山善(YAMAZEN) ステンレス製 土起こし器 STG-5 レビュー|軽くて使いやすい、おすすめの掘り起こし器

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は長年マンションに住んでいたんだけど、最近一戸建てに引っ越したんだ。

自宅には広めの庭があるから、いろんな花や木を植えてみたよ。

引っ越し当初は、庭には雑草が生い茂っていたから、まずは雑草を処理することから始めたんだ。

次にやったのが、庭の土起こし。

土を耕して柔らかくすることで、植物が育ちやすい環境を作ったんだ。

土起こしに使ったのは、山善のステンレス製土起こし器STG-5。

広い畑や庭を耕すのであれば、耕運機を使うのがいいのかもしれないけれど、我が家の庭は20坪弱の広さだから、土起こし器で十分だったんだよね。

ステンレス製土起こし器STG-5は、軽い力で掘り起こせる、使いやすい土起こし器だったんだ。

 

ステンレス製土起こし器STG-5 商品概要

 

本体サイズ 幅43.5×奥行9×高さ96.5cm
本体重量 2kg
材質 本体(ステンレス鋼、スチール)、ハンドル部(塩化ビニル樹脂)

 

使ってみて感じた、ステンレス製土起こし器STG-5の魅力

軽くて持ち運びしやすい

STG-5の本体には、軽くて丈夫なステンレスが使われているんだ。

ステンレス以外にも、スチールが使われているよ。

本体の重さは約2㎏。

持ち運びしやすいから、女性や子どもでも簡単に土起こしすることができるんだ。

 

軽い力で掘り起こせる

引用:Amazon.co.jp

STG-5は、てこの原理を使って土を掘り起こす道具なんだ。

まずは掘り起こしたい土に、尖った5本の先端を思い切り突き刺そう。

深く地面に刺すためには、片足を載せて体重をかけてみてもいいだろうね。

地面に刺さったら、ハンドルを下向きに倒すだけ。

てこの原理で、軽い力で土を掘り起こすことができるよ。

 

土に差し込みやすい

引用:Amazon.co.jp

STG-5の先端は、5本に分かれているんだ。

一番長い中央のパイプは、約25センチ。

横幅は約20センチあるよ。

1回で20センチ四方の土を掘り起こすことができる計算になるんだ。

鋭利な先端部分は、丈夫なステンレス製になっているよ。

スコップよりも土に入りやすいから、差し込みが楽なんだ。

鍬(くわ)のように振り上げる必要がないから、子どもでも安全に使うことができるよ。

今回は小学生の娘が手伝ってくれたんだけど、あっという間に10坪ほど土起こしができたんだ。

 

使ってみて感じた、ステンレス製土起こし器STG-5の気になる点

固い土で使うと、先端が曲がってしまう場合がある

引用:Amazon.co.jp

STG-5は、ステンレスとスチールでできているんだ。

土起こし器の中には、アルミでできているものもあるんだけど、固い土を掘り起こそうとすると先端が曲がってしまうものもあるんだよね。

STG-5はスチール製だから、アルミよりも強度があるんだ。

でも、固い土を掘り起こそうとすると、曲がってしまうこともあるから注意が必要だよ。

もしも曲がってしまったら、ハンマーなどで叩くのがおすすめ

簡単に元の状態に戻すことができるよ。

 

使用後のメンテナンスは大切


STG-5は、ステンレスとスチールが使われているから、丈夫で錆に強いんだ。

錆びに強いとは言っても、使った後にちょっとしたメンテナンスをするだけで、耐久性が違ってくるんだ。

使った後、まずは泥汚れをしっかりと落としておくことが大切だよ。

水洗いするだけでも十分だから、洗ったら水滴をしっかり拭き取っておくのがおすすめ。

刃物クリーナーを使えば、綺麗に汚れを落とすことができるんだ。

 

さいごに

山善のステンレス製土起こし器STG-5は、軽い力で土を掘り起こせるアイテムなんだ。

鍬のように振り上げる必要が無いから、女性や子どもでも安心して使えると思うよ。

使い方次第では、芋堀り用にも便利なアイテムかもしれないね。

我が家では、このSTG-5を使って庭の土起こしをしたんだ。

土起こし後、花を植えたり芝生を植えたりして、庭づくりを家族で楽しんでいるよ。

じゃ、またね。

 

 

スポンサードリンク