Pocket Wi-Fi 303ZT/304ZT/305ZT レビュー|タッチパネルが使いやすい、安定した高速通信が魅力のおすすめモバイルルーター

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は営業の仕事をしているんだけど、外出中にパソコンで作業することが多いんだ。

だからモバイルルーターを持ち歩いているんだけど、使っているのはSoftBankのPocket Wi-Fi 303ZT。

使い始めて半年くらい経つんだけど、高速通信が長時間使える、おすすめのモバイルバッテリーだよ。

 

Pocket Wi-Fi 303ZT/304ZT/305ZTとは

僕が使っている303ZTには、型番は違うけれどまったく同じスペックのルーターがあるんだ。

303ZTは、個人契約用のソフトバンクモバイルルーター。

304ZTは、法人契約用のソフトバンクモバイルルーター。

そして305ZTは、ワイモバイル用のモバイルルーターなんだ。

 

スペック

製造メーカー ZTEコーポレーション
インターフェース USB 2.0
サイズ 幅117×高さ62×厚さ13.9mm
重さ 約150g
通信方式 4G方式(FDD-LTE/AXGP)、3G方式
通信速度 SoftBank4G 下り最大165Mbps/上り最大10Mbps
通信速度 SoftBank4G LTE 下り最大187.5Mbps/上り最大37.5Mbps
連続通信時間 約9時間
連続待ち受け時間 約1000時間
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac

使ってみて感じた、303ZT/304ZT/305ZTの魅力

ボタンが少なくて使いやすい

本体のボタンは、端末上部に2つ付いているだけなんだ。

端末上部にあるボタンは、電源ボタンロックボタン

電源ボタンをONにすれば、立ち上がりまで約20秒くらいなんだ。

パソコンやiPhoneなどに表示されるSSIDを選んで、セキュリティキーを入力すれば、2回目からは自動的にWi-Fiに接続できるよ。

端末下部には、microUSB対応の外部端子SIMカード差込口があるんだ。

 

タッチパネル式だから使いやすい

本体上部の電源ボタンをONにした後は、全ての設定はタッチパネルで行うんだ。

タッチ感度は上々。

メニューもアイコンスタイルで分かりやすいから、初心者でも簡単に設定できるよ。

タッチパネルに表示されるアイコンメニューは、全部で9つあるんだ。

データ通信料 毎月1回、自動リセットする日を設定可能
SSID SSIDとパスワードを自由に設定可能
お知らせ キャリアからのお知らせを表示
インターネットWi-Fi ソフトバンクWi-Fiスポット接続設定が可能
接続数 接続されている端末数を表示
設定 画面ロック設定や言語設定が可能
WPS 無線LANの接続設定が簡単にできる
端末情報 端末の電話番号やソフトウェアバージョンを確認できる
ヘルプ 各種メニューのアイコン説明など

それぞれのアイコンをタップすれば、詳細を設定できるようになっているよ。

 

データ通信量が一目で確認できる

タッチパネルのアイコンに、データ通信量が確認できるメニューが用意されているんだ。

どのくらいのデータ通信量を使ったか、毎日確認できるのは便利だね。

僕は月10GBの通信量プランを契約しているから、アイコンのデータ通信量を確認しながら、計画的にWi-Fiを使うようにしているんだ。

 

自宅の無線LANやWI-Fiスポットの中継器として使える

インターネットWi-Fiというメニューが用意されているんだけど、この機能は、本体を自宅の無線LANルータやWi-Fiスポットの中継器として使える機能なんだ。

いわゆるブリッジ機能だね。

街中のソフトバンクWi-Fiスポットで使えるように設定しておけば、データ通信量を消費せずに、高速通信が可能になるんだ。

 

長時間バッテリー

2700mAhの大容量バッテリーが搭載されているから、長時間使えて便利なんだ。

カタログでは、バッテリー駆動時間は約9時間となっているよ。

僕は303ZTを約半年間使っているんだけど、8時間から9時間は使えているよ。

朝に電源をONにしても、夕方までしっかり使えるんだ。

 

安定した高速通信

303ZT/304ZT/305ZTは、Hybrid 4G LTE対応機種なんだ。

Hybrid 4G LTEとは、「SoftBank 4G LTE」と「SoftBank 4G」の2つの高速通信が使える、高速マルチネットワーク対応のこと。

常に安定した高速通信ができるから、ストレスなくネットを使えるんだ。

 

同時接続14台

303ZT/304ZT/305ZTに同時接続可能な端末台数は、14台。

僕は普段、パソコンやiPhone、iPad、Android端末を持ち歩いているんだけど、4台を同時接続しても、快適な高速通信ができているよ。

最大14台の端末で、安定した通信ができるから、会議や打ち合わせでも重宝しているんだ。

 

使ってみて感じた、303ZT/304ZT/305ZTの気になる点

最新機種に比べると、重い

303ZT/304ZT/305ZTの本体重量は、約150g。

最新のモバイルルーターの中には、70g程度のものもあるから、重量は倍近いことになるね。

150gとは言っても、鞄に入れて持ち運べばさほど気にならない重さなんだ。

 

さいごに

303ZT/304ZT/305ZTは、2014年に発売されたモバイルルーターだけど、通信速度や安定性に全く不満なく使えているんだ。

タッチスクリーンの反応がいいから、設定もストレスなく、簡単にできるよ。

普段パソコンやスマホ、タブレットを複数台持ち歩く人にとっては、安定した通信環境を安価に手に入れられる、おすすめのWi-Fiルーターだよ。



じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください