車用ルームミラーのおすすめ4選|純正ミラーの3倍の視野を確保できる、車に合った商品の選び方

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は営業の仕事をしているんだけど、毎日車を使って営業先まで移動することが多いんだ。

交通量の多い道や、高速道路を走る機会が多いから、事故を起こさないよう安全運転を心がけているよ。

僕が普段使っている営業車は、プリウス。

自動ブレーキやレーダークルーズコントロールなど、様々な安全機能が搭載されているんだけど、それだけでは完全に事故を回避できるわけではないんだ。

時間に余裕を持って、安全運転を心がけておかないと、急な飛び出しや追突の危険を避けることは難しいんだよね。

だから僕は、毎日乗っている営業車に、安全に運転するためのグッズを取り付けているんだ。

手ごろな価格で取り付けられて、効果が高いのは、後方を確認するための車内ルームミラー。

純正品に取り付けるだけで、後方の広い範囲をチェックすることができるんだ。

 

車内ルームミラーの選び方

鏡のタイプで選ぶ


車内ルームミラーは、平面鏡と曲面鏡の2種類があるんだ。

平面鏡は、純正のルームミラーと同じような距離感で後方を確認できるのが魅力だよ。

ただ、広い範囲を映そうと思ったら、横幅の広いタイプを選ばなければならないんだ。

大きなルームミラーを取り付けるのに抵抗がある場合は、曲面鏡を選ぶのがおすすめ。

コンパクトなサイズでも、広い視界を得ることができるよ。

気になるのは、曲面鏡を取り付けた場合、視界にゆがみができてしまうから、平面鏡にくらべて距離感がつかみにくいところ。

慣れないと、後方の車や障害物までの距離感がつかみにくく、バックする際に車をぶつけてしまう恐れもあるんだ。

平面鏡と曲面鏡のメリットとデメリットを比較しながら、使いやすいルームミラーを選ぶのがいいだろうね。

 

サイズや重量で選ぶ


平面鏡のルームミラーの場合、長いもので横幅が30㎝以上あるものもあるんだ。

大きなサイズのルームミラーは、それだけ重くなりがちだから、注意が必要だよ。

車種によっては、車内ルームミラーが接着剤でフロントガラスに取り付けられているものもあるんだ。

重たいルームミラーを取り付けてしまうと、純正のルームミラーごと取れてしまう場合もあるんだよね。

僕は以前、クライスラージープのチェロキーに乗っていたことがあったんだ。

チェロキーの純正ルームミラーは、フロントガラスに接着剤で取り付けられていたんだよね。

そこに大きな平面鏡ルームミラーを取り付けていたところ、走行中にポロッと取れてしまったんだ。

車種によっては、重量のあるルームミラーを支えられない場合もあるから、注意が必要だよ。

 

死角を無くせるかどうかで選ぶ


純正ルームミラーに重ねて、視野を確保できるルームミラーを取り付ける最大のメリットは、死角を無くせるところ。

僕がルームミラーを選ぶ際、一番重視したポイントなんだ。

運転中に死角となりやすいのは、車の左後方部分。

バイクや自転車などが、車の脇をすり抜けて走ってくる場所なんだよね。

後方を確認せずに左折しようとしたり、左車線に変更しようとすると、バイクや自転車を巻き込んでしまう危険があるんだ。

だからルームミラーを選ぶ際は、車の左後方部分をどれだけ見ることができるかは、重要なポイントだよ。

視野が広ければ広いほど、巻き込み事故を起こす確率が減るからね。

 

おすすめの車内ルームミラー

カーメイト 車用 ルームミラー 3000Rパーフェクト270mm クローム鏡 ブラック M9


平面鏡と曲面鏡のいいところを持ち合わせたルームミラー。

自然な距離感を保ちつつ、ワイドな視界を確保してくれるよ。

引用:Amazon.co.jp

サイズは24㎝と27㎝の2種類。

純正ミラーに取り付けても、はみ出しが少なくコンパクトに取り付けられるよ。

夜間でも見やすい、高反射鏡を採用しているから、スモークガラスやプライバシーガラスを使用している車でも、視界を確保できるんだ。

 

ナポレックス 車用ルームミラー 防眩クローム鏡タイプ 300mm 曲面鏡


歪みの少ない高精度曲面鏡を使ったルームミラー。

鏡の表面はクローム処理が施されているから、後続車のヘッドライトの光をしっかり防眩してくれるんだ。

純正ミラーと比べると、平面鏡で約2倍の視野、曲面鏡では約3倍の視野を確保することができるよ。

引用:Amazon.co.jp

純正ミラーでは見えない、死角部分をしっかりカバーしてくれるんだ。

万一落下して割れた時でも、破片の飛び散りを抑える飛散防止加工が施されているから安心だね。

ナポレックス ルームミラーブルー鏡 300mm 平面鏡


明るく見えるアルミ鏡と、眩しさを抑えるクローム鏡を兼ね備えた車内ルームミラー。

太陽光線に含まれる有害な紫外線もカットしてくれる、ドイツFLABEG社(フラベグ社)の光学式高性能ブルー鏡を使っているよ。

純正ミラーと比べると、平面鏡では約2倍、曲面鏡では約3倍の情報量を得ることができるんだ。

引用:Amazon.co.jp

純正では見えない死角部分を、しっかりカバーしてくれるよ。

万が一鏡が割れた時も、破片の飛び散りをおさえる飛散防止対策が施されているんだ。

 

カーメイト 車用 ルームミラー 3000SR DZ445


フレームレス風デザインが魅力の、スタイリッシュな車内ルームミラー。

横幅は270㎜あるから、ミニバンやセダン、コンパクトSUVなどに最適なサイズだよ。

引用:Amazon.co.jp

ワイドな視界と自然な距離感のバランスが良い、3000SRミラーを採用。

鏡の表面にはクローム処理が施されているから、後続車のヘッドライトの眩しさを軽減してくれるんだ。

 

さいごに

車用ルームミラー選びで重要なのは、取り付けることで後方の死角をどれだけ無くせるかどうか。

特に車の左後方は、左折する際にバイクや自転車などを巻き込みやすい、危険な場所なんだ。

広い視野を確保できて、純正に近い距離感で後方を確認できるルームミラーは、安全な運転に欠かせないアイテムだよ。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク