毎日上司から飲みに誘われるけれど、カドを立てずに断る方法を考えてみた

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

職場の上司は、10年以上単身赴任が続いているんだ。

仕事の上ではとっても頼りになる上司だから好きなんだけど、毎日のように飲みに誘ってくるんだよね。

僕も1人で食事するのはあまり好きじゃないから、時々は一緒に飲みに行くようにしてるんだ。

でも、さすがに毎日となると、お金が続かないし、家族に悪いし、体にも悪いから断りたくなる時もあるんだよね。

だからカドを立てずに断る方法を、この間考えてみたよ。

 

人のせいにしない

飲みに誘われて断りたいときに、人のせいにするのは好きじゃないんだ。

「妻の体調が悪いから、今日は早めに帰りたいんです」

「今日は子どもの面倒を見なきゃいけないから、早めに帰ります」

なんて断り方もあると思うよ。

でもこの断り方だと、

「本当は飲みに行きたいけど、家族が大変なんです」

と、「本当は自分は行きたいんだ」という気持ちが込められている気がするんだ。

それに、人のせいにするのは、毎回使えるとは限らない言い訳だと思うよ。

そもそも、自分が行きたくないのを人のせいにするのは、あまり好きじゃないんだよね。

 

嘘はつかない

人のせいにするのは、嘘をついていることにもなると思うんだ。

他にも

「どうしても明日までに仕上げなければならない仕事があって」

なんて、仕事を理由にすることだって、やろうと思えばできるよね。

でも僕は、飲みに誘ってくれる上司の事は尊敬しているから、変なところで嘘はつきたくないんだ。

曖昧な返事をすると、相手は困ると思うよ。

「急ぎの仕事があるので、早めに終われば行きたいと思うんですけど」

なんて言われたら、相手は困ると思うんだ。

そもそも、楽しみにしている予定があったら、さっさと仕事を切り上げて遊びに行くんじゃないかな。

あいまいな返事をするというのも、場合によっては嘘をついていることになる気がするんだ。

 

カドが立たない程度に、正直に話をしてみた

人のせいにしたり、嘘をついたとしても、相手はそれを薄々感じ取ると思うんだ。

だから僕は

「最近早く家に帰れていないんで、今日は遠慮させてください」

とか

「最近飲みすぎてるんで、体調が優れないんですよ。部長もたまには、休肝日をつくりませんか?」

なんて、家族との時間を大切にしたいことや、身体を大切にしたいってことをストレートに伝えるようにしてみたんだ。

すると、

「おお、そうか。じゃ、また次の機会に」

って、あっさり言われたよ。

案ずるより産むが易し、なんて言うとおおげさだけど、無い知恵を絞って言い訳を考えるよりも、相手を気遣いながら正直に話すのが良かったみたいだね。

ある程度、人間関係ができている相手であれば、ちゃんと理解してくれる気がするよ。

相手次第かもしれないけれど、カドが立たない程度に正直に話するのがいいような気がするんだ。

じゃ、またね。

靴消臭アイテムのおすすめ10選|ニオイの原因を知って、雑菌が繁殖しにくい環境をつくる方法とは

2019年2月23日

お酌の際、「残心」を意識すれば最上級のおもてなしになるのかもしれない

2018年2月11日

武道で大切な「間合い」と「残心」は、日々のコミュニケーションにおいても重要な気がする

2018年2月10日

営業マンのニオイ対策|自宅でできる、足・服・口臭・体臭別の対策方法

2017年9月25日

スポンサードリンク