養老の滝まで徒歩5分「養老の滝駐車場」へのアクセス|マイナスイオンたっぷりのパワースポットに、最短で訪れる方法

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

先日、九州に住んでいる両親から「名古屋の親戚の家に行くんだけど、ついでに岐阜の養老の滝に行ってみたい」という連絡があったんだ。

両親は少し足腰が弱くなってきているのもあって、普段めったに旅行することも無いんだよね。

僕は仕事で愛知・岐阜に頻繁に訪れる機会が多いから、都合を合わせて一緒に養老の滝に行ってみる事にしたんだ。

養老の滝のある養老公園の周辺には、いくつか駐車場があるんだけれど、養老の滝へ一番アクセスしやすかったのは、養老の滝駐車場

駐車場から徒歩5分で養老の滝へアクセスできたんだ。

 

養老公園の駐車場

引用:養老公園

養老の滝がある養老公園には、駐車場が全部で6か所あるんだ。

公園が運営している駐車場は、第1駐車場、第2駐車場、第3駐車場、そしてこどもの国駐車場の全部で4つ。

普通車やオートバイは、1回300円で駐車できるよ。

この公園運営の駐車場から養老の滝へは、片道約1.2kmの距離があるんだ。

山道だから、徒歩で約30分くらいかかるよ。

養老公園の近くには、このほかに民営の駐車場が2か所あるんだ。

養老の滝に一番近いのは、養老の滝駐車場

曲がりくねった山道を車で登っていくと、滝のすぐ近くまで道が続いているんだ。


カーナビで養老の滝と設定すれば、この駐車場までナビが道案内してくれるよ。

道の突き当りにあるのが、養老の滝駐車場。

駐車料金は、平日500円、休日は1000円なんだ。

100台分の駐車スペースがあるよ。

 

養老の滝駐車場から養老の滝へのアクセス

駐車場には「養老の滝入口」という看板が出ているから、看板に従って坂道を下っていくよ。

 

坂の途中で、濃尾平野が一望できるスポットがあるんだ。

遠くまで景色を見渡せる、見晴しのいいスポットだよ。

 

坂を降りる事約5分。

滝の流れる音が聞こえてきたかと思うと、あっという間に養老の滝が見えてくるんだ。

 

滝の周辺は平日でもたくさんの観光客でに賑わっているよ。

 

養老の滝周辺の見どころスポット

養老の滝は、滝つぼの近くまで近寄ることができて、風向きによっては水しぶきを体に浴びることもできるんだ。

ベンチも用意されているから、流れ落ちる水をゆっくり見ながら過ごすこともできるよ。

高さ30m、幅4mある養老の滝は、流れ落ちる水だけでなく、季節によって変化する周辺の風景も一緒に楽しむのに最高の場所なんだ。

 

登山道を少し降りた場所。

 

滝と一緒に、流れる清流を眺めるのも最高だね。

 

日本名水百選 菊水泉

せっかくなら、少し足を伸ばして日本名水百選に選ばれた菊水泉にも行ってみたんだ。

菊水泉は、養老神社の境内にあるから、坂を下りて養老神社を目指すことになるよ。

養老の滝からは、歩いて10分くらいなんだ。

神社の入口は2か所。

手水がある入口と、

石段を登る入口の2か所があるんだ。

静かな森の中にある拝殿。

 

拝殿横に、菊水泉があるんだ。

 

養老孝子伝説と菊水泉

澄んだ水が湧き出ている、菊水霊泉。

ここが、有名な養老孝子伝説の舞台となった場所だよ。

霊亀3年(西暦717年)元正天皇の時代、美濃国に貧しい男が住んでいたんだ。

男は老いた父と一緒に暮らしていたんだけど、ある日男は酒の香りがする泉を見つけたんだ。

男は毎日父のために泉の水を汲んで帰り、孝行に励んだと言われているよ。

その噂をお聞きになった元正天皇は、泉に行幸されて自ら飲浴され、「老いを養う霊泉」と喜び、元号を養老と改められたんだ。

この伝説が基になり、謡曲「養老」がつくられたとされているよ。

現在は、菊水泉の湧水を飲むことはできないけれど、伝説の舞台となった場所は、長寿の御利益のある神聖なパワースポットになっているんだ。

 

さいごに

公園が運営している駐車場から、養老の滝へアクセスする場合は、約30分くらい山道を歩く必要があるんだ。

引用:養老公園

景色を楽しみながら、養老の滝までハイキングしたい場合は、公園運営の駐車場に車を停める方がいいだろうね。

養老公園は、子どもが楽しめるこどもの国や、養老天命反転地、テニスコート、パターゴルフ場もある広大な施設なんだ。

引用:養老公園

子どもと一緒に思い切り体を動かしたい場合は、公園運営駐車場に車を停めて、1日中公園施設を楽しむことができるよ。

養老の滝のすぐ近くにある養老の滝駐車場は、公園運営の駐車場と比べて、駐車料金が高いのがネックだけれど、山道を登るのが辛い人や年配の方にとってはおすすめの駐車場だと思うよ。

養老の滝駐車場からだと、徒歩約5分で養老の滝へアクセスできるからね。

僕は今回、足腰の弱ってきた両親と一緒に養老の滝を訪れたんだけど、公園運営駐車場から30分ハイキングするのは無理だと思ったから、養老の滝駐車場を利用してみたんだ。

駐車場から養老の滝と養老の神社までは、勾配のきつい箇所もあったけれど、景色の良い自然に囲まれた道だから、両親にとっては程良い散策ができたみたいなんだ。

訪れる人の年齢や体調に合わせて、歩く時間や距離を選べる駐車場が用意されているのは、とっても便利だと思うよ。

流石は養老孝子伝説の舞台となった場所だね。

 

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です