兵庫県西宮市の門戸厄神東光寺 アクセス方法と境内のパワースポット9選

スポンサードリンク



いちもくです。

兵庫県西宮市に、日本の三大厄神と1つとされる門戸厄神東光寺があります。

あらゆる災厄を打ち払うとされる厄神明王が祀られていて、全国から厄払いに訪れる人が多いお寺です。

そんな門戸厄神東光寺へのアクセス方法と参拝方法、そして絶対に訪れておきたい境内にあるのパワースポットを紹介します。

 

門戸厄神東光寺

住所 兵庫県西宮市門戸西町2-26
電車 阪急今津線 門戸厄神駅より約700m

 

アクセス方法

駐車場は60台分ありますが、初詣の時期は混雑するので、電車を使うのがオススメです。

阪急今津線の門戸厄神駅が最寄り駅になります。

 

駅を出るとすぐに、スクランブル交差点があります。

 

目の前に大きな看板が出ているので、看板に沿って歩いて行きましょう。

 

道沿いにはいくつも看板があるので、迷うことは無いと思います。

 

駅から門戸厄神東光寺へ向かう途中にある、厄除まんじゅうを売っている鈴屋雅遊庵

美味しいだけでなくご利益のある「厄除まんじゅう」が売っている店として、地元では有名です。

関連ランキング:和菓子 | 門戸厄神駅甲東園駅

 

鈴屋雅遊庵の辺りから、登り坂になっています。

坂の両側には、無料駐車場がいくつかあります。

平日はガラガラだですが、厄除大祭の時期や年末年始は、道路規制で使えない事が多いので注意が必要です。

 

坂を上りきったところにあるのは、南門。

 

ここから入らず、看板に従って表門に向かいます。

 

境内のパワースポット

男厄坂と表門

ここが表門へ通じる階段。

 

男厄坂という名前が付いていて、男性の厄年にちなんだ42段の階段になっています。

この階段を一段ずつ登ることで、厄を落とすという意味が込められています。

 

男厄坂を上りきると、西宮市の景色が一望できます。

東側なので、初日の出スポットとしても人気の場所です。

 

ここが門戸厄神東光寺の表門。

阪神淡路大震災で全壊しましたが、綺麗に再建されました。

 

女厄坂と中楼門

表門をくぐると正面に見えるのが、中楼門。

 

中楼門の下には、女厄坂という名の階段があります。

この階段の数は、女性の厄年にちなんだ33段。

この階段を一段ずつ登ることで、厄を落とすという意味が込められています。

 

厄神堂

中楼門をくぐると正面に見えるのが、厄神明王をお祀りしている厄神堂です。

祀られている厄神明王は、あらゆる災厄を打ち払うと言われています。

天長6年(829年)、嵯峨天皇が41歳となった御厄年に、夢の中に愛染明王と不動明王が一体となって現れました。

そこで、嵯峨天皇は空海に祈願を命じ、空海は両明王が一体となった厄神明王像を三体刻みました。

三体の厄神明王は、和歌山県の天野大社、京都府の石清水八幡宮、そして門戸厄神東光寺に勧請されますが、現在残っているのはこの門戸厄神東光寺にある一体のみです。

だからこの厄神堂は、弘法大師空海と深い由縁のある強力なパワースポットなんです。

 

大黒堂・愛染堂

厄神堂に向かって左隣には、大黒天と愛染明王をお祀りした御堂があります。

大黒天は、商売繁盛のご利益がある仏様。

愛染明王は、縁結びのご利益がある仏様です。

 

大師堂

弘法大師空海をお祀りした御堂。

境内の南に位置しており、他の御堂に比べて静寂さを感じられる場所です。

 

延命魂(根)

延命魂(根)は、高野山の奥の院にある、弘法大師御廟近くの参道にあった、高さ60メートル・樹齢800年を経た杉の木の根です。

高野山の霊木で、延命や病気平癒(全快)の御利益があるとされています。

延命魂(根)に触れながら、身体の悪い部分やお願い事を祈念すると、願いがかなうとされているパワースポットです。

 

祈願かえる

古くから蛙にお祈りしてお願いすると、元にかえる、無事にかえる、栄えると言われています。

お金や絆、無くしたものがかえるというご利益があるとされています。

祈願すれば、運気が上がって何事も飛び越え飛躍できると言われているパワースポットです。

 

宝輪杉

高野山の奥の院で、800年間歴史を見続けた杉の木。

年輪1つ1つに、その時代の出来事が深く刻まれています。

宝輪杉の前には、年表が用意されているので、その時代に生きた人々や出来事に静かに思いを馳せることができます。

 

慶寿石

元々樹木だったものが、8000万年地中にあったことで、石に変化したものです。

大自然の力が宿った石なので、やさしく触れることで神秘的な力を受け止めることができます。

 

さいごに

門戸厄神東光寺は、弘法大師空海が刻んだ三体の厄神明王のうち、唯一現存している明王が祀られた由緒あるお寺です。

厄年になったら、あらゆる災厄を打ち払うとされている、厄神明王の御利益に是非あやかりたいですね。

厄払い以外にも、十三詣や宮参り、交通安全祈願、人形供養などが行われています。

弘法大師空海と深い由縁のある、門戸厄神東光寺。

1000年以上の歴史がある、由緒正しきパワースポットでした。

ではでは。

 

 

大阪の安居神社は、日本一の兵・真田信繁(幸村)終焉の地として有名な神社|菅原道真公も飲んだ霊水「安井の清水」のご利益とは

2018年3月19日

京都の晴明神社は、魔除け・厄除けの霊験あらたかなパワースポット|安倍晴明は、なぜこの場所に屋敷を構える必要があったのか

2018年1月14日

兵庫県西宮市の廣田神社は、阪神タイガースゆかりのパワースポット|「西宮」の地名の由来になった、由緒正しき兵庫県最古の神社

2017年12月28日

兵庫県の西宮神社は、「福男」「十日えびす」で有名な神社|明るく和やかな雰囲気に包まれている、異色のパワースポット

2017年10月17日
 

スポンサードリンク