ミヤタケ(宮武製作所) プロポーションチェア CH-88W レビュー|子どもから大人まで使える、クッション性に優れたおすすめの姿勢矯正椅子

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

我が家には小6と小4の娘がいるんだけど、2人共椅子に座っているときの姿勢が悪いんだ。

机に向かって宿題をしていても、時間がたつと椅子の上であぐらをかいたり、背中が丸まったりしてくるんだよね。

このままだと、肩こりや腰痛の原因にもなりかねないし、何より目が悪くなりそうで気になったんだ。

何かいい方法はないかと考えた結果、学習用の椅子をバランスチェアに替えてみたんだ。

いろんなバランスチェアを比較して、選んだのはミヤタケのプロポーションチェア CH-88W。

身長に合わせて高さを調整できるから、子どもだけでなく大人も使えるバランスチェアだったよ。

 

プロポーションチェア CH-88W スペック

 

本体サイズ 幅49.5×奥行61-68×高さ43-64cm
本体重量 7kg
素材・材質 本体=天然木(ラッカー塗装)、座面=アクリル・ウレタンフォーム
目安の静止荷重 約80kg
座面高 43-64cm

 

使ってみて感じた、プロポーションチェア CH-88Wの魅力

座るだけで背筋が伸びる

引用:Amazon.co.jp

プロポーションチェア CH-88Wの一番の魅力は、座るだけで姿勢が良くなるところ。

座面が傾いているから、座ると自然に背筋が伸びるようになっているんだ。

勉強中だけでなく、食事中も正しい姿勢を保つことができるよ。

我が家でプロポーションチェア CH-88Wを使い始めてから、娘の座る姿勢がどんどん良くなっていったんだ。

それまでは、椅子の上であぐらをかいて宿題をしたり、背中が丸まった状態で長時間ゲームをしていることも多かったんだ。

プロポーションチェアを使い始めてからは、背筋がピンと伸びた良い姿勢を維持できるようになってきたんだ。

姿勢が良くなると、集中力も増したみたいで、今までよりも短時間で宿題を終わらせられるようになってきたよ。

 

子どもから大人まで使える

引用:Amazon.co.jp

プロポーションチェア CH-88Wは、身長130㎝以上を対象に設計されているんだ。

子どもだけでなく、大人も使うことができるよ。

身長に合わせて高さを調整するのは、プロポーションチェア の後ろにあるネジを回すだけ。

ほかにも、マジックテープで簡単に取り外しできる予備クッションを使えば、身長の低い子どもでも楽な姿勢で座ることができるよ。

僕も時々、プロポーションチェアに座ってパソコンで作業することがあるんだけど、肩や腰が凝りにくいんだよね。

姿勢が良くなると、肩や腰に負担がかかりにくいんだと思うよ。

 

クッション性に優れている

プロポーションチェア CH-88Wの座面は、厚さ6㎝のウレタンが詰まったクッションが使われているよ。

クッション性に優れた素材だから、長時間座っていても疲れにくいんだ。

膝が当たる部分にも、ウレタン素材のクッションが使わているよ。

マジックテープで着脱できる予備クッションを使ったほうが、よりクッション性が高まって、膝が痛くなりにくいんだよね。

 

丈夫な天然木フレーム

本体のフレームには、角を面取りした丈夫な天然木が使われているんだ。

手触りが良く、見た目も綺麗で安心して使えるよ。

フレームの脚部分には、前後に動くキャスターが付いているんだ。

机の下に収納する際など、動かしやすくて便利だよ。

 

カラーバリエーションが豊富

引用:Amazon.co.jp

プロポーションチェア CH-88Wには、全部で6種類のカラーが用意されているんだ。

子どもが使うものだから、気に入ったデザインやカラーのものを選んだほうが、長く使ってもらえると思うよ。

我が家でも、娘の気に入ったカラーのチェアを選んだら、毎日喜んで座るようになったんだ。

親としては、できるだけ汚れが目立たないカラーを選びたかったんだけど、使う本人が気に入ったものを選ぶのが一番いいのかもしれないね。

 

使ってみて感じた、プロポーションチェア CH-88Wの気になる点

組み立てに時間がかかる

プロポーションチェア CH-88Wは、箱に入った状態で届くんだ。

中にはパーツが入っているから、組み立てて使う必要があるんだよね。

この組み立てに、結構時間がかかるんだ。

僕は2つ組み立てたんだけど、1つ組み立てるのに20分くらいかかったよ。

パーツを箱からすべて取り出したら、

基礎となるフレームを組み合わせて

固定用パイプを準備し、固定していくんだ。

組み立て途中のフレームは不安定だから、手を挟まないように注意。

座面や膝当てのクッションは、ボルトで固定していくよ。

組み立て終わったら、最後に座る人の身長に合わせて高さを調整。

組み立て作業は、広めのスペースがあったほうがやりやすいかもしれないね。

 

補助クッションは必須

引用:Amazon.co.jp

膝当て部分に取り付けるための、別売りの補助クッションが用意されているんだ。

この補助クッションは、大人が座る際も使うのがおすすめ。

長時間座ろうとすると、補助クッションがあったほうが膝やスネが痛くなりにくいんだ。

だから僕が座るときも、補助クッションをつけた状態で使っているよ。

僕の娘の身長は、140㎝。

設計上、補助クッションはなくてもいいことになっているんだけど、

補助クッションをつけた方が、座った際の安定感があるんだ。

さほど高価なものではないし、補助クッションがあるだけで快適さが全然違うから、一緒に使うのがおすすめだよ。

 

さいごに

プロポーションチェア CH-88Wは、座るだけで背筋が伸びる、使いやすいバランスチェアなんだ。

子どもから大人まで使えるから、勉強だけでなく食事の際に家族で使うのもいいかもしれないね。

我が家では、最初は小学生の娘2人のために購入したんだけど、自宅でイラストレーターの仕事をしている妻の分も追加購入したんだ

プロポーションチェアを使い始めてから、妻は肩こりや腰痛が減ったと喜んでいるよ。

慣れない頃は、長時間使うと膝やスネが痛くなりがちだけど、正しい姿勢を維持すれば集中力が増すから、勉強や仕事を短時間でこなせるようになると思うよ。

自宅学習やデスクワークの機会が多い人には、おすすめの椅子だね。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください