おすすめ記事 PR

モバイルバッテリーのおすすめ9選!選び方のコツは容量と重量をチェックすること

モバイルバッテリー
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、いちもくです。

外出先でスマホの充電が残り少なくなったとき、モバイルバッテリーがあれば便利だと思いませんか?

さまざまな種類のモバイルバッテリーがありますが、選ぶポイントは

  • 本体の重さ
  • バッテリー容量
  • 充電速度

の3つ。

今回は、これまでに20種類のモバイルバッテリーを使ってきた僕が、商品の選び方とおすすめモバイルバッテリーを紹介します。

 

モバイルバッテリーの選び方

「本体の重さ」と「バッテリー容量」のバランスを考える

モバイルバッテリーを選ぶ際、最初にチェックしたいポイントは「本体の重さ」「バッテリー容量」です

バッテリー容量が多ければ多いほど、スマホやタブレットを充電できる回数は増えます。

ただし、容量が多いモバイルバッテリーは、本体の重量やサイズが大きくなってしまいがち。

スマホを1~2回充電しようと思ったら、モバイルバッテリーの容量は5000mAhは欲しいところです。

一般的に、バッテリー容量が5000mAhのモバイルバッテリーであれば、重量は120g程度が目安となります

120g程度であれば、鞄に入れて持ち運んでもさほど邪魔にならないのではないでしょうか。

スマホを2~4回フル充電できる、10,000mAhクラスのモバイルバッテリーになると、本体重量は200gを超えるものもあります。

20,000mAhクラスのモバイルバッテリーになると、重量は400g程度

かなりズッシリとした重さになるので、鞄に入れたまま長時間持ち運ぶのは負担になるかもしれません。

 

実質充電可能回数を考える

実際にモバイルバッテリーで充電できる容量は、バッテリー容量の約6割から7割程度と言われています。

その理由は、USB端子を使ってスマホと接続する際、電圧が変換されるタイミングで電力が消費されるから。

僕はiPhoneを使っていますが、5000mAhのモバイルバッテリーで、1回+半分程度のフル充電ができています。

iPhone7の内蔵バッテリーは、容量1960mAh。

5000mAhのモバイルバッテリーの実質容量を6割と考えると、充電できる容量は3000mAhになります。

だから5000mAhのモバイルバッテリーを使ってiPhone7を充電する場合、1.5回分の充電ができるという計算になるんです。

 

充電速度をチェックする

モバイルバッテリーには、急速充電できるモデルもあります。

スマホを急速充電したいと思ったら、モバイルバッテリーの出力が5V/1.8A(9W)以上は欲しいところ。

モバイルバッテリー本体を充電する際も、入力が5V/1.8A(9W)以上あると、充電時間が短くて済みます。

最近では、接続したスマホやタブレットに合わせて、自動的に最適な充電モードを判断する機能を備えた機種も増えています。

 

おすすめのモバイルバッテリー

Anker 633 Magnetic Battery

メーカー Anker
容量 10,000mAh
入力 5V/3A
出力 5V/3A,9V
サイズ 約107×66×18mm
重量 約218g

MagSafeに対応したモバイルバッテリー。

iPhone 12以降のシリーズであれば、背面にマグネットで吸着させるだけで充電できます。

パススルー機能に対応しており、モバイルバッテリーの充電をしながらワイヤレス充電器として使えるのも魅力。

218gと軽量で厚みも少ないため、スマホと一緒に持っていてもストレスになりません。

家の中では、スタンドを利用してマグネット式ワイヤレス充電器として利用。

外出先では、スタンドを折りたたんでマグネット式ワイヤレス充電対応のモバイルバッテリーとして使えます。

 

ADATA P10000QCD モバイルバッテリー AP10000QCD-DGT-CBK

メーカー ADATA
容量 10,000mAh
入力 5V/3A
出力 5V/4.5A、9V/2A、12V/1.5A
サイズ 約100×50×25mm
重量 約175g

デジタルディスプレイを搭載したモバイルバッテリー。

電池の残量がひと目で確認できます。

2つのUSB-Aポートと、1つのUSB-Cポートが搭載されており、最大3台のデバイスを同時充電可能。

急速充電に対応しているので、外出先でも素早くデバイスを充電できます。

 

Chuda 大容量 小型 モバイルバッテリー

メーカー Chuda
容量 10,000mAh
入力 5V/2A
出力 2ポート 5V/2.1A
サイズ 約88×62×22mm
重量 約179g

手のひらにスッポリ収まる、コンパクトサイズのモバイルバッテリー。

サイズはコンパクトですが、iPhone XSであれば約4回、iPad Pro 9.7であれば約1回充電できます。

USB端子が2つ搭載されているので、スマホを2台同時充電することもできます。

 

HIDISC PD20W, QC3.0対応 20000mAhモバイルバッテリー HD-PD20W20000BTB

メーカー HIDISC
容量 20,000mAh
入力 Micro:DC5V/2A,9V/2A、Type-C:DC5V/3A,9V/2A
出力 USB Type-C:DC5V/3A,9V/2.22A,12V/1.5A、USB-A:DC5V/3A,9V/2A,12V/1.5A
サイズ 約73×143×29mm
重量 約420g

ずっしりとした重さのある、大容量モバイルバッテリー。

20,000mAhの容量があるので、iPhone 12であれば約4回フル充電できます。

USB PDやQuick Chargeに対応しているので、スマホだけでなくタブレットなどのデバイスを充電可能。

たくさんのモバイル機器を持ち歩く人におすすめのモバイルバッテリーです。

 

DeliToo 大容量モバイルバッテリー 26800mAh

メーカー DeliToo
容量 26,800mAh
入力 5V/2A
出力 5V/2.1A、5V/1A
サイズ 約169×82×25mm
重量 約477g

容量26800mAhの、超大容量モバイルバッテリー。

iPhone XSは約7回、iPad miniは約3.5回も充電できます。

キャンプで利用したり、防災グッズとして備えておくのにも便利ですね。

USB出力ポートだけでなく、microUSB、Lightning、Type-Cに対応するポートも搭載。

充電ケーブルを用意すれば、ほとんどのモバイル端末を充電できます。

【2020最新型&26800mAh&PSE認証済】モバイルバッテリー 大容量 パススルー機能搭載 3in1入力ポート(Lightning/micro USB/Type-C) ケーブル1本で充/蓄電 LCD残量表示 2USBポート 最大2.1A出力 二台同時充電 スマホ充電器 携帯充電器 旅行/出張/緊急用 防災グッズ iPhone/iPad/Android各種他対応 DeliToo (レッド)
DeliToo

 

エレコム 20000mAh C+A 20W モバイルバッテリーDE-C34-20000BK

メーカー エレコム
容量 20,000mAh
入力 5V/9V/12V
出力 5V/9V/12V
サイズ 約75×28×150mm
重量 約435g

2つのポートを搭載した、大容量モバイルバッテリー。

20,000mAhの容量があるので、iPhone 12であれば約4回フル充電できます。

USB PDやQuick Chargeに対応しているので、スマホだけでなくタブレットやパソコンなどのデバイスを充電可能。

たくさんのモバイル機器を持ち歩く人におすすめのモバイルバッテリーです。

 

PowerCore Fusion 5000

メーカー Anker
容量 5,000mAh
入力 5V/2.1A
出力 5V/3A(2ポート)
サイズ 約72×70×31mm
重量 約189g

 

コンセントに接続して、USB充電器としても使えるモバイルバッテリー。

コンセントに接続している間は、モバイルバッテリーよりも先にスマホやタブレットを充電してくれます。

 

PowerCore 20100mAh

メーカー Anker
容量 20,100mAh
入力 5V/2A
出力 5V/4.8A
サイズ 約166×58×22mm
重量 約353g

 

4.8Aの出力は、業界トップクラス。

タブレットを同時に2台急速充電することもできる、パワフルなモバイルバッテリーです。

表面は汚れや指紋が付きにくいマット仕上げ。

滑りにくく持ちやすいのが魅力です。

 

シリコンパワー 急速充電 10000mAh Cell C10QC

メーカー シリコンパワー
容量 10,000mAh
入力 5V/9V/12V
出力 5V/9V/12V
サイズ 約91×62×22mm
重量 約184g

名刺サイズのコンパクトなモバイルバッテリー。

3つのポートが搭載されているので、一度に複数のデバイスを充電したい人におすすめ。

iPhone 12であれば、約2回充電できる容量を備えています。

シリコンパワー 急速充電 10000mAh ブラック QC3.0/PD 大容量 モバイルバッテリー iPhone Android対応
SP Silicon Power

 

さいごに

さまざまな種類のモバイルバッテリーがありますが、選ぶポイントは

  • 本体の重さ
  • バッテリー容量
  • 充電速度

の3つ。

カバンの中に常備しておけば、いざというとき重宝しますよ。

それじゃ、またね。

 

ワイヤレステレビドアホン
配線工事の必要なし!ワイヤレステレビドアホンのおすすめ3選こんにちは、いちもくです。 来客があったとき、室内から玄関を確認できるテレビドアホンがあれば、訪問販売対策や防犯対策に役立つと思い...
USB Type-Cハブ
【搭載ポートの種類で選ぶ】USB Type-Cハブのおすすめ10選こんにちは、いちもくです。 薄型ノートパソコンは、デスクトップパソコンに比べて搭載されているUSBポートが少ないと思いませんか? ...
トラッキング防止機能
【ホコリを寄せ付けない】トラッキング防止機能付き電源タップのおすすめ10選こんにちは、いちもくです。 テレビや冷蔵庫のコンセントにホコリが溜まっていないか、頻繁にチェックしている人は少ないのではないでしょ...
USB Type-C用カードリーダー
USB Type-C用カードリーダーのおすすめ6選こんにちは、いちもくです。 デジタルカメラで撮影した写真は、カメラ本体ではなくSDカードに保存するという人も多いのではないでしょう...