厚さに注意する必要があるよ。

 

素材

iPhoneケースに使われている素材は、主に5種類。

TPU、ポリカーボネート、PUレザー、本革、金属の5種類なんだ。

TPU素材は、主にソフトケースで使われることが多い素材だよ。

柔らかくて割れることは少ない素材なんだ。

加工しやすいから、オシャレなデザインや面白いデザインのケースが多いのが特徴だね。

ポリカーボネートは、強度のあるプラスチック素材なんだ。

薄型のケースは、このポリカーボネートが使われていることが多いよ。

PUレザーは、合皮素材。

本革のケースに比べて、価格が安いのが特徴なんだ。

本革は、牛や豚、ヘビなどの天然皮革を素材としたケースだよ。

ポリカーボネート素材の上に、本革を貼り付けたケースが多いんだ。

値段は高くなるけれど、手触りが良いのが魅力だね。

金属素材のケースは、アルミニウムや亜鉛合金でつくられているものが多いよ。

重いケースもあるけれど、剛性に優れているのが魅力だね。

 

iPhoneケースは、種類で選ぶ

ハードケース


金属やポリカーボネート素材のケースだよ。

ポリカーボネート素材でつくられているものが多く、薄型ケースが多いのが特徴なんだ。

ソフトケースに比べて重いのと、落下の衝撃を吸収してくれないものもあるから、ハードケースを選ぶ際は、しっかり特徴をチェックしておく方がいいだろうね。

 

ソフトケース


TPUやシリコン素材のケースだよ。

手触りが柔らかくて、取り外しが楽なのが特徴のケースなんだ。

加工しやすい素材だから、かわいらしいケースや面白い形をしたケースが多いのが特徴だね。

柔らかいから、落下時にしっかり衝撃を吸収してくれるよ。

長期間使用していると、色が変色したりべたついたりするものもあるから、定期的に買い替えるのがいいかもしれないね。

 

手帳型ケース


画面をしっかり保護してくれるケース。

カード収納機能が付いているケースが多いから、ICカードやクレジットカード、紙幣を収納できるのが魅力なんだ。

フリップにスタンド機能が付いているケースもあるから、動画視聴に便利だね。

普段iPhoneを持ち歩く際、鞄に入れることが多い場合は、ディスプレイに傷が付きにくいケースだよ。

画面も含め、前面を保護してくれるから、落下時の衝撃に強いんだ。

 

 

耐衝撃ケース


金属素材やポリカーボネート素材でつくられたものが多いケース。

衝撃だけでなく、防水加工や防塵加工されたケースも多いんだ。

米軍のMIL規格に適合したケースも多いから、屋外で使用する機会が多い人やアウトドアで使いたい人におすすめだよ。

気になるのは、ケースの取り外しが面倒だったり、純正の充電ケーブルでないと接続できないものもあることかな。

他のケースに比べて、重いものが多いかもしれないね。

 

 

さいごに

僕は仕事でiPhoneを使うことが多いんだけど、たまに落としたり雨に濡れたりすることがあるんだ。

普段は電車で通勤しているから、ICカードを収納できる手帳型ケースも便利なんだよね。

最新のiPhoneは、防水機能があるとは言っても、しっかり保護しておきたいと思っているんだ。

だから耐衝撃ケースや手帳型ケースを4種類揃えて、用途に応じて使い分けているよ。

いろんなケースが販売されているけれど、自分の用途に合わせて使い分けるのはおすすめだよ。

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です