コルグ KORG LP-380 レビュー|高低自在椅子がセットで6万円の、コスパ最強のおすすめ人気電子ピアノ

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は幼い頃、ピアノを習っていたんだ。

今は娘が2人いるんだけど、娘もピアノを習っているんだ。

娘が習い始めたのは2年前からなんだけど、自宅練習用には電子ピアノを使っているよ。

使っているのは、KORG LP-380。

ピアノ初心者だけでなく、中級者にもおすすめの電子ピアノだと思うよ。

 

スペック

カラー
BK(ブラック)
WH(ホワイト)
RD(レッド)
RW(ローズウッド)
鍵盤 88鍵(A0~C8)RH3鍵盤
タッチ・コントロール
ライト
ノーマル
ヘビー
ピッチ トランスポーズ、ファイン・チューニング
音律 9種類
音源 ステレオPCM音源
同時発音数 120(最大)
音色 30種類
エフェクト ブリリアンス、リバーブ、コーラス(各3段階)
デモ・ソング 30種類
メトロノーム テンポ、拍子、アクセント、音量、音色
アンプ出力 22W×2
スピーカー 10cm×2
電源 DC19V、ACアダプター(付属)
消費電力 15W
外形寸法
閉じた状態
1355(W)×351(D)×772(H)mm
キーカバーを開けた状態
1355(W)×351(D)×936(H)mm
質量 37kg(専用スタンド込)
付属品 ACアダプター、ヘッドホン、専用スタンド

LP-380の8つの魅力

スマートでスタイリッシュなデザイン

f:id:ichimokusan:20170802224028p:plain

引用元:LP-380 – DIGITAL PIANO | KORG (Japan)

僕はWH(ホワイト)を買ったんだ。

自宅のインテリアに違和感なく馴染むデザインだったんだよね。

奥行が26センチとスリムだから、置く場所を取らないのが一番の魅力だと思うよ。

キーカバーを閉じた状態だと、トップ部分がフラットになるんだ。

キーカバーを閉める際は、ゆっくりと閉まるソフト・ランディング・タイプになっているから、指を挟む心配も少ないんだ。

 

音質

f:id:ichimokusan:20170802224258j:plain

演奏の強弱に応じて、4つのピアノ・サンプルを切り替えられるんだ。

繊細なタッチが必要な演奏と、ダイナミックな演奏の場合に、その違いがよく分かるんだよね。

ダンパー・ペダルを踏み込んだときの響き(ダンパー・レゾナンス)もあるから、アコースティック・ピアノに近い音で演奏できるよ。

 

大音量でも音が綺麗 高出力アンプ

f:id:ichimokusan:20170802224428j:plain

引用元:Features 1 | LP-380 – DIGITAL PIANO | KORG (Japan)

22W×2出力アンプが付いているから、低音から高音まで、音がよく響くんだ。

スピーカーは、鍵盤の下部に2つ搭載されているよ。

音が自然にピアノから流れ出てくるような、気持ちいい演奏ができるんだ。

 

RH3鍵盤

f:id:ichimokusan:20170802224536j:plain

ハンマーの重さは、4段階に分かれているんだ。

低音部では重く、高音部ではより軽いタッチになるリアル・ウェイテッド・ハンマー・アクション3(RH3)が採用されているよ。

だから、早いパッセージを行っても、アコースティック・ピアノに近い演奏ができるんだ。

それと、タッチの強さによって3段階の音の出方を設定できる、キー・タッチ・コントロール機能も搭載されているんだ。

好みや自分のタッチの強さに合わせて設定すれば、よりリアルなピアノ演奏に近い音が出せるよ。

 

コンパクトなサイズ

f:id:ichimokusan:20170802224614j:plain

電子ピアノを選ぶ理由の1つに、置き場所の問題があると思うんだ。

LP-380は、奥行が26センチとスリムだから、置く場所を選ばないのが一番の魅力だと思うよ。

重量は37kgしかないから、引っ越しや模様替えの際も、簡単に運搬できて便利だよ。

 

3本ペダルでハーフ・ダンパーにも対応

f:id:ichimokusan:20170802224625j:plain

アコースティック・ピアノと同じように、ダンパーに加えてソフト、ソステヌートを使える3本ペダルが標準搭載されているんだ。

ハープ・ペダルにも対応しているので、演奏表現が一気に豊かになるよ。

 

MADE IN JAPAN

f:id:ichimokusan:20170802224727j:plain

引用元:Premium Japan Quality | LP-380 – DIGITAL PIANO | KORG (Japan)

LP-380の魅力は、鍵盤から本体の組み立てまで、全て京都府南丹市美山町で行われているということにあるんだ。

その理由は、高性能な電子ピアノは、大量生産ではつくれないからなんだ。

流れ作業ではない、職人一人一人が責任を持つセルフ方式を取っているよ。

各工程は、認定されたエキスパートが担当しているんだ。

数値の検査は計器を使うけれど、数値では判断できない部分については、人が判断しているんだ。

 

椅子セットで6万円で購入可能

f:id:ichimokusan:20170802224917j:plain

約1万円するピアノ椅子PC-300がセットで、6万円以内で購入できるんだ。

高さ調整機能が付いているから、身長に合わせて椅子を調整することが可能なんだ。

剛性があって、組み立てが簡単な逸品だね。

純正品だから、LP-380と組み合わせて使うのに最適なデザインだよ。

 

LP-380の3つの気になる点

組み立てが必要

組み立て方については、公式サイトの動画で紹介されているよ。

www.youtube.com

女性がひとりで組み立てるのは、少し大変かもしれないね。

 

音質調整

f:id:ichimokusan:20170802224536j:plain

使い始めて間もなくは、弱音を出すのが難しいと感じることがあったんだ。

軽く鍵盤を押すだけで、結構大きな音が出ていたんだよね。

何度か調整することで、アコースティック・ピアノに近い明るい音が出せるようになったんだ。

僕は音色をPIANO1-BANK2に設定して、REVERB OFFに設定、TOUHを3に設定することで、弱音がうまく出せるようになったよ。

 

譜面立て

f:id:ichimokusan:20170802225229j:plain

キーカバーを開けて、譜面を置くことになるんだ。

譜面はうまく置けるんだけど、本を置こうとするとうまくいかなかったんだよね。

今は別売りの譜面台や大き目のクリップを使って、本を置いているよ。

 

さいごに

この価格帯で買える電子ピアノの中では、音色、タッチ感、響きは最高レベルだと思うよ。

製品自体も素晴らしいけれど、コルグ社の経営理念や技術力に惚れ込んだから、僕はこのピアノを購入したんだ。

初めて電子ピアノを購入したいと考えている人や、お手頃価格の電子ピアノを探している人がいたら、是非LP-380をオススメするよ。

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です