無線LANルーターを選ぶ際、チェックしておきたい3つのポイント|間取りや利用人数に合わせて、Wi-Fiルーターを選ぶ方法

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

先日、自宅の無線LANルーターを買い替えたんだ。

BUFFALO バッファロー WHR-1166DHP4 無線LANルーター レビュー|アプリを使って簡単設定できる、おすすめの高速Wi-Fiルーター

以前使っていたルーターに比べると、速度が劇的に上がって大満足だったよ。

僕は小学生の娘2人と妻の4人で、鉄筋コンクリート造りの4LDKマンションに住んでいるんだ。

そんな我が家にぴったりの無線LANルーターを選ぶ際に、4つのポイントに注意して選んだんだ。

どのポイントも、無線LANルーターのパッケージを見ればすぐにチェックできるものばかりだよ。

 

まず最初にチェックしておきたい、通信速度

僕が購入した無線LANルーターのパッケージには、通信速度が866+300Mbpsと書かれていたんだ。

これは「ac」で接続した場合の最高速度が866Mbpsになるということだよ。

そして「ac」よりも下位規格に当たる「n」、「g」、「b」で接続した場合は、最高速度が300Mbpsになるという意味なんだ。

せっかく無線LAN接続するのであれば、通信速度は速い方がいいよね。

これから無線LANルーターを購入する場合は、通信速度は866Mbps以上になっている商品を選ぶのがおすすめだよ。

 

「ac」通信規格に対応しているかどうか

無線LANルーターには、「b」、「g」、「a」、「n」、「ac」という5つの規格があるんだ。

無線には5GHz2.4GHzの2つの規格があるよ。

5GHzに対応しているのは「ac」2.4GHzに対応しているのは「n」、「g」、「b」なんだ。

5GHzの方が速い速度を出せるんだけど、2.4GHzの方が障害物に強いという特徴を持っているんだ。

だから自宅の間取りによっては、2.4GHzの方が速度が出る場合があるよ。

何はともあれ、これから無線LANルーターを購入する場合は、「ac」規格対応の商品を選べば間違いないだろうね。

2017年現在、「ac」は無線LANで最高の通信速度を出せる規格なんだ。

 

アクセスさせる端末数に応じて、アンテナ数を選ぶ

パッケージに2×2と書かれているけれど、これはアンテナの数のことなんだ。

アンテナが、受信側と送信側のそれぞれに2本ずつあることを意味しているよ。

上位グレードの商品の場合は、4×4と書かれたものもあるんだ。

こちらは、アンテナが4本あるということを示しているよ。

このアンテナの数は、無線LANルーターのグレードを分ける大きな要因になっているんだ。

アンテナの本数が多ければ多いほど、たくさんの端末でWi-Fi通信を利用できるんだ。

つまり、アンテナの数が多いほど、その無線LANルーターが提供可能な通信数が多くなるという事。

当然、アンテナ数の多いルーターの方が、値段も高くなるよ。

アンテナ数が2本の無線LANルーターを使っても、5台程度の端末しかアクセスしない場合は、速度に影響が出ることはあまりないんだ。

2本のアンテナがある無線LANルーターの場合、アクセスさせる端末が増えれば増える程、速度遅延が発生する可能性が高くなるから、注意が必要だよ。

 

アクセスする端末数の目安にしやすい、推奨利用人数

無線LANルーターのパッケージには、推奨利用環境推奨利用人数が書かれているんだ。

この利用人数が、同時に接続できる端末数の目安になるよ。

推奨利用人数の隣には、推奨利用端末数が書かれているね。

僕が購入したWHR-1166DHP4は、2アンテナ2ストリームの商品。

 

2アンテナ2ストリームの場合は、使用想定人数が3人から4人に設定されている商品が多いんだ。

これが4アンテナ4ストリームの商品になると、使用想定人数は6人程度になる場合が多いよ。

 

一度に接続させる端末が多い場合は、4アンテナを選んだ方がより安定性が向上するだろうね。

我が家は小学生の娘2人と妻と僕の4人家族だから、一度に接続させる人数は多くても3人程度なんだ。

だから2アンテナ2ストリームの無線LANで充分なんだよね。

それぞれの家族構成や、アクセス環境に合ったアンテナ数を選ぶ方がいいだろうね。

 

さいごに

鉄筋コンクリート造りのマンションに、小学生の娘と妻の4人で暮らしている僕の場合は、

  1. 「ac」規格対応
  2. 5GHzで866Mbpsの速度が出る
  3. アンテナ数は2本のモデル

という3つの条件を満たした無線LANルーターが、最適だったんだ。

これに加え、有線接続は1000Mbps対応だったり、端末の場所を特定してWi-Fi電波を狙い撃ちしてくれるビームフォーミング機能が付いていたりと、魅力あふれるWi-Fiルーターを購入できたんだ。

無線LANルーターを選ぶ際は

  • 「ac」規格に対応しているかどうか
  • 5GHzで866Mbpsの速度が出るかどうか
  • 無線LANを利用する人数や端末に応じて、アンテナ数は2本もしくはそれ以上のモデルを選択する

という3つのポイントを押さえておけば、自分にぴったりの無線LANルーターを選ぶことができると思うよ。

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です