学習ポスターの魅力と、効果的な学習ポスターの貼り方

スポンサードリンク



いちもくです。

我が家には小5と小3の娘がいるのですが、娘の学習用に、リビングやトイレに学習ポスターを貼っています。

漢字や九九、地図といった学習ポスターを貼っていると、目にする機会が多いから、自然とポスターの内容を覚えるみたいです。

そして、学習ポスターを自宅に貼るようになってから、娘は勉強に対して身構える事が少なくなった気がします。

そんな学習ポスターの魅力と、僕が実践している効果的な学習ポスターの貼り方を紹介します。

 

学習ポスターの魅力

常に目にするから、内容を自然と覚えられる


我が家では、リビングや子ども部屋、廊下、トイレに学習ポスターを貼っています。

娘の目線に合わせて貼るようにしていると、自然に目に入るみたいです。

数か月もすると、ポスターの内容を大人も子供もいつの間にか覚えているんです。

机に向かって暗記するよりも、ストレスなく覚えられるのは、学習ポスターの一番の魅力だと思います。

 

サイズが豊富で、状況に合わせて使い分けられる

市販されている学習ポスターは、大きなものでA2サイズがあります。

A3やB3、B4サイズもあるので、貼りたい場所に合わせてサイズが選べます。

一般的に、大きいサイズのポスターの方が、書かれている情報量が多いんです。

我が家では、世界地図や日本地図の学習ポスターを貼っているのですが、ポスターには地名だけでなく、国旗や地域の特産品も書かれています。

漢字の学習ポスターも、文字が大きい方が見やすくなっています。

反対に、B4サイズといった小さなサイズの学習ポスターは、子ども部屋の壁に貼るようにしています。

科目ごとにたくさんの学習ポスターを貼りたい場合は、小さいサイズがおススメです。

 

年齢や学年に合わせたポスターがある

漢字の学習ポスターは、習う学年ごとのものが用意されています。

算数の場合でも、足し算や引き算、掛け算、割り算、珠算といったものが販売されています。

小学校に入学する前の年齢にぴったりのポスターもあるので、年齢や学年に合わせてポスターを買い替えるのもいいと思います。

我が家では、1枚の学習ポスターを1年近く貼っていると、ポスターが日焼けしたり剥がれてくることが多いので、学年が上がるタイミングで毎年新しいものに交換しています。

 

効果的な学習ポスターの貼り方

僕が学習ポスターを貼る上で気を付けているのは、場所によって貼るポスターのサイズや内容を変えるということです。

 

リビング

我が家のリビングには、ソファを置いています。

ソファの正面に、テレビを置いています。

ソファに座ってテレビを観ながら、自然な視線移動でポスターが見れる位置に貼っています。

貼っているのは、くもんの学習ポスター・世界地図と

くもんの学習ポスター・日本地図です。

A2サイズと大きく、紙質が丈夫なので長く貼っていても劣化しにくいポスターです。

娘は『世界の果てまでイッテQ』が好きで、毎週楽しみに観ているのですが、テレビの近くに世界地図の学習ポスターが貼ってあるので、国名や地名を自然と暗記できているようです。

テレビの近くに貼るポスターとしては、いろんなものを試しましたが、この『くもんの学習ポスター世界地図』と『くもんの学習ポスター日本地図』がベストだと思っています。

 

トイレ

トイレにも、学習ポスターを貼っています。

我が家の場合、算数の学習ポスターを貼っています。

娘が小2の頃は、九九の学習ポスターを貼っていたのですが、九九を全て覚えるのに、さほど時間がかかりませんでした。

トイレは誰にも邪魔されない1人の空間なので、暗記には最適な場所なんだと思います。

 

子ども部屋

子ども部屋には、小さなサイズの学習ポスターを科目別に貼っています。

学年に合わせた漢字のポスターと、計算問題のポスター、植物や動物の生態に関するポスター、住んでいる町の地図、アルファベットのポスターを貼っています。

子ども部屋に貼っているポスターは、毎年学年が上がる毎に張り替えられる、安価で小さめサイズのものを使っています。

 

おすすめの学習ポスター

我が家では、娘が小学校に入学する前から学習ポスターをリビングに貼ってきました。

これまで買った学習ポスターの中で、おススメのポスターを紹介します。

 

栄光ゼミナールの小学生学習ポスターブック 改定新版


小学1年生から6年生まで、学年別に覚えておきたい内容をまとめたポスターです。

国語、算数、理科、社会、英語と、科目別に17枚のポスターになっています。

科目以外にも、お金の話インターネットの使い方十二支を紹介したポスターもあります。

両面印刷になっているので、僕は片面をカラーコピーして子ども部屋に貼っています。

 

くもんの学習ポスター


紙の表面がコーティングされているので、傷や汚れに強い丈夫なポスターです。

くもんの学習ポスターシリーズはバラエティ豊富で、世界地図や日本地図、足し算、引き算、九九と、様々なシリーズが用意されています。

 

 

 

 

文字が大きくて、分かりやすいポスターばかりです。

娘はこのポスターシリーズが一番好きで、リビングや廊下に貼ったポスターの内容を、あっという間に暗記してしまうんです。

 

季節表 リニューアル版


四季を理解するのにぴったりのポスターです。

季節ごとの行事や旬の食べ物、花が1枚のポスターにまとまっています。

睦月、如月、弥生といった、旧暦の呼び名も平仮名で書かれているんです。

僕は学生の頃、旧暦名を暗記するのに手間取ったのですが、こうしたポスターを普段から目にしておけば、自然と覚えられると思います。

 

おんがくのひょう(楽譜基礎編)


僕の娘はピアノを習っています。

このポスターには基礎的な音符が掲載されていて、幼い子供にも分かりやすく、音符や鍵盤の位置が紹介されています。

拍子強弱反復記号も、このポスターで分かりやすく理解できます。

 

ことばの世界を広げる四字熟語(キッズレッスン)


中学入試で多く出題される四字熟語をまとめたポスターです。

気持ちを表現したものや、行動を表したものなど、ジャンルごとに色分けされていて覚えやすいんです

四字熟語に関連したイラストも載っているので、イメージしやすいんですよね。

 

さいごに

いろんな種類の学習ポスターがありますが、貼る場所や内容を考えてポスターを選べば、楽しみながら効果的に暗記することができます。

初めて学習ポスターを自宅に貼る場合は、まずはテレビの近くに地図を貼ってみるのが一番いいかもしれませんよ。

ではでは。

 

スポンサードリンク