本・映画・音楽

【書評】バカ売れキーワード1000|読みたくなる記事タイトルには法則があった?

バカ売れキーワード

こんにちは、いちもくです。

人に読んでもらえる記事を書きたいけれど、どうやって書けばいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのが、タイトルに「売れるキーワード」を使ってみること。

SNSで拡散される記事というのは、キャッチーで思わずクリックしたくなる記事タイトルが付けられています。

読者の興味を誘うタイトルが付けられた記事でなければ、内容がどんなに素晴らしくても読んでもらえないもの。

タイトルは、記事の内容と同じくらい、もしくはそれ以上に大切なものです。

そんな思わずクリックしたくなる記事タイトルを付けるのに参考になるのが、「バカ売れキーワード1000」。

売れるキャッチフレーズとは、いったいどんなものなのか。

記事タイトルに必須のキーワードが分かりやすく分類されている本です。

 

バカ売れキーワード1000

発売日 2014年1月
著者/編集 堀田博和
出版社 KADOKAWA
発行形態 単行本
ページ数 224p

 

オーディオブック(audiobook)耳で楽しむ読書アプリ
オーディオブック(audiobook)耳で楽しむ読書アプリ
開発元:OTOBANK Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

バカ売れキーワード1000 本の概要

バカ売れキーワード

「バカ売れキーワード1000」では、記事タイトルやキャッチコピーを書く際に参考となるパターンを、全部で4000語掲載した本です。

本の構成は、使いたいシーン別に大きく9つのカテゴリーに分かれています。

  1. 特長
  2. 気づき
  3. 協調
  4. 人気
  5. 感想
  6. リアル感
  7. お得感
  8. 標的
  9. 誘導

それぞれのカテゴリーは、更に細かくターゲットを絞れるよう分類されています。

たとえば、「気づき」というカテゴリーでは、

  1. 呼びかけ、気づき
  2. 第三者意見、ニーズ評価
  3. 欲望、快感、願望に刺激
  4. 不満、不安要素
  5. 知識欲、知的好奇心
  6. 逆説表現

といった形で、さらに細かく分類されています。

 

「バカ売れキーワード1000」の魅力

「あてはめるだけ」でビシッとタイトルが決まる

バカ売れ

バカ売れキーワード1000の魅力は、各キーワードを「あてはめるだけ」でタイトルやキャッチコピーを生み出せるところ。

おすすめの使い方は、記事の骨子を決めた後にカテゴリーページを開いてみる方法。

  • 誰に呼んでもらいたいのか
  • どんな内容の記事を書いたのか

という、記事の方向性やターゲットが決まってから、使いたいシーンに合わせたカテゴリーページを開きます。

パラパラとページをめくっていくと、パッと飛び込んでくるキーワードのフレーズが見つかるはず。

あとは、そのキーワードを記事タイトルに「あてはめるだけ」で完成です。

 

辞書のように使える

良いタイトルやキャッチコピーが思い浮かばないときも、「バカ売れキーワード1000」は活用できます。

辞書を引くようにパラパラとページをめくるだけでも、良いアイデアがうかいやすいのが特徴。

それぞれのキーワードは、例文と一緒に使い方例も紹介されているので、辞書のように活用することもできます。

空いた時間に眺めているだけでも、いろんなアイデアが浮かんでくる不思議な本です。

 

「バカ売れキーワード1000」の気になる点

実際に使える表現は10分の1程度?

本には1000個のキーワードが紹介されているますが、実際に使う機会が多いのは100パターン程度。

普段描く機会が多い記事ジャンルによって、使える表現はどうしても偏ってしまいます。

「バカ売れキーワード1000」には、どんな記事ジャンルにも対応できるタイトルやキャッチコピー用キーワードが網羅されています。

だから自分の書きたい記事の内容や、紹介する商品の特徴にマッチしたキーワードは必ず見つかるはず。

紹介されているすべてのキーワードを使おうとせず、自分の書きたいジャンルや目的に合ったキーワードを、本の中から見つけ出すセンスが必要になります。

 

さいごに

人に読んでもらえる記事を書きたいけれど、どうやって書けばいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのが、タイトルに「売れるキーワード」を使ってみること。

SNSで拡散される記事というのは、キャッチーで思わずクリックしたくなる記事タイトルが付けられています。

読者の興味を誘うタイトルが付けられた記事でなければ、内容がどんなに素晴らしくても読んでもらえないもの。

タイトルは、記事の内容と同じくらい、もしくはそれ以上に大切なものです。

そんな思わずクリックしたくなる記事タイトルを付けるのに参考になるのが、「バカ売れキーワード1000」。

辞書のように手元に置いておけば、魅力的なタイトルづくりの参考になっておすすめですよ。

それじゃ、またね。

 

 

オーディオブック(audiobook)耳で楽しむ読書アプリ
オーディオブック(audiobook)耳で楽しむ読書アプリ
開発元:OTOBANK Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

図解モチベーション大百科
【書評】図解 モチベーション大百科|感情と行動のメカニズムを分かりやすく解説した本こんにちは、いちもくです。 「最近どうも、モチベーションが上がらない」と感じていませんか? ふとしたきっかけでやってきて、い...
給料以外でお金を生み出す
【書評】給料以外でお金を生みだすあなたの知らない稼ぎネタこんにちは、いちもくです。 毎日一生懸命働いているのに、その努力が給料に反映されていないとは思いませんか? そんな人に是非読...
YouTube大学
世の中を分かりやすく解説してくれる、中田敦彦のYouTube大学がめちゃくちゃ面白いこんにちは、いちもくです。 YouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」をご存知ですか? 2019年に驚異的に登...
小説を読む
小説を年間250冊以上読み続けて感じた、小説を読むメリットとデメリットこんにちは、いちもくです。 あなたは最近、どんな小説を読みましたか? 僕はここ20年近く、本を月に50冊以上読む生活を続けて...