深夜食堂 めしや北新地支店 レポ|できるもんなら、何でも作ってくれるよ

スポンサードリンク



いちもくです。

大阪の歓楽街・北新地に、「深夜食堂」という名のお店があります。

コミックが原作で、ドラマや映画にもなった「深夜食堂」は、東京の新宿界隈の飲み屋街にあるという設定になっていました。

北新地にもある「深夜食堂」は、そんな原作のファンにはたまらない店だと思います。

 

店舗情報

関連ランキング:居酒屋 | 北新地駅西梅田駅梅田駅(阪神)

 

アクセス

地下鉄北新地駅から100mくらいの場所にあります。

通りに面した雑居ビルの、細長い路地を進んでいくと

 

「めし」と書かれた提灯が、煌々と光っています。

のれんには、「深夜食堂」の文字と、「めしや北新地支店」と書かれています。

店のマスターに聞いたら、コミックやドラマに登場する「めしや」が本店だから、ここは支店という設定なんだそうです。

 

店内の様子

こじんまりとした店内は、カウンター席が8席あるだけ。

左側にチラシが並んでいる場所が、出入り口になります。

古びた紙に書かれた注意書きが、いい味を出しています。

 

豚汁定食とアルコール類だけのメニュー表、ドラマでも見た気がします。

でも「酒類はお一人様30本(30杯)まで」注文できるようです。

確か、ドラマではお一人様3本(3杯)までだった気がします。

 

メニュー表の上に飾られているレトロな時計。

4時8分で止まっています。

 

黒板に書かれたメニュー。

こちらは深夜カレーと豚汁。

 

もう1つメニューがありました。

「深夜食堂」1話に登場する「たこさんウィンナー」もあります。

 

こちらが深夜カレー。

パクチーがたっぷり載っていました。

「メニュー以外にも、できるもんならつくるよ」というマスターが、とっても粋です。

 

客層

僕が店に入った時間は深夜の2時過ぎでしたが、仕事が終わった後で食事しているホステスさんもいました。

時間によっては、入店できないくらい混雑することもあるみたいです。

 

持っていると幸運が訪れる名刺

マスターから名刺を貰いました。

持っているといいことがあるらしいです。

「深夜カウンセラー」の肩書が素敵ですね。

 

さいごに

「深夜食堂」ファンだったら、店内には見つけたら思わずニヤリとしてしまいそうな内装や小物がたくさんあります。

大人数でワイワイ騒ぎながら楽しむんじゃなくて、1人もしくは数人で行きたい店ですね。

マスターとのやり取りを楽しみながら、美味しいお酒と料理を味わえる店です。

今度行くときは、有名ブロガーでもあるマスターと、ブログの話をしてみようと思っています。

北新地の深夜食堂、原作コミックやドラマのファンにはたまらないお店でした。

ではでは。

 

 

 

スポンサードリンク