選び方

無線LANルーターの選び方|間取りや利用人数に合わせて、Wi-Fiルーターを選ぶ方法

やあ、いちもくだよ。

先日、自宅の無線LANルーターを買い替えたんだ。

あわせて読みたい
BUFFALO バッファロー WHR-1166DHP4 無線LANルーター レビュー|アプリを使って簡単設定できる、おすすめの高速Wi-Fiルーターやあ、いちもくだよ。 自宅で6年間使っていた無線LANルーターが壊れてしまったから、新しいルーターを購入したんだ。 購入した...

以前使っていたルーターに比べて、速度が劇的に上がって大満足だったよ。

我が家は小学生の娘2人と妻の4人家族で、鉄筋コンクリート造りの4LDKマンションに住んでいるんだ。

そんな我が家にぴったりの無線LANルーターを選ぶ際に、4つのポイントに注意したんだよね。

注意したポイントは、無線LANルーターのパッケージを見ればすぐにチェックできるものばかりだよ。

 

まず最初にチェックしておきたい、通信速度

僕が購入した無線LANルーターのパッケージには、通信速度が866+300Mbpsと書かれていたんだ。

これは「ac」で接続した場合の最高速度が866Mbpsになるということだよ。

そして「ac」よりも下位規格に当たる「n」、「g」、「b」で接続した場合は、最高速度が300Mbpsになるという意味になるんだ。

せっかく無線LAN接続するのであれば、通信速度は速い方がいいよね。

無線LANルーターを購入する場合は、通信速度が866Mbps以上と表記されている商品を選ぶのがおすすめだよ。

 

「ac」通信規格に対応しているかどうか

無線LANルーターには、「b」、「g」、「a」、「n」、「ac」という5つの規格があるんだ。

無線には5GHz2.4GHzの2つの規格があるよ。

5GHzに対応しているのは「ac」2.4GHzに対応しているのは「n」、「g」、「b」なんだ

5GHzの方が速度は速いんだけど、2.4GHzの方が障害物に強いという特徴があるよ。

だから自宅の間取りによっては、2.4GHzの方が速度が出る場合もあるんだよね。

これから無線LANルーターを購入する場合は、「ac」規格対応の商品を選んでおけば間違いないだろうね。

2019年現在、「ac」は無線LANで最高の通信速度を出せる規格になっているよ。

 

アクセスさせる端末数に応じて、アンテナ数を選ぶ

パッケージには2×2と書かれているけれど、これはアンテナの数のことなんだ。

アンテナが、受信側と送信側のそれぞれに2本ずつあることを意味しているよ。

上位グレードの商品の場合は、4×4と書かれたものもあるんだ。

こちらは、アンテナが4本あるということ。

このアンテナの数は、無線LANルーターのグレードを分ける大きな要因になっているんだ。

アンテナの本数が多ければ多いほど、たくさんの端末でWi-Fi通信を利用できるよ。

当然、アンテナ数の多いルーターの方が、価格は高くなるんだよね。

アンテナ数が2本の無線LANルーターを使っても、5台程度の端末しかアクセスしない場合は、速度にあまり影響はないんだ。

2本のアンテナがある無線LANルーターの場合、アクセスさせる端末が増えれば増える程、速度遅延が発生する可能性が高くなるから、注意が必要だよ。

 

アクセスする端末数の目安にしやすい、推奨利用人数

無線LANルーターのパッケージには、推奨利用環境推奨利用人数が書かれているよ。

この利用人数が、同時に接続できる端末数の目安になるんだ。

推奨利用人数の隣には、推奨利用端末数が書かれているよ。

僕が購入したWHR-1166DHP4は、2アンテナ2ストリームの商品。

 

2アンテナ2ストリームの場合は、使用想定人数が3人から4人に設定されている商品が多いんだよね。

4アンテナ4ストリームの商品になると、使用想定人数は6人程度に設定されているよ。

 

一度に接続させる端末が多い場合は、4アンテナを選んだ方が安定性が向上するんだ。

我が家は小学生の娘2人と妻と僕の4人家族だから、一度に接続させる人数は多くても3人程度。

だから2アンテナ2ストリームの無線LANで充分なんだよね。

それぞれの家族構成や、アクセス環境に合ったアンテナ数を選ぶのがおすすめだよ。

 

さいごに

鉄筋コンクリート造りのマンションに、小学生の娘と妻の4人で暮らしている僕の場合は、

  1. 「ac」規格対応
  2. 5GHzで866Mbpsの速度が出る
  3. アンテナ数は2本のモデル

という3つの条件を満たした無線LANルーターが、最適だと考えたんだ。

これに加え、有線接続は1000Mbps対応だったり、端末の場所を特定してWi-Fi電波を狙い撃ちしてくれるビームフォーミング機能が付いていたりと、様々な機能が搭載されたWi-Fiルーターもあるよ。

無線LANルーターを選ぶ際は

  • 「ac」規格に対応しているかどうか
  • 5GHzで866Mbpsの速度が出るかどうか
  • 無線LANを利用する人数や端末に応じて、アンテナ数は2本もしくはそれ以上のモデルを選択する

という3つのポイントを押さえておけば、自分にぴったりの無線LANルーターを選ぶことができるよ。

じゃ、またね。

 

 

あわせて読みたい
無線LANルーターのおすすめ7選|「環境」と「接続端末数」から見つけ出す、最適なWi-Fiルーターの選び方やあ、いちもくだよ。 先日、自宅の無線LANルーターを買い替えたんだけど https://ichimokusan.info/...
あわせて読みたい
ワイヤレスドアホンの魅力と選び方やあ、いちもくだよ。 僕は賃貸マンションに住んでいるんだけど、最近宗教の勧誘や訪問販売員が増えてきたんだ。 備え付けのインタ...
あわせて読みたい
家庭用布団乾燥機の選び方やあ、いちもくだよ。 我が家は妻と小学生の娘2人の4人家族なんだけど、夜はみんなそれぞれのベッドで寝ているんだ。 ベッドは布...
あわせて読みたい
家庭で使えるラベルプリンターの選び方やあ、いちもくだよ。 我が家には小学生の娘が2人いるんだけど、新年度には新しく使う学用品全てに名前を書かなきゃいけないんだ。 ...