大人用キックボードのおすすめ6選|耐荷重とタイヤサイズで選ぶ、安全面に考慮したキックスケーター

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

今年のクリスマスに、小学生の娘にキックボードをプレゼントしたんだ。

毎日楽しそうに遊んでいる姿を見て、僕もキックボードが欲しくなったから、大人用のキックボードを探してみたんだよね。

子ども用と違って、大人用のキックボードはバリエーションが豊富だから、通勤や買い物など実用的な用途で使えるものも多いんだ。

いろんなキックボードを比較して、僕が選んだのはBuggycross 12inch BGW-12

 

大人用キックボードを選ぶ際に注意したポイントと、オススメのキックボードを紹介するね。

 

大人用キックボードは、耐荷重で選ぶ

引用:SUNPIE

子ども用のキックボードは、耐荷重が50キロ程度までしか対応していないものが多いんだ。

商品によっては、80キロ程度まで対応したものもあるよ。

大人用キックボードを選ぶ際は、耐荷重が100キロ程度のものがおすすめ。

耐荷重に優れている者は、剛性にも優れているんだ。

大人の場合は、子どもよりも速いスピードで走ったり、走行距離が長い場合が多いから、剛性に優れた商品を選ぶのがおすすめだよ。

 

安全性を考えると、ブレーキは大切

引用:SUNPIE

キックボードには、前輪ブレーキが搭載されたものと、後輪ブレーキが搭載されたもの、そして前後輪ブレーキが搭載されたものの3種類があるんだ。

前輪ブレーキが搭載されている商品は、ハンドルにブレーキレバーが付いているものがほとんどなんだよね。

前輪ブレーキ搭載車の場合、スピードが出ている状態で前輪にブレーキがかかると、転倒する恐れがあるから、僕はあまりオススメはできないかな。

後輪ブレーキ搭載車は、後輪カバーを踏んでブレーキをかけるタイプのものが多いんだ。

キックボードの性質を考えると、後輪ブレーキタイプ前後輪ブレーキタイプのものを選んだ方が、安全だと思うよ。

 

タイヤの種類で走りが違う

引用:Buggycross

子ども用キックボードのタイヤは、4インチサイズのものが多いんだ。

大人用キックボードの場合は、5インチや6インチサイズのものが多いんだよね。

一番大きなサイズだと、14インチのキックボードも販売されているよ。

タイヤが大きいほど、走行時の安定性が増して、一度のキックで長い距離を走ることができるんだ。

タイヤを選択する際は、サイズだけでなく材質にも注意した方がいいだろうね。

硬いタイヤが搭載されたキックボードは、一蹴りで進む距離が大きいんだけど、段差や衝撃に弱いというデメリットもあるんだ。

自転車のような柔らかいエアタイヤが搭載されたキックボードもあるんだけど、こちらは段差や衝撃に強い分、一蹴りで進む距離が短いというデメリットがあるんだ。

安定性を選ぶか、スピードを重視するか、好みによってタイヤのサイズや材質を選ぶのがいいだろうね。

 

意外と見落としがちな、デッキサイズ

引用:MEICHEPRO

片足を乗せるためのデッキのサイズは、乗り心地に影響する部分なんだ。

大人用の場合、できるだけ幅広に設計されたものを選ぶのがオススメだよ。

それと、できるだけ低い位置にデッキのあるキックボードの方が、疲れず乗ることができるんだ。

乗りやすさを重視するならば、デッキの幅や位置にも注意して選んだ方がいいだろうね。

 

おすすめの大人向けキックボード

DEEPER 8インチ キックスクーター D-KS205

サイズ H880~980×L890mm
重量 3.8kg
材質 アルミニウム合金
適正身長 100cm以上(75kgまで)

 

8インチ(205mm)のビックホイールが、快適な走りを実現してくれるキックボードだよ。

ハンドルの高さは880/930/980mmと、3段階調整可能だから、身長に合わせて設定できるんだ。

耐荷重が75kgまでというところがちょっと気になるけれど、手頃な価格で乗りやすいキックボードだよ。

 

「SUNPIE」キックボード

サイズ L940×W140×H77/94/102mm
重量 5.6kg
材質 アルミニウム
適正身長 120cm(100kgまで)

 

ホイールの直径は20cm。

大きな車輪だから、デコボコ道や砂利道でもスムーズに走ることができるんだ。

ブレーキはハンドブレーキとフットブレーキの両方が搭載されているよ。

前輪のハンドブレーキは、あくまでも補助的なもの。

後輪ブレーキがしっかり効くように設計されているんだ。

本体とタイヤの接続部分には、衝撃吸収のためのサスペンションが付いているから、乗り心地が快適なんだ。

 

MEICHEPRO PL保険加工済み キックボード

サイズ L960×W360×H1070mm
重量 5.6kg
材質 アルミニウム
適正身長 130cm(100kgまで)

 

身長に合わせて、ハンドルの高さを4段階に調整できるキックボード。

身長130cmから185cmまで対応しているんだ。

ホイールの直径は20cm。

大きな車輪だから、デコボコ道や砂利道でもスムーズに走ることができるよ。

ブレーキはハンドブレーキとフットブレーキの両方が搭載されているんだ。

後輪ブレーキがしっかり効くように設計されているよ。

 

Buggycross バギークロス 12inch BGW-12

サイズ 1200mm
重量 8kg
材質 スチール
適正身長 130cm(100kgまで)

 

12インチのオンロードタイヤを搭載したキックボード。

タイヤが大きいから、安定した走りを実現してくれるんだ。

折り畳むことができないのが難点だけれど、オシャレなデザインが魅力的だね。

僕はこのキックボードを購入して、娘と一緒に近所の公園へ出かけるのに使っているんだ。

スタンド付きだから、自立して立てておくことができるんだけど、走る時に邪魔になって危険なんだよね。

だから僕は、スタンドを外した状態で乗っているよ。

 

NSM スクーターバイク

サイズ 約1270mm
重量 約7.7kg
材質 アルミニウム
適正身長 120cm(100kgまで)

 

ハンドルの高さを81~91cmの間で調整できるから、身長に合わせて乗ることができるよ。

タイヤのサイズは、12インチと14インチから選ぶことができるんだ。

大きなエアータイヤだから、道路の段差もスムーズに超える事ができるよ。

 

FRENZY(フレンジー)  キックボード FR250

サイズ L1030×W470×H1130mm
重量 約5.7kg
材質 アルミニウム
適正身長 120cm(100kgまで)

 

前輪に250mm、後輪は215mmのビックホイールを搭載したキックボード。

安定した高速滑走ができる逸品だよ。

ブレーキは後輪のフットブレーキのみ。

折り畳み可能だから、持ち運びにも便利なんだ。

 

さいごに

大人用のキックボードは、子ども用に比べて大きなタイヤが搭載されているのが特徴なんだ。

それと、子ども用よりも重量があるから、スピードを出した時に安定するんだよね。

大人の脚力だと、ついスピードを出してしまいがちだけど、キックボードは交通量の多い公道では使ってはいけないから、注意が必要だよ。

キックボードによっては、デッキが低かったりスタンドが付いているものもあるから、ちょっとした道路の段差に引っ掛かると、大怪我をする可能性もあるからね。

大人用のキックボードは、安全面に考慮しながら乗れば、とっても便利で楽しい乗り物だよ。

じゃ、またね。

スポンサードリンク