お酌の際、「残心」を意識すれば最上級のおもてなしになるのかもしれない

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は営業の仕事をしているんだけど、取引先の人達と一緒にお酒を飲む機会が多いんだ。

職場にもお酒が好きな人達が多いから、週末に飲みに行く機会も多いんだよね。

お酒の席って、普段の付き合いではなかなか話しにくいことも話できたりと、相手との距離を縮めるのに最適な時間だと思うんだ。

一緒にお酒を飲む相手と仲良くなりたいから、僕はお酒の席で「お酌」にちょっとした心遣いを込めるようにしているよ。

「お酌」は、仲良くなりたいという意思表示

最近は、女性にお酌を強要するのはセクハラになるとか、お酌なんて面倒だから自分のペースで飲めればいい、と考える人も多いみたいだね。

でも、誰かに飲み物を注ごうとするのは、その人と仲良くなりたいという気持ちの表れだと思うんだ。

そして、注いでもらうためにグラスを持つのは、その気持ちを受け入れるという肯定的な態度なんじゃないかな。

自分のペースで飲みたいからという理由で、人に注いでもらうのを頑なに拒否する人もいるかもしれないね。

確かに、人に注がれると自分のペースで飲めないこともあるんだよね。

場合によっては、無理矢理飲まされたような雰囲気になることだってあると思うんだ。

でも、人のせっかくの好意を無下に拒否してしまうのは、コミュニケーションという意味では、とてももったいない気がするんだよね。

お酌の起源

日本では昔から、お酒の席ではお酌をするという文化があったんだ。

「盃を交わす」という言葉があるけれど、盃を使って酒を酌み交わすことは「杯事(さかずきごと)」と呼ばれていたよ。

この盃は、「絆を強める」ために使われることが多かったんだ。

血縁の無い人間関係を、強い絆で結ぶために、上位者が先に口にした盃を、下位者が頂いて口にする慣わしが昔からあるんだ。

神道の結婚式では、男女が神前で3種の盃を用いて酒を飲む「三々九度」という儀式があるしね。

また、参列した親族が共に盃で酒を飲む親族固めの杯の儀式というものもあるんだ。

こうした儀式を行うことで、夫婦とその親戚関係の絆を深められると考えられているよ。

ほかにも、水を酌み交わす「水杯(みずさかずき)」なんてものもあるね。

水杯とは、今生の別れとなることが予想される際に、酒ではなく水を酌み交わして、別れを惜しみむ儀式のことなんだ。

太平洋戦争中の神風特攻隊出撃前に、隊員達は水杯を酌み交わしたと言われているよ。

こうした「盃を交わす」文化が、お酌の起源だと考えられているよ。

諸説ある、お酌の起源

お酌の起源については、諸説あるんだ。

その中でも面白かったのが、江戸時代にお酒を配達していた女性が、お酌の起源になっているという説。

江戸時代は、お酒を造るのは男性の仕事だったんだ。

造られたお酒は、近所へ配達することも多かったそうなんだけど、配達するのは女性の仕事だったそうなんだ。

女性がお酒を届けに行くと、待ち焦がれていた酒が来たのが嬉しくて、湯呑み茶碗を玄関先まで持ってくる人もいたとか。

配達の女性は、「こんなに喜んでくれるんだから、一杯くらい注いであげよう」と、お酒を茶碗に注いであげる機会もあったらしいよ。

こうして、女性がお酌をする機会が増えていったのが、お酌の起源だという説もあるんだ。

上手な「お酌」のやり方と受け方

お酒の席で、お酌することが多いのは、ビールや日本酒くらいじゃないかな。

ビールを注ぐ際は、ラベルの位置が上になるように持つ方がいいとか、両手で瓶を持った方がいいと言われることも多いよね。

ビールを受ける際も、両手を使ってグラスを持つのが礼儀だとされているよ。

日本酒を注ぐ場合は、両手で徳利を持って、首の部分は持たないようにするとか、テーブルに置かれた盃には注がないといった作法があるんだ。

日本酒を受ける際も、小さな盃を両手で持つのが良い、注いでもらってすぐにテーブルに置かないなどの決まりごとがあるんだよね。

僕もある程度、こうした作法に則ってお酌をするように心がけているんだけど、それらよりももっと大切にしていることがあるんだ。

お酌は「注ぎ終わり」が大事

ビールやお酒を注ぐ際、注ぎ終わりに注意している人は少ないんじゃないかな。

会話に気を取られたり、他のことに注意が散漫になってしまうと、注ぎ過ぎて飲み物が溢れてしまうこともあるんだよね。

ほかにも、意外と失敗しがちなのが、しずくなんだ。

先日、ある料亭で、中居さんからお酌してもらうことがあったんだ。

注ぎ終わって、中居さんが徳利を手前に引くときに、相手の手の上に必ずしずくがたれていたんだよね。

中居さんは、そのことに全く気づいていない様子だったんだ。

なぜ気づかないのか、気になってそれとなく観察してみると、1人の客に注ぎ終わった瞬間に、既に隣の客に注ごうとする準備態勢に入っていたんだよね。

注ぎ終わるのを確認していなかったから、毎回しずくがたれることになっていたんだ。

お酌にも、「残心」が大切なんじゃないかな

「残心」という言葉があるんだけれど、これは、日本の武道や芸道において用いられる言葉なんだ。

残身や残芯と書くこともあるんだよね。

例えば剣道では、残心がなければ有効打突(1本)とならないとされているよ。

真剣で相手と斬り合った場合、仮に相手を斬りつけたとしても、その傷が致命傷でなれば、相手から反対に斬られてしまうよね。

だから、斬った後も相手の反撃に備えておかなければいけないんだ。

こうした、技を終えた後の心構えを「残心」と言うんだ。

日本舞踊などの芸道でも、踊りの区切りごとの終わりに「残心」が大切だと言われているよ。

指先や足先まで神経を尖らせ、途中で気を抜かず最後まで舞い切ることで、ようやく「お仕舞い」となるんだ。

お酌をしてくれた中居さんは、この「残心」ができていない、言わば「仕舞い」ができていなかったんじゃないかな。

注ぎ終わったことを確認したら、次の客に意識を向けるのではなく、もう一度相手の目を見るのがいいかもしれないね。

「どうぞ、お召し上がりください」という気持ちを込めて、相手の目を見ることは、「お酌における残心」になると思うんだ。

これって、アルコールに限らず、お茶や水を注ぐ際も同じだと思うんだよね。

自分の気持ちを相手に渡そうとする「残心の心構え」があれば、飲み物を相手に渡すのは単なる「作業」ではなく、最上級のおもてなしになるような気がするんだ。

お酌だけでなく、コミュニケーションと残心はとっても相性の良いものだと思うよ。

じゃ、またね。

スポンサードリンク