モバイルバッテリーのおすすめ7選|本体重量とバッテリー容量に注目すれば、自分にぴったりの商品を選ぶことができる

スポンサードリンク



いちもくです。

僕はこれまでに7種類のモバイルバッテリーを購入して使ってきました。

最近持ち歩いているのは、Ankerのモバイルバッテリーです。

仕事の連絡や検索、ブログ記事の下書きに、スマホやタブレットを使う機会が多いので、いざというときのために、モバイルバッテリーは欠かせないんですよね。

僕はモバイルバッテリーを購入する際、重視しているポイントは2つあリます。

 

ポイントは「本体の重さ」と「バッテリー容量」

僕がモバイルバッテリーを選ぶ際、重視しているポイントは「本体の重さ」「バッテリー容量」の2つです。

バッテリー容量は、多ければ多いほスマホやタブレットを充電できる回数が増えますが、容量が多いモバイルバッテリーは、本体の重量やサイズが大きくなりがちです。

 

本体重量とバッテリー容量のバランスが取れたモバイルバッテリー

スマホを1~2回充電しようと思った場合、モバイルバッテリーの容量は5000mAhは欲しいところですね。

5000mAh程度のモバイルバッテリーであれば、重量は120g程度の製品が主流です。

120g程度であれば、鞄に入れて持ち運ぶのにも、ほとんど苦にならないと思います。

スマホを2~4回フル充電できる、10,000mAhクラスのモバイルバッテリーになると、本体重量は200gを超えるものも増えてきます。

20,000mAhクラスのモバイルバッテリーになると、重量は400g程度

結構ズッシリとした重さになるので、長時間鞄に入れて持ち運ぶと負担になるかもしれません。

 

実際の充電可能回数を考えて選ぶ

5000mAhクラスのモバイルバッテリーであれば、スマホを1~2回はフル充電できるとされています。

でも、実際にモバイルバッテリーで充電できる容量は、バッテリー容量の約6割から7割程度でしかありません。

その理由は、USB端子を使ってモバイルバッテリーとスマホを接続する際、電圧が変換されることで、電力が消費されているから。

僕はiPhone7を使っているのですが、5000mAhの容量のあるモバイルバッテリーを使うと、毎回1回+半分程度のフル充電ができています。

iPhone7の内蔵バッテリーは、容量1960mAh。

5000mAhのモバイルバッテリーの実質容量を6割と考えると、充電できる容量は3000mAhになります。

だから5000mAhのモバイルバッテリーを使って、iPhone7を充電しようとしたら、1.5回分の充電ができるという計算になります。

 

充電速度を考えて選ぶ

モバイルバッテリーの中には、急速充電が可能なモデルもあります。

スマホを急速充電したい場合、モバイルバッテリーの出力が5V/1.8A(9W)以上あると、安定して急速充電ができます。

モバイルバッテリー本体を充電する際も、入力が5V/1.8A(9W)以上あると、充電時間が短くて済みます。

最新のモバイルバッテリーは、ほとんどがこの仕様をクリアしています。

最近のものであれば、スマホやタブレットに合わせて、最適な充電モードを判断する機能を備えた商品も増えています。

モバイルバッテリーを選ぶ際は、充電速度にも注目しておくのがおすすめです。

 

おすすめのモバイルバッテリー

PowerCore Slim 5000

メーカー Anker
容量 5000mAh
入力 5V/2A
出力 5V/2A
サイズ 約126×64×10mm
重量 約118g

 

スリムな形状が特徴のモバイルバッテリー。

表面が滑り止め加工されているので、スマホと重ね持ちしても、画面操作がしやすくなっています。

iPhone7のサイズに合わせて設計されているので、重ね持ちした際にカメラレンズを塞ぐこともなく、てのひらにすっぽりと収まるのは気持ちいいですよ。

僕はこのPowerCore Slim 5000を常に持ち歩いているのですが、スマホと一緒にポケットにストレスなく収納できています。

容量も申し分ない、オススメのモバイルバッテリーです。

 

 

PowerCore Fusion 5000

メーカー Anker
容量 5000mAh
入力 5V/2.1A
出力 5V/3A(2ポート)
サイズ 約72×70×31mm
重量 約189g

 

コンセントに接続して、USB充電器としても使えるモバイルバッテリー。

コンセントに接続している間は、モバイルバッテリーよりも先にスマホやタブレットを充電してくれます。

僕は普段、出張に行く機会が多いのですが、このPowerCore Fusion 5000を持ち歩くようにすれば、余分なACアダプターを持ち歩く必要がなくて重宝しています。

 

 

RAVPower 6700mAh

メーカー RAVPower
容量 6700mAh
入力 5V/2.4A
出力 5V/2A
サイズ 約90×40×25mm
重量 約113g

 

5200mAh以上のモバイルバッテリーの中では、最小・最軽量クラスの商品です。

大きさは、お菓子のスニッカーズとほぼ同じで、重さはみかん1個とほぼ同じ。

コンパクトだけれど、スマホを約2回フル充電できる容量のモバイルバッテリーです。

 

cheero Power Plus 3 10050mAh

メーカー cheero
容量 10050mAh
入力 5V/2A
出力 5V/2.4A(2ポート)
サイズ 約92×62×23mm
重量 約192g

 

出力ポートが2つ用意されており、スマホやタブレットを2台同時に充電できるモバイルバッテリー。

10000mAhを超える容量ですが、本体重量は5000mAhクラスとほぼ同じなので、持ち歩きに便利な商品です。

 

PowerCore Speed 10000 QC

メーカー Anker
容量 10000mAh
入力 5V/2A
出力 5V/3A~12V/2A
サイズ 約100×63×22mm
重量 約198g

 

Quick Charge 3.0対応のモバイルバッテリー。

Galaxy S8などのハイエンドスマホが素早く充電できます。

2017年10月現在、Quick Charge 3.0を搭載した10000mAh以上のモバイルバッテリーの中では、世界最小クラスの商品です。

10000mAhの容量があるモバイルバッテリーとは思えない、サイズと軽さが魅力です。

 

PowerCore 20100mAh

メーカー Anker
容量 20100mAh
入力 5V/2A
出力 5V/4.8A
サイズ 約166×58×22mm
重量 約353g

 

4.8Aの出力は、業界トップクラス。

タブレットを同時に2台急速充電することもできる、パワフルなモバイルバッテリーです。

表面は汚れや指紋が付きにくいマット仕上げで、滑りにくく持ちやすい設計にになっています。

 

Pilot X7 20000mAh

メーカー Poweradd
容量 20000mAh
入力 5V/2A
出力 5V/3.4A(2ポート)
サイズ 約155×80×228mm
重量 約440g

 

これまで発売されていたPilot X7は、2ポートの出力が1+2.1Aだったのですが、これが3.4A+3.4Aにアップグレード。

2台のモバイル端末を、素早く充電することができます。

モバイルバッテリーの容量は、20000mAhと超大容量なので、iPhone7であれば8回充電できる計算になります。

 

さいごに

僕がこれまでにモバイルバッテリーを購入する際、選ぶポイントになっていたのは

  • 本体の重量
  • バッテリー容量」

の2つです。

最近は、急速充電に対応しているかどうかもチェックしています。

出張やアウトドアのキャンプの際にも大活躍する、モバイルバッテリー。

安価で大容量の商品もたくさんあるので、1つ持っているだけで絶対に重宝すると思いますよ。

ではでは。

 

スポンサードリンク