商品レビュー記事

エレコム 無線LANルーター WRC-2533GST2 レビュー|初期設定が驚くほど簡単にできる、デュアルバンド対応の高速無線LANルーター

こんにちは、いちもくです。

インターネットは光回線に契約しているけれど、Wi-Fiの速度が思ったほど出なくて悩んでいませんか?

そんな人におすすめなのが、無線LANルーターを見直してみること。

無線LANルーターは年々進化しているため、5年以上使用しているのであれば新たに買い替えることで、通信速度が大幅に改善される可能性があります。

接続が安定していて使いやすいおすすめの無線LANルーターは、エレコム WRC-2533GST2

  • 初期設定が驚くほど簡単
  • MU-MIMO対応だから、複数台同時接続しても高速通信
  • ビームフォーミングZで、離れた場所でもつながりやすい
  • 全ポートGiga対応だから、有線接続は超高速

といった特徴を持った無線LANルーター。

今回は、そんなエレコム WRC-2533GST2を実際に使ってみた感想を、本音でレビューしていきます。

 

エレコム WRC-2533GST2のパッケージ内容

パッケージ

箱の中には、

  • 無線LANルーター本体
  • スタンド
  • 専用ACアダプター
  • LANケーブル
  • 壁掛け用ネジ2本
  • 取扱説明書

が入っています。

箱の中身

無線LAN本体のサイズは、縦141mm×横36.5mm×高さ160mm。

サイズ引用:Amazon.co.jp

一般的な無線LANルーターと比較しても、ほぼ同サイズと言えるでしょう。

右下にロゴマークが刻印されただけの、シンプルな表面。

表面

裏面には穴が複数開いており、放熱性に優れた設計となっています。

裏面

側面には、有線LANポートが4つ用意されています。

LANポート引用:Amazon.co.jp

付属のスタンドを使用すれば、

縦置き

縦置き引用:Amazon.co.jp

横置き

横置き引用:Amazon.co.jp

壁掛け

壁掛け引用:Amazon.co.jp

といった設置方法が可能です。

 

使ってみて感じた、エレコム WRC-2533GST2の魅力

初期設定がとっても簡単

初期設定引用:Amazon.co.jp

WRC-2533GST2を箱から取り出して、設定完了までにかかった時間は、わずか5分。

難しい設定は一切必要なく、簡単に使い始めることができます。

はじめて無線LANルーターを設置する場合は、LANケーブルを本器に接続するだけで、自動的に使用中の回線を判別してくれます。

現在使っているルーターがある場合は、「らくらく引っ越し機能」を使うことで、ワンタッチで設定を引き継げます。

初期設定引用:エレコム

無線LANルーターの入れ替えに伴い、スマホやパソコンなどの端末側の設定を変更する必要は一切ありません。

 

安定した高速通信を実現

高速通信引用:Amazon.co.jp

我が家で契約しているインターネット回線は、最大速度1Gbpsの「フレッツ光マンション・ハイスピードタイプ隼」。

これまで使っていた無線LANルーターでは、5GHzでダウンロード速度は200Mbps程度しか出ませんでした。

早速、WRC-2533GST2の通信速度をチェック。

Googleの検索窓に「ブロードバンドスピードテスト」と入力すれば、通信速度をチェックできます。

ブロードバンドスピードテスト

「速度テストを実行」ボタンを押せば、自動的に速度を計測してくれます。

結果はなんと、ダウンロード速度376.4Mbps。

速度結果

なんと、これまでの約1.8倍早くなりました。

時間帯や接続端末数が違えば、通信速度も違ってくるもの。

我が家の場合は、20時から23時までの間、一度に7台ほどの端末を無線接続していますが、途切れることもなく安定した高速通信ができています。

ゲームや動画も、途切れることなく非常に快適です。

 

複数台同時接続しても速い

複数台同時接続引用:エレコム

接続可能な端末数は、なんと24台。

一般的な無線LANルーターに比べて、かなり多い端末を同時接続可能です。

なお、WRC-2533GST2は、複数台の端末を同時接続しても、速度が遅くなりにくいのが特徴。

これまでの無線LANルーターは、どんなに高速通信が可能だったとしても、接続する端末が増えれば増えるほど、速度が遅くなっていいたんです。

でも、WRC-2533GST2には、MU-MIMO機能が搭載されています。

MU-MIMO引用:エレコム

これはWi-Fi規格の11acで実現された新しいテクノロジーで、4台同時通信・処理が可能。

だから家族同時に各端末で動画を視聴しても、遅延が少なく快適にインターネットを楽しめるんです。

 

使いたい場所に電波がしっかり届く

ビームフォーミング引用:エレコム

我が家の間取りは、5LDKで130㎡の鉄筋コンクリート造りマンション。

WRC-2533GST2はリビングに設置していますが、全ての部屋に電波がちゃんと届いいます。

接続されたスマホやパソコンの位置を検出し、Wi-Fi電波をそれらに向けて集中させる「ビームフォーミング」機能が搭載されているので、離れた場所でも繋がりやすいんです。

一般的なマンションやアパートで使用するのであれば、電波強度に不満を感じることはなさそうです。

また、WRC-2533GST2は5GHz帯が使える無線LANルーター。

デュアルバンド引用:エレコム

2.4GHzと5GHzの2つの周波帯から、混雑のない快適なインターネット環境へ自動で切り替えてくれます。

5GHz帯はほぼWi-Fi専用の電波のため、電子レンジなどの家電製品が出す電波と干渉しにくく、通信が途切れる心配がありません。

 

使ってみて感じた、エレコム WRC-2533GST2の気になる点

USBポートは搭載されていない

LANポート引用:Amazon.co.jp

USBポートは搭載されていません。

だから外付けHDDなどを接続して、NASのように使うことはできないんです。

 

さいごに

インターネットは光回線に契約しているけれど、Wi-Fiの速度が思ったほど出なくて悩んでいませんか?

そんな人におすすめなのが、無線LANルーターを見直してみること。

無線LANルーターは年々進化しているため、5年以上使用しているのであれば新たに買い替えることで、通信速度が大幅に改善される可能性があります。

接続が安定していて使いやすいおすすめの無線LANルーターは、エレコム WRC-2533GST2

  • 初期設定が驚くほど簡単
  • MU-MIMO対応だから、複数台同時接続しても高速通信
  • ビームフォーミングZで、離れた場所でもつながりやすい
  • 全ポートGiga対応だから、有線接続は超高速

といった特徴を持った無線LANルーター。

無線LANルーターの買い替えを検討している人はもちろん、はじめて無線LAN環境を構築したい人にもおすすめの無線LNAルーターですよ。

それじゃ、またね。

 

エレコム WRC-2533GST2 スペック

サイズ 幅141mm×奥行き36.5mm×高さ160mm
重量 380g
対応OS Windows 10S/10/8.1/7(SP1以降)、macOS 10.13/10.12/10.11/10.10/10.9/10.8、Android 4.4以降、iOS 10.0以降
有線規格 IEEE802.3ab(1000BASE-T) / IEEE802.3u(100BASE-TX) / IEEE802.3(10BASE-T) 準拠
無線規格 IEEE 802.11ac / IEEE802.11n / IEEE 802.11a / IEEE 802.11b / IEEE 802.11g 準拠
無線セキュリティ WPA2-PSK(AES) / WPA-PSK(TKIP) / WEP(64bit/128bit)
接続台数 推奨24台
アンテナ本数 内蔵アンテナ 8本(2.4GHz帯 : 送受信 4本 / 5GHz帯 : 送受信 4本)

 

 

RE230
TP-Link メッシュWi-Fi中継器 RE230 レビュー|無線LANルーター「Archer C6」と組み合わせれば、わずか5,000円台でメッシュWi-Fi環境を構築できるこんにちは、いちもくです。 広い家や利用人数の多い場所でのWi-Fi環境構築は、メッシュWi-Fiがいいと思いませんか? メ...
Archer C6
TP-Link Archer C6 レビュー|MU-MIMO・ビームフォーミング・ギガビットLANポートに対応した、コスパ抜群の無線LANルーターこんにちは、いちもくです。 インターネットは光回線に契約しているけれど、Wi-Fiの速度が思ったほど出なくて悩んでいませんか? ...
おすすめ無線LANルーター
無線LANルーターのおすすめ7選|高速安定通信を実現してくれる商品を厳選こんにちは、いちもくです。 無線LANルーターを買い替えたいけれど、種類が多すぎてどれを選べばいいのか分からないという人は多いので...
無線LANルーターの選び方
無線LANルーター選びで失敗しないために、必ず知っておきたい3つのポイントこんにちは、いちもくです。 無線LANルーターを買い替えたいけれど、どうやって選べばいいのか分からないという人は多いのではないでし...