商品レビュー

イヤホンを耳から外すと自動的に音楽が停止する!「EarFun Air」は、最高に使いやすい完全ワイヤレスイヤホン

earfunair

やあ、いちもくだよ。

僕は通勤中やジョギング中に、音楽やオーディオブックを聴くことが多いんだ。

スマホで音楽を再生するのに欠かせないのが、ワイヤレスイヤホン。

最近のお気に入りは、EarFun Airなんだ。

イヤホンに触れるだけで操作できるタッチセンサー式だから、耳への負担が少ないんだよね。

何より魅力的なのが、イヤホンを耳から取り外すと自動的に音楽が一時停止され、再び耳に着けなおすと、自動的に音楽が再生する「自動装着検出機能」が搭載されていること。

人に話しかけられたときに、とっても便利だよ。

音質も良く、ワイヤレス充電にも対応している便利なEarFun Air

僕がEarFun Airを実際に使って感じた、商品の魅力と気になった点を紹介するね。

 

EarFun Air スペック

Bluetooth規格 5.0
電池持続時間 約7時間(イヤホン)、約35時間(ケース充電込み)
充電時間 約1.5時間(イヤホン)、約2時間(充電ケース)
イヤホン重量 約5.3g/個
防水規格 IPX7
対応コーデック SBC、AAC
対応プロファイル A2DP、AVRCP、HFP、HSP

 

EarFun Airの外観

earfunair引用:Amazon.co.jp

ブラックで統一されたカラーがスタイリッシュ。

光を当てると若干反射する、つや消しのブラックなんだ。

earfunair

丸みを帯びた柔らかいデザインが印象的だね。

程よい重みと、手触りの良い質感が、高級感を感じさせてくれるよ。

充電中は正面のインジケーターが点灯して、バッテリー状況を知らせてくれるよ。

上部には「EarFun」のロゴ。

earfunair

底面には、Type-Cの充電ポートが搭載されているんだ。

earfunair

ケースを開けると、イヤホンが縦に収納されているよ。

earfunair

はじめてケースを開けた時点で、ペアリング待機状態になっているんだ。

スマホのBluetooth設定画面を開けば、すぐにEarFun AIrとペアリングできるよ。

イヤホン本体は、AirPods Proと同じような「カナル型」のデザイン。

earfunair

ケースとは違って、光沢のあるブラックカラーなんだ。

 

EarFun Airの付属品

earfunair

箱の中には、

  • EarFun Air 本体
  • ワイヤレス充電ケース
  • シリコン製イヤーピース × 4(XS/S/M/L)
  • 充電ケーブル(Type-C)
  • 取扱説明書

が入っているよ。

イヤーピースは、柔らかくてソフトな付け心地。

earfunair

耳の形や大きさに合ったイヤーピースを付ければ、遮音性も高いんだ。

 

使ってみて感じた、EarFun Airの魅力

ペアリングが驚くほど簡単

EarFun Airは、スマホとのペアリングが驚くほどカンタンなんだ。

充電ケースのフタとイヤホンの電源は連動しているから、ケースのフタを開けるとイヤホンの電源が入るよ。

earfunair

初回ペアリングの際も、ケースのフタを開けて、スマホのBluetooth機能をオンにして検索するだけ。

「EarFun Air」が出てきたら、タップすればペアリングできるんだ。

一度ペアリングしておけば、次回からはイヤホンを取り出すだけで自動的に接続するからとっても便利だよ。

接続を解除する方法は、イヤホンをケースに戻すだけ。

Bluetooth接続が自動的に解除されて、充電がスタートするんだ。

 

耳から取り外すと自動的に音楽が停止する

earfunair引用:Amazon.co.jp

EarFun Airを使っていて一番感動したのが、自動装着検出機能の快適さ。

イヤホンを耳から取り外すと、自動的に音楽が一時停止するんだ。

再び耳に付け直すと、音楽が再開するんだよね。

これが驚くほど快適なんだ。

誰かに話しかけられたときも、スマホを操作したりイヤホンをタップしたりする必要が一切なく、ただイヤホンを取り外すだけ。

スマホをすぐに取り出せないときにも、この機能はとっても役立つんだよね。

会話が終わったら、再びイヤホンを耳に付け直すだけで、続きから音楽を楽しむことができるよ。

 

タッチセンサーで操作できる

earfunair引用:Amazon.co.jp

EarFun Airには、静電容量式タッチセンサーが搭載されているんだ。

物理ボタンが搭載されているワイヤレスイヤホンの場合、押し込んで操作しなければならないから、耳が圧迫されるんだよね。

でも、タッチセンサー式だと軽くタッチするだけでOK。

特に音量調整は、軽くタッチしつづけるだけで16段階に調節できて便利なんだ。

再生やスキップも、誤作動なく操作できるよ。

再生/停止 Rを2回タップ
曲送り Rを3回タップ
音量を上げる Rをタッチし続ける
音量を下げる Lをタッチし続ける
電話に応答する Rを2回タップする
音声アシスタント Lを3回タップ

イヤホン側で大半の操作ができて、センサーの反応も良好だから使いやすいよ。

 

音質は良好、接続も途切れない

earfunair引用:Amazon.co.jp

音質は、若干低音寄り。

とは言っても、強すぎるわけではないので、中音や高音も十分楽しめるよ。

ボリュームを上げても、高音が音割れすることがないんだ。

ロックサウンドと相性がいいイヤホンだね。

接続も良好で、遅延や音飛びはほとんど感じたことがないんだ。

それもそのはず、EarFun Airは、スマホから伝送される信号に両耳のイヤホンが直接通信する「MCSync」技術が使われているんだ。

earfunair引用:Amazon.co.jp

通常、完全ワイヤレスイヤホンは、最初に片方のイヤホン(親機)が信号を受信し、もう片方のイヤホン(子機)に伝送される「リレー伝送」方式になっているんだ。

でも、EarFun Airは両耳のイヤホンが同時に信号を受信するから、遅延や音飛びが発生しにくいんだよね。

だから左右のイヤホン共に、片耳だけ使うこともできるんだ。

 

フル充電すれば2週間は使える

earfunair引用:Amazon.co.jp

イヤホン本体は、1回の充電で7時間連続再生ができるんだ。

充電ケースを使えば、最大35時間再生することができるよ。

僕の場合、平日は約2時間の通勤でEarFun Airを使っているんだ。

週末は1~2時間ジョギングしている最中に使っているから、EarFun Airを1回フル充電しておけば、2週間はバッテリーが持つ計算になるんだよね。

もしも充電が切れても、10分充電すれば2時間の再生が可能なんだ。

ケースはワイヤレス充電にも対応しているよ。

 

使ってみて感じた、EarFun Airの気になる点

曲戻しができない

イヤホンをタップするだけで再生/曲送り/音量調整などの操作ができるEarFun Airだけど、タップしても曲戻しができないんだ。

僕は音楽だけでなく、オーディオブックを聴くことも多いから、聞き逃した箇所や心に刺さったフレーズは数十秒戻して聴き返すことが多いんだ。

あわせて読みたい
audiobook.jp
audiobook.jpのヘビーユーザーが本音でレビューする、サービスの魅力と気になる点とは?やあ、いちもくだよ。 僕は本が大好きで、毎月50冊くらいいろんなジャンルの本を読んでいるんだ。 紙の本も大好きだけど、本の内...

曲戻しはイヤホンで操作できないから、スマホ本体で操作するようにしているよ。

 

ACアダプターは別売り

付属品の中に、ACアダプターは含まれていないんだ。

Type-C充電ケーブルは入っているから、別売りのACアダプターか

ワイヤレス充電器

のどちらかを用意する必要があるよ。

 

さいごに

EarFun Airは、イヤホンに触れるだけで操作できるタッチセンサー式だから、耳への負担が少ないんだ。

何より魅力的なのが、イヤホンを耳から取り外すと自動的に音楽が一時停止され、再び耳に着けなおすと、自動的に音楽が再生する「自動装着検出機能」が搭載されていること。

人に話しかけられたときに、とっても便利だよ。

音質も良く、ワイヤレス充電にも対応している便利なEarFun Air。

充実した機能と、使いやすさが魅力のおすすめ完全ワイヤレスイヤホンだよ。

じゃ、またね。

 

 

あわせて読みたい
耳へのフィット感にこだわったら、MPow S20はネックバンド型ワイヤレスイヤホンの中で最強だと思うやあ、いちもくだよ。 僕は毎日電車で通勤しているんだけど、通勤中は音楽を聴いていることが多いんだ。 毎朝ジョギングしたり、週...
あわせて読みたい
ワイヤレス充電できる完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Free」やあ、いちもくだよ。 僕はイヤホンやウェアラブルスピーカーをいくつも持っているんだけど、最近新たに魅力的なイヤホンを見つけたんだ。...
あわせて読みたい
【通話に最適】ヘッドセット型ワイヤレスイヤホンのおすすめ10選やあ、いちもくだよ。 僕は営業の仕事をしているんだけど、電車や車を使って取引先の会社まで移動することが多いんだ。 取引先とは...
あわせて読みたい
【コンパクトで目立ちにくい】完全独立型ワイヤレスイヤホンのおすすめ10選やあ、いちもくだよ。 僕は通勤中、電車の中で音楽を聴いていることが多いんだ。 早朝や週末には、1時間ほどジョギングするように...