狐のお面を被った和楽器アンサンブル集団「真秀 Mahora(まほら)」の演奏が、超絶カッコ良くて惚れてもうた!

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

最近、YouTubeで繰り返し聴いている音楽があるんだ。

「真秀 Mahora(まほら)」という、和楽器アンサンブル集団なんだけど、ルパン三世や宇多田ヒカル、映画サントラといった有名曲を和楽器で演奏しているんだ。

誰もが一度は聴いたことのある名曲が、魅力あふれる美しい音色にカバーされていて、一度聴いたらやみつきになっちゃったんだ。

 

真秀という言葉

f:id:ichimokusan:20170727195300j:plain

「まほら」という言葉は、古くは万葉集にも登場する言葉なんだ。

万葉集に編纂されている和歌に

大和は国の真秀ろば 畳なづく青垣 山籠れる 大和しうるはし
(やまとはくにのまほろば たたなづくあおがき やまごもれる やまとしうるはし)

という歌があるんだ。

歌の意味は、

大和は国の中で一番良いところ。

何重にも重なり合った青い垣根のような山々に囲まれている。

そんな大和は本当にうるわしい場所である。

という意味だよ。

「真秀」という言葉を国語辞典で調べると、

完全であること、整っていること、またはそのさま。

本格的であること、正式であること、またはそのさま。

といった解説が書かれているよ。

大辞林 第三版

広辞苑 第六版 (普通版)

 

和楽器アンサンブル集団「真秀 Mahora(まほら)」

twitter.com

「真秀 Mahora(まほら)」のメンバーは、東京藝術大学の卒業生で構成されているんだ。

全員、狐の面を被って演奏しているよ。

箏、17絃、尺八、胡弓などの和楽器を使い、いろんな有名曲を演奏しているんだ。

Youtubeにチャンネルを開設して、演奏動画を公開しているんだけど、チャンネル登録者は1万件を超えているよ。

それもそのはず、1つ1つの和楽器の演奏レベルが高いのはもちろんのこと、奏でるハーモニーが素晴らしいんだ。

思わずテンションの上がる曲から、リラックスできる曲まで、幅広く演奏されているんだよね。

 

絶対に聞いてほしい真秀の曲7選

和楽器で本気のルパン三世!

この動画の再生回数は、80万回を超えているんだ。

聴いていて清々しい気持ちになる演奏だね。

五右衛門の登場シーンや戦闘シーンに流れたらぴったりだと思うんだけどな。


和楽器で本気のルパン三世!

 

和楽器でF1のテーマ曲弾いてみた!

とにかくカッコいい!

鈴鹿で開催されるF1グランプリでは、こうした和の演奏を是非使ってもらいたい気がするな。


和楽器でF1のテーマ曲弾いてみた!

 

和楽器でRomanticが止まらないを弾いてみた!

往年の名曲、C-C-Bの『Romanticが止まらない』の和楽器演奏バージョン。

尺八の高音が素晴らしい!


和楽器でRomanticが止まらないを弾いてみた!

 

パイレーツオブカリビアンのテーマ曲を和楽器で弾いてみた!

映画のサントラを和楽器で演奏するだけで、こんなに印象が違うものになるんだね。

元寇や赤壁の戦いをテーマにした映画でも、違和感なく使えそうな気がするな。


パイレーツオブカリビアンのテーマ曲を和楽器で弾いてみた!【Pirates of the Caribbean】Japanese Cover 「彼こそが海賊」和楽器で弾いてみた!

 

和楽器でアリエッティ弾いてみた!

ジブリ映画の名曲も、和楽器で演奏すればガラリと雰囲気が変わるね。

借り暮らしのアリエッティのキャッチコピーは『人間に見られてはいけない』。

狐面のメンバーが演奏する姿も、人間に見られたら煙のように消えてしまいそうな幻想的なイメージが素敵なんだ。


和楽器でアリエッティ弾いてみた!

 

和楽器で対象aを弾いてみた!

『ひぐらしの鳴く頃に』のテーマ曲。

静かな夜、月を眺めながら聴いてみたい曲だね。


和楽器で対象aを弾いてみた!

 

【花 舞】 箏曲

真秀の演奏の中で、僕はこの曲が一番好きなんだ。

妖かしの狐に、異世界に連れて行かれるような不思議な雰囲気を持った曲だよ。


【花 舞】 箏曲

さいごに

僕は幼い頃からピアノをやっていて、時々娘のために買った電子ピアノで、ルパン三世のテーマやTM NETWORKの曲を弾くことがあるんだ。

和楽器はいいね。

ガラリと曲の雰囲気が変わるからね。

「真秀 Mahora」の演奏を聴いていたら、今度筝を習いに行きたくなったんだ。

これから真秀のいろんな演奏を、YouTubeやフェスで聴けるのかなと思うと、凄く応援したくなったんだよね。

真秀の皆さんとは一度もお会いしたことはない、単なるイチファンでしかないいちもくの独り言でした。

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です