商品レビュー記事

funks iPhone 12 Pro Max用バッテリー内蔵ケース レビュー|iPhoneを1.5回充電できる、容量7000mAhの充電ケース

こんにちは、いちもくです。

iPhoneで動画やゲームを楽しんでいると、あっという間にバッテリーがなくなってしまうと思いませんか?

外出先での充電切れに備えるため、モバイルバッテリーを持ち歩くのもいいかもしれません。

でも、ケーブルも用意しなければならず、荷物が増えて意外と面倒なもの。

そんなときにおすすめなのが、バッテリー内蔵ケースです。

バッテリー内蔵ケースとは、iPhoneのケースとバッテリーが一体型になっており、重たいモバイルバッテリーを持ち歩かなくて済むのが大きな魅力。

iPhoneの充電残量が少なくなってきたら、バッテリー内蔵ケースのボタンを押すだけで充電できてしまいます。

iPhone 12 Pro Maxを使っている人におすすめのバッテリー内蔵ケースが、funks iPhone 12 Pro Max用バッテリー内蔵ケース

7000mAhの容量があるので、iPhone 12 Pro Maxを約1.5回充電できます。

今回は、そんなfunks iPhone 12 Pro Max用バッテリー内蔵ケースを実際に使ってみた感想を、本音でレビューしていきます。

 

funks iPhone 12 Pro Max用バッテリー内蔵ケースの概要

箱

箱の中には、

  • バッテリー内蔵ケース本体
  • 取扱説明書

が入っています。

箱の中身

本体のサイズは、167mm×85mm×16mm。

重量は127gと、案外軽量です。

本体外観

背面は、バッテリーが内蔵されているカメラ下部分が盛り上がっています。

背面

背面下部には、電源ボタンとバッテリー残量確認ボタン。

ボタン

ケースはLightningケーブルで充電することになります。

ケース上部は柔らかいシリコン製なので、グイッと曲げることができます。

ケースを曲げる

ケースをiPhoneに取り付ける際は、キズがつかないよう注意が必要。

ケースを曲げた状態で、

ケースを曲げた状態

iPhoneをゆっくりとスライドさせて挿入します。

iPhoneをスライド

Lightningコネクタをケースの充電口にしっかりと差し込み

接続

ケース上部を本体にかぶせます。

ケース装着

あとはLightningケーブを接続し、ケースを充電しておけば準備完了。

外出先でiPhone本体の充電残量が少なくなったら、ケースの電源ボタンを押すだけで充電を開始できます。

 

使ってみて感じた、funks iPhone 12 Pro Max用バッテリー内蔵ケースの魅力

iPhone 12 Pro Maxを1.5回充電できる

バッテリー内蔵引用:Amazon.co.jp

funks iPhone 12 Pro Max用バッテリー内蔵ケースの容量は、7000mAh。

iPhone 12 Pro Maxのバッテリー容量は3687mAhなので、約1.9回フル充電できる計算になります。

実際に使用してみると、iPhone 12 Pro Maxを約1.5回充電できます。

バッテリー残量が10%を切ったiPhoneをフル充電すると、2回目の充電では70~80%充電できた時点でバッテリーケースの充電がカラになります。

ケースのバッテリー残量は、背面のLEDランプで簡単に確認できます。

ランプ

搭載されているLEDランプの数は、4つ。

ランプが4つ点灯 残量76~100%
ランプが3つ点灯 残量51~75%
ランプが2つ点灯 残量26~50%
ランプが1つ点灯 残量1~25%

iPhoneとバッテリーケースをフル充電させておけば、2~3日は充電ケーブルを使わずに持ち運べそうです。

 

持ち運びやすいサイズ感

サイズ感引用:Amazon.co.jp

モバイルバッテリーを持ち歩く場合は、一緒に充電ケーブルも持ち歩かなければいけません。

でも、バッテリーケースを取り付けておけば、充電ケーブルを持ち歩く必要はありません。

iPhoneをポケットに入れたまま充電することだってできます。

バッテリーケースを付けた状態で、厚みは約16mm。

ケース装着

iPhoneの周囲が5mmほど大きくなるだけです。

ケースの重量は約127gなので、軽くて持ち運びやすいのが魅力です。

 

指紋や汚れが付きにくい

カラーバリエーション引用:Amazon.co.jp

バッテリーケースの表面は、黒一色のマットな質感です。

指紋や汚れが付きにくいので、常に綺麗な状態で持ち運べます。

 

使ってみて感じた、funks iPhone 12 Pro Max用バッテリー内蔵ケースの気になる点

スマホより先にケースのバッテリーが充電される

サイズ感引用:Amazon.co.jp

充電ケーブルを差し込むと、ケースのバッテリーとiPhone本体のとケースの充電が開始します。

先に充電されるのは、ケースのバッテリー。

ケースがフル充電されてから、iPhone本体の充電が始まります。

だからiPhoneを先に充電したい場合は、一度ケースを取り外す必要があるんです。

 

ワイヤレス充電には非対応

背面

ケースはワイヤレス充電に対応していません。

そのため、Lightningケーブルを挿して充電する必要があります。

 

液晶画面は保護されない

ケース装着

ケースは、iPhoneの側面と背面を保護してくれます。

液晶画面は保護されないため、ガラスフィルムなどを貼るのがおすすめ。

厚さ0.3mmのガラスフィルムを貼り付けると、バッテリーケースのフレームとほぼ同じ高さになります。

 

さいごに

iPhoneで動画やゲームを楽しんでいると、あっという間にバッテリーがなくなってしまうと思いませんか?

外出先での充電切れに備えるため、モバイルバッテリーを持ち歩くのもいいかもしれません。

でも、ケーブルも用意しなければならず、荷物が増えて意外と面倒なもの。

そんなときにおすすめなのが、バッテリー内蔵ケースです。

バッテリー内蔵ケースとは、iPhoneのケースとバッテリーが一体型になっており、重たいモバイルバッテリーを持ち歩かなくて済むのが大きな魅力。

iPhoneの充電残量が少なくなってきたら、バッテリー内蔵ケースのボタンを押すだけで充電できてしまいます。

iPhone 12 Pro Maxを使っている人におすすめのバッテリー内蔵ケースが、funks iPhone 12 Pro Max用バッテリー内蔵ケース。

7000mAhの容量があるので、iPhone 12 Pro Maxを約1.5回充電できておすすめですよ。

それじゃ、またね。

 

funks iPhone 12 Pro Max用バッテリー内蔵ケース スペック

サイズ 167mm×85mm×16mm
重量 127g
バッテリー容量 7000mAh

 

 

DIESEL iPhoneケース
DIESEL iPhone12 Pro ケース ハンドストラップ FW20 レビュー|持ちやすさと耐衝撃性を兼ね備えたケースこんにちは、いちもくです。 大切なiPhone 12 Proをうっかり落としてしまったら・・・そんなこと想像したくないですよね。 ...
12 Pro Max 耐衝撃ケース
iPhone 12 Pro Max用耐衝撃ケースのおすすめ7選こんにちは、いちもくです。 大切なiPhone 12 Pro Maxをうっかり落としてしまったら・・・そんなこと想像したくないです...
12 pro max マグネットなしケース
iPhone 12 Pro Max用手帳型マグネットなしケースのおすすめ7選こんにちは、いちもくです。 iPhoneケースに、クレジットカードやICカードを入れて持ち運べたら便利だと思いませんか? そ...
ケースの選び方
もう迷わない!タイプ別iPhoneケース&カバーの違いと選び方こんにちは、いちもくです。 毎日使うiPhoneは、人目に触れる機会も多いのでケースにはこだわっておきたいもの。 ケースを付...