左利き親子が損したこと得したこと、そして本当に買ってよかったと思えるもの

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕の家族では、僕と娘は左利きなんだ。

娘は小学校に通ってるんだけど、物心ついた頃に左利きを矯正した方がいいかどうか、夫婦で悩んだこともあったんだよね。

でも結局、左利きのまま矯正はしなかったんだ。

だから娘は、鉛筆や箸は左手で持っているよ。

僕も左利きだから、娘が苦労することについては分かる気がするんだ。

左利きで損したこともあるけど、得したこともいっぱいあるんだよね。

 

左利きで損したこと

駅の自動改札

駅の自動改札って、絶対に右利き用につくられていると思うんだ。

左手にICカードを持って通ろうとしたら、右側にタッチしなきゃいけないから不便なんだよね。

右側にタッチするんじゃなくて、正面ゲートにタッチ部分があればいいのになって、ずっと思っているよ。

缶切り

最近の缶詰は、プルタブで開けるようになってるから問題ないんだけど、僕が小さい頃は、缶切りで開けるタイプの缶詰が多かったんだ。

家で缶詰を開けようと思っても、なかなかうまくいかずに、母親から叱られ事があったんだ。

缶切りって、絶対に右利き用につくられてると思うよ。

一眼レフカメラ

一眼レフカメラに憧れて、写真を趣味にしたいと思ったことがあったんだ。

いざ一眼レフカメラを買って、詳しい人に教えてもらったんだけど、撮影ボタンは右手で操作して、レンズを左手で支えるように言われたんだ。

それに、カメラのファインダーを覗くのも、右目で覗くようにって言われたんだよね。

しっくり来なかったから、一眼レフカメラを使う機会が少なくなっちゃったんだ。

急須

急須の種類によっては、左手で持つと入れにくいものがあるんだ。

右手で持つと、こぼしそうで怖いんでだよね。

横書き

ノートに鉛筆で字を書いたり、横書きの便箋に手紙を書くと、必ず左手が真っ黒になるんだ。

鉛筆だったらある程度のスピードで書いていけるんだけど、水性のボールペンや万年筆を使うときは大変なんだ。

インクが乾くのを待って、次の字を書かなければいけないからね。

左利きで得したこと

珍しがられる

僕の場合、小学生の頃クラスのみんなから

「左利きなの? すごーい」

って珍しがられていたんだ。

当時、凄いなんてあんまり言われることなかったから、左利きって凄い事なのかな、何の努力もしてないのに僕ってすごいのかな、なんて勘違いしてたんだ。

中学に入る頃には、勘違いに気づいたけどね。

球速はないけどピッチャー

リトルリーグに所属してた事もあったけれど、当時希望してたポジションはサードだったんだ。

強烈な打球を、華麗に捌くのに憧れていたんだよね。

でも、左利きだからやめとけって言われたんだ。

代わりに、ピッチャーをやってたんだ。

あんまり速い球は投げられなかったけれど、コントロールはそこそこ良かったんだ。

チームには僕以外左利きがいなかったから、試合に出られる機会も多かったんだよね。

「左利きだから」と言えば、妙に納得してもらえる

小さい頃は、手先が器用じゃなかったんだ。

人よりも作業が遅くても「左利きだから」と言えば、周りは妙に納得してくれてたんだ。

左利きの僕が買ってよかったもの、左利きの娘に買ってよかったもの

左利き用マウス

最近は、家電量販店に行けば左利き用マウスが売っているけれど、少し前までは通販で探さないと買えなかったんだ。

このエレコムの左手用マウスは、一度壊れたけど同じものを買い直したくらい気に入っているよ。

ワイヤレスタイプで、戻るボタンもあって、トラックボールも付いてたりと、機能が充実してるんだ。

仕事でパソコンを使う機会が多い左利きの人に、オススメのマウスだよ。

左利き用包丁

僕は料理が好きなんだけど、包丁はいいものを使いたいと思っているんだ。

ステンレス製の包丁の方が、手入れが簡単なんだけど、この包丁は鋼でできているから、ちゃんと手入れしないと錆びが出てしまうんだよね。

でも、ステンレスでは切りにくい食材でも、鋼の包丁だったら簡単に料理できるんだ。

特に、魚を捌くのに重宝しているよ。

左手で包丁を持つ場合は、市販されている右利き用の包丁だとうまく切れないんだ。

包丁だけでなく、キッチン用品全般で左利き用のものを揃えると、料理がとても楽しくなったよ。

左利き用はさみ

はさみに関しては、ステンレス製のものがいいと思うよ。

小学生の娘は、左利き用のはさみを学校に持って行っているんだ。

右利き用のはさみを、左手に持って切ろうとしても、全然切れないんだよね。

反対に、左利き用のはさみを右手に持っても、切りにくいと思うよ。

左利き用定規

これも娘が学校に持って行っているよ。

普通の定規は、目盛が左から始まるよね。

でもこの定規は、目盛が右から始まってるんだ。

小さなことだけど、左利きにとっては感動するくらい使いやすい商品なんだ。

左利き用鉛筆の持ち方

娘の鉛筆の持ち方を矯正するのに、このプニュグリップを使ったんだ。

右利きの人が左利きの人に鉛筆の持ち方を教えるのって、意外と違和感を感じるみたいなんだ。

左利きの人が左利きの人に鉛筆の持ち方を教えるのが、ストレスが少ないのかもしれないね。

右利きが圧倒的な世の中だから

いろんな道具や世の中の仕組みは、右利きの人に便利につくられたものが多い気がするんだ。

昔は、小さい頃に左利きを右利きに矯正しておかないと、恥ずかしいと考える人達も多かったみたいだからね。

最近は、左利きの人向けのいろんな商品が簡単に手に入るようになったとはいえ、左利きの人は少なからずストレスを感じる場面が多いと思うんだ。

小さい頃に矯正するかどうかは意見が分かれると思うけれど、僕は左利きの人は、左利きのままでいいと思っているよ。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です