Googleカレンダーを利用して1行日記を書く方法と、1行日記を続けるメリット

スポンサードリンク



いちもくです。

僕は2006年から、Googleカレンダーを利用して日記を書き続けています。

1行日記なので手軽に書けることもあり、もう10年以上続けることができています。

Googleカレンダーを使うと、過去の日記も自動的に配信されるので、過去の自分を見直すという意味でも凄く役立っています。

 

Googleカレンダーに1行日記を書くメリット

継続しやすい

僕は普段GmailやGoogleカレンダーを利用する機会が多いので、使い慣れたサービスを使って気軽に日記が書けているんです。

これって、結構重要なことだと思います。

普段使い慣れたサービスを利用することで、日記を継続できやすくなりますからね。

 

パソコンでもスマホでも確認できる

パソコンのブラウザを使ってGoogleカレンダーにアクセスしたり、スマホのブラウザやアプリを使ってGoogleカレンダーにアクセスすることができます。

書きたい時に書きたい端末を使って、Googleカレンダーに1行日記を書けるんです。

書いた日記を読み返したい時も、パソコンでもスマホでも確認できて便利ですよ。

 

バックアップができる

スマホ用の日記アプリはたくさんあるけれど、アプリを削除したらデータが消えてしまうものも多くあります。

でもGoogleカレンダーであれば、データのバックアップが取れるんです。

アプリによっては、スマホやパソコンを買い替える毎に、データの移し替えが大変な場合もありますからね。

Googleカレンダーだと、そんな手間は必要ない上、バックアップを取っておくこともできるから安心です。

 

Googleカレンダー1行日記の書き方

僕は普段、パソコンで1行日記を書くことが多いので、今回はパソコンを使うことを前提に解説します。

 

1行日記用のカレンダー作成

まずはGoogleカレンダーを開きます。

 

画面左側に「マイカレンダー」が表示されています。

 

僕は5年分の1行日記を、1つのカレンダーにまとめています。

理由は、一覧表示したときに見やすいから。

日記を続ける年数が長くなると、Googleカレンダーを月表示した際、1つのカレンダーに表示される日記が5年分くらいと限られてきます。

それと、普段Googleカレンダーをスケジュール管理に使っているので、日記は別なカレンダーを作成して、そこに保存していく方が使いやすいんです。

新しいカレンダーを作成するためには、右上の「設定」ボタンをクリック。

 

メニューの中から「設定」をクリックします。

 

カレンダー設定画面に変わるので、「カレンダー」をクリックして、「新しいカレンダーを作成」をクリック。

 

新しいカレンダーの設定画面になります。

好きなカレンダー名を入力しましょう。

 

作成できたら、「カレンダーを作成」ボタンをクリック。

カレンダー画面に戻ります。

 

画面左側の「マイカレンダー」に、新しく作成したカレンダーが追加されています。

 

そのまま、マイカレンダーに新しく作成したカレンダーを編集します。

カレンダー名の右側に出てくるボタンをクリックして、「カレンダー設定」をクリック。

 

「予定の通知」「終日の予定の通知」を設定しましょう。

僕の場合は、「予定の通知」を予定時間の30分前に設定。

「終日の予定の通知」を、1日前の16:30に設定しています。

 

この設定をしておけば、過去に書いた1行日記が、設定時間になると自動的にメールで通知されるんです。

「あの日、こんなことしてたんだな」なんて振り返れて便利ですよ。

これで、設定はおしまいです。

 

1行日記の書き方

いよいよ、1行日記を書いてみます。

Googleカレンダーの画面に戻って、1行日記を書きたい日付をクリック。

 

予定を入力するためのポップアップが出てきますが、すぐに入力せずに一旦「編集」をクリック。

 

僕の場合は、入力する予定の最初に西暦で年を入れて、その後に1行日記を書いています。

 

「繰り返し」をクリックして、「毎年」を選択。

 

ここまでできたら、「保存」します。

 

カレンダー画面で、1行日記が追加されました。

 

こうした設定をしておけば、毎年1回リマインダー通知がGmailに届きます。

去年までにに書いた1行日記が、前日の16:30にメールで届くことになります。

僕の場合、2006年からGoogleカレンダーの1行日記を続けているので、10通以上通知が届きます。

 

10年前の今日、どんなことを考えてどんな事をしていたのか、簡単に知ることができるんです。

 

Googleカレンダー1行日記は、人生の教科書

僕は株式投資を続けているのですが、投資に関するテクニックやノウハウを紹介した本は世の中にたくさんあります。

でも、自分にとって一番参考になる教科書は、自分が過去に行ってきた投資記録だと思っています。

株価の変動に合わせて、自分がどう売買してきたか、そしてどういう心理状態だったかを記録しておけば、これからの株式投資に活かせる最高の教科書になるんです。

Googleカレンダーの1行日記も、同じだと思っています。

その日感じた事や、やってきた事を、1行の中にキーワードとしてたくさん盛り込んでおけば、リマインダー通知が届く翌年以降、それを活かすことができているんです。

だから僕にとって、Googleカレンダーの1行日記は、未来の自分への手紙なんです。

そしてこのブログは、過去の自分へのアドバイス。

毎日書いているブログのネタは、Googleカレンダーの1行日記に残してきた、過去の自分の悩みを解決させるものだったり、アドバイスだったりするんです。

Googleカレンダーで1行日記を書き続けることで、過去と未来の自分と対話できています。

自分との対話を続けてきて気づいたのですが、悩みの答えは全て自分自身の中に用意されている気がします。

Googleカレンダーを使った1行日記、おすすめですよ。

ではでは。

 

Googleカレンダー
Googleカレンダー
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

スポンサードリンク