tp-link TL-WA850RE 無線LAN中継器 レビュー|安価で簡単に設定できる、ネット環境を劇的に改善できるおすすめ中継器

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕はマンションに住んでいるんだけど、家の中で無線LANが繋がりにくい部屋があるんだ。

家族は全員、スマホやパソコンを使う事が多いから、無線LAN中継器を使って、家中でネットに繋がりやすい環境をつくってみたよ。

使っている中継器は、tp-linkのTL-WA850RE。

安価で設定も簡単な、オススメの中継器だよ。

 

TL-WA850RE

 

スペック

 

無線LAN規格 11n/11g/11b
転送速度 300Mbps(11n)、54Mbps(11g)、11Mbps(11b)
有線LANポート 100BASE-TX、100BASE-T
外形寸法 100×65.8×75.2mm
電源 100-240V 50/60Hz
消費電力 約3W
重量 286g

 

TL-WA850REの魅力

ワイヤレス接続をブースト(後押し)できる

画像引用元:tp-link

TL-WA850REは、Wi-Fi信号の到達範囲を拡大してくれる中継器なんだ。

信号の到達を緩和することも可能だから、自宅やオフィスの安定したネットワークを構築するツールとしても利用できるよ。

 

セットアップが簡単

画像引用元:tp-link

WPSボタンを押せば、2分以内にネットワークに接続できるんだ。

一度既存のルーターに接続すれば、再設定の必要がないのは魅力だね。

箱に入った状態の、TL-WA850RE。

 

中には、本体と取扱説明書、LANケーブルが入っているよ。

 

使い方はとっても簡単。

まずは箱から取り出したTL-WA850REを、ルータ近くのコンセントに差し込むんだ。

 

次にメインルータのWPSボタンを押して、2分以内にTL-WA850REのイーサネットボタンを押す。

 

RE LEDが点滅から点灯に変われば、接続完了だよ。

 

次に、メインルータと接続できたTL-WA850REを、ルータとWi-Fiが届かないエリアの中間地点に設置するんだ。

TL-WA850REは、必ずWi-Fiが届く位置に設置する必要があるよ。

5段階のシグナルライトで、信号の強度を確認できるんだ。

画像引用元:tp-link

 

シグナルライトが3つ以上点灯していれば、快適にインターネットに接続できるよ。

3つ以下の場合は、接続が不安定になったり遅くなったりする場合が多いから、よりルータの近くに設置し直す必要があるんだ。

 

コンパクトで邪魔にならない

画像引用元:tp-link

TL-WA850REは、コンセントに直接差し込むだけで使える商品なんだ。

カラーはホワイトで、コンセント周辺の壁紙デザインにも溶け込みやすいから、場所を取らず目立たない中継器だよ。

 

LAN端子用無線子機にもなる

画像引用元:tp-link

TL-WA850REには、有線LANポートが付いているんだ。

有線でしかネットワークに接続できない機器でも、無線子機として使用できるんだ。

ブルーレイプレイヤーやゲーム機、デジタルビデオレコーダー、インターネットテレビといった機器を接続するための、無線アダプタとしても利用できるよ。

使い方は簡単で、ルータと接続済みのTL-WA850REと、有線接続のみに対応したデバイスを、LANケーブルで接続するだけなんだ。

 

5段階のシグナルライトで、信号強度を確認できる

画像引用元:tp-link

TL-WA850REには、スマートシグナル・インジケータ・ライトが付いているんだ。

5段階のシグナルライトで、信号強度が確認できるよ。

3つ以上のシグナルライトが着く場所に、ルータを設置するのがオススメだよ。

3つ以下の場合は、接続が不安定になったり遅くなったりする場合が多いから、ルータの近くに設置し直す必要があるんだ。

 

アプリで操作可能

TP-Link Tether
TP-Link Tether
無料
posted with アプリーチ

 

専用アプリをダウンロードすれば、ナイトモードと言った機能をスマホからコントロールできるよ。

 

3年保証がついている

TL-WA850RE には、3年保証がついているんだ。

3年以内であれば、電話やメールでの技術サポートが受けられるよ。

 

日本語の解説書が分かりやすい

TL-WA850REを製造しているtp-kinkは、中国のメーカーなんだ。

海外メーカーの製品だけど、日本語で書かれた取扱説明書が用意されているんだ。

図解入りで分かりやすいから、設定に戸惑うことも無いと思うよ。

 

TL-WA850REの気になる点

上位機種の方が接続速度が速い

Tp-link製の中継器には、上位機種の商品がいくつかあるんだ。

TL-WA850REの接続速度は、最高で300Mbps。

上位機種のRE200は、最高接続速度433Mbps+300Mbps。

 

RE305は、最高接続速度867Mbps+300Mbps。

 

RE450は、最高接続速度1300Mbps+450Mbps。

 

最上位モデルでも3000円台で購入できるから、速度を求める人は上位機種を選ぶ方がいいだろうね。

 

さいごに

自宅や職場の無線LAN環境を改善するのに、便利な中継器。

TL-WA850REは、安価だけれど安定した接続ができる中継器なんだ。

設定も簡単だから、届いたらすぐに使えるのが魅力だね。

Tp-link社の中継器には、上位機種も揃っているけれど、TL-WA850REはお手頃で使いやすい商品だから、初めて中継器を使いたい人にオススメの商品だよ。

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です