商品レビュー記事

Pocket Wi-Fi 303ZT/304ZT/305ZT レビュー|タッチパネルが使いやすいモバイルルーター

モバイルルーター

こんにちは、いちもくです。

外出先でパソコンを使う場合、モバイルルーターがあれば便利だと思いませんか?

そんな人におすすめなのが、SoftBankのPokcket Wi-Fi 303ZT。

約9時間の連続通信が可能な、大容量バッテリーを搭載したモバイルルーターなんです。

今回は、Pocket Wi-Fi 303ZTを実際に使ってみた感想を、本音でレビューしていきます。

 

Pocket Wi-Fi 303ZT/304ZT/305ZTとは

303ZTには、型番違いでまったく同じスペックのルーターが2種類あります。

303ZT 個人契約用のソフトバンクモバイルルーター
304ZT 法人契約用のソフトバンクモバイルルーター
305ZT ワイモバイル用のモバイルルーター

 

Pocket Wi-Fi 303ZT スペック

created by Rinker
softbank (ソフトバンク)

製造メーカー ZTEコーポレーション
インターフェース USB 2.0
サイズ 幅117×高さ62×厚さ13.9mm
重さ 約150g
通信方式 4G方式(FDD-LTE/AXGP)、3G方式
通信速度 SoftBank4G 下り最大165Mbps/上り最大10Mbps
通信速度 SoftBank4G LTE 下り最大187.5Mbps/上り最大37.5Mbps
連続通信時間 約9時間
連続待ち受け時間 約1000時間
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac

使ってみて感じた、303ZT/304ZT/305ZTの魅力

ボタンが少なくて使いやすい

本体に搭載されているボタンは、端末上部に2つだけ。

電源ボタンとロックボタンの2種類です。

電源ボタンをONにすれば、約20秒で本体が起動します。

パソコンやiPhoneなどに表示されるSSIDを選んで、セキュリティキーを入力すれば、2回目からは自動的にWi-Fiに接続できます。

端末下部には、microUSB対応の外部端子とSIMカード差込口があります。

 

タッチパネル式だから使いやすい

全ての設定は、タッチパネルで行います。

タッチ感度は上々。

メニューはアイコンスタイルなので、直感的に操作できます。

タッチパネルに表示されるアイコンメニューは、全部で9種類。

データ通信料 毎月1回、自動リセットする日を設定可能
SSID SSIDとパスワードを自由に設定可能
お知らせ キャリアからのお知らせを表示
インターネットWi-Fi ソフトバンクWi-Fiスポット接続設定が可能
接続数 接続されている端末数を表示
設定 画面ロック設定や言語設定が可能
WPS 無線LANの接続設定が簡単にできる
端末情報 端末の電話番号やソフトウェアバージョンを確認できる
ヘルプ 各種メニューのアイコン説明など

それぞれのアイコンをタップすれば、詳細設定が行えます。

 

データ通信量が一目で確認できる

タッチパネルのトップ画面に、データ通信量が表示されます。

どのくらいのデータ通信量を使ったか、毎日確認できるので便利。

アイコンのデータ通信量を確認しながら、計画的にWi-Fiを使えます。

 

自宅の無線LANやWI-Fiスポットの中継器として使える

インターネットWi-Fiというメニューを使えば、自宅の無線LANルータの中継器として利用できます。

いわゆる、ブリッジ機能です。

街中のソフトバンクWi-Fiスポットで使えるように設定しておけば、データ通信量を消費せずに高速通信も可能です。

 

長時間バッテリー

搭載されているバッテリー容量は、2700mAh。

約9時間の連続通信が可能です。

303ZTを使い始めて約半年経ちますが、毎日約8時間から9時間は使えています。

朝に電源をONにすれば、夕方まで電池が持つので安心です。

 

安定した高速通信

303ZT/304ZT/305ZTは、Hybrid 4G LTE対応機種。

Hybrid 4G LTEとは、「SoftBank 4G LTE」と「SoftBank 4G」の2つの高速通信が使える、高速マルチネットワーク対応のことです。

常に安定した高速通信ができるので、途切れることなくストレスフリーなネット接続が可能です。

 

同時接続14台

303ZT/304ZT/305ZTに同時接続可能な端末台数は、14台。

会議や共同作業する際も便利です。

 

使ってみて感じた、303ZT/304ZT/305ZTの気になる点

最新機種に比べると、重い

303ZT/304ZT/305ZTの本体重量は、約150g。

最新のモバイルルーターの中には、70gを切るモデルもあります。

最新機種と比べると、重量は倍以上。

ただし150gとは言っても、鞄に入れて持ち運べばさほど気にならない重さです。

 

さいごに

SoftBankのPokcket Wi-Fi 303ZTは、約9時間の連続通信が可能なモバイルルター。

パソコンやスマホ、タブレットを複数台持ち歩く人にとっては、安定した通信環境を長時間維持できる、おすすめのWi-Fiルーターですよ。

それじゃ、またね。

 

created by Rinker
softbank (ソフトバンク)

 

無線LANルーター
BUFFALO バッファロー WHR-1166DHP4 レビュー|アプリを使って簡単設定できる高速無線LANルーターこんにちは、いちもくです。 アプリを使って簡単に初期設定できる無線LANルーターがあれば、とっても便利だと思いませんか? そ...
無線LAN中継器
TP-Link TL-WA850RE 無線LAN中継器 レビュー|Wi-Fi環境が劇的に向上するおすすめ中継器こんにちは、いちもくです。 自宅で無線LANを使っているけれど、部屋によってはつながりにくかったり、速度が遅いなんてことはありませ...
モバイルバッテリー
フォーテックス レザーパワーバンク レビュー|ギフトにも使える、名入れができるモバイルバッテリーこんにちは、いちもくです。 イベントや記念日のギフトに、オリジナル感溢れる名入れギフトを贈ってみたいと思いませんか? グラス...

https://ichimokusan.info/willgooapplepencilcasereview/