おせち料理の意味と由来を調べてみた

スポンサードリンク



いちもくです。

僕は料理が好きで、週末や連休に自宅で料理をつくることが多いんです。

もうすぐ年末なので、今年は妻と娘2人の4人で、おせち料理づくりに挑戦してみようと思っています。

おせち料理をつくる前に、おせち料理の持つ意味や由来を調べておけば、娘の食育や伝統文化の勉強にもなると思い、色々と調べてみました。

おせち料理は、1つ1つの料理に意味があるだけではなく、数や重箱にも深い意味が込められているんです。

 

おせち料理とは

おせち料理は、元々は五節句の祝儀料理の事を指していました。

五節句の「節」とは、唐の時代の中国で定められた、季節の変わり目の事です。

季節の変わり目に、その季節の旬の植物から生命力をもらい、邪気を祓うことを目的として、宮中宴会が催されるようになりました。

現在に伝わる五節句は、正月7日の人日(じんじつ)3月3日の上巳(じょうし)5月5日の端午(たんご)7月7日の七夕(しちせき)9月9日の重陽(ちょうよう)の5つ。

元々は、この五節句につくられる料理を御節料理としていましたが、節日のうち最も重要なのは正月になることから、時代と共に正月料理のことをおせち料理と呼ぶようになりました。

 

5種類のおせち料理

おせち料理は、5種類に分かれています。

それぞれの料理には、めでたい意味と由来が込められています。

 

祝い肴

関東では、黒豆、数の子、田作りの3品。

関西では、黒豆(もしくは田作り)、数の子、たたきゴボウの3品になります。

この3品が揃えば、おせちの形が整うとされています。

 

口取り

「口取り肴」の略。

本来は、最初に出されるお酒の肴になる料理を意味していました。

かまぼこやきんとん、だて巻きなどが口取りの料理に当たります。

 

焼き物

出世を祈願する鰤や、めでたい鯛、長寿を願う海老など、魚を焼いたものもおせち料理には欠かせません。

メインの肴になる料理です。

 

酢の物

元々は、お酒のあてになるものが多く、濃い味付けの料理の口直しとされていました。

おせちに入れる酢の物にも、それぞれおめでたい意味が込められています。

 

煮物

濃いめの味付けで、日持ちする料理が多いのが特徴です。

煮物料理にも、1つずつおめでたい意味が込められています。

 

おせち料理を重箱に詰める理由

おせち料理は、重箱に詰めるのがならわしになっています。

これには、幸せやめでたさを重ねるという意味が込められています。

おせち料理に使う重箱の正式な段数は、五段が正しいという説もありますが、四段とする説が有力です。

四段重は、春夏秋冬の季節を表すとされていたり、古来から完全な数とされていた三に、更に一段重ねて四段になったとも言われています。

それぞれの段の呼び方は決まっており、上から一の重、二の重、三の重、与の重(四は死を連想するから、与と表記する)と呼ばれています。

何段目のお重に、どんな料理を詰めるかも決まっています。

 

一の重に詰める料理【祝い肴 口取り】

  • かまぼこ
  • きんとん
  • 数の子
  • 田作り
  • 伊達巻
  • 黒豆

など

 

二の重に詰める料理【焼き物】

  • 鯛や鰤などの焼き魚
  • 海老

など

 

三の重に詰める料理【酢の物】

  • 紅白なます
  • 酢レンコン

など

 

与の重に詰める料理【煮物】

  • 里芋
  • レンコン
  • クワイ

など

 

おせち料理に込められた意味

かまぼこ

おせちには、紅白のかまぼこ松竹梅の模様が入ったかまぼこが使われます。

どちらもめでたさを表しています

また、赤は魔除け、白は清浄の意味があるとも言われています。

かまぼこの形は、初日の出の形に似ているのも、めでたさを表すのにぴったりです。

 

きんとん

きんとんを漢字で書くと、金団、つまり金の団子のことです。

金銀財宝を表しており、金運が集まるようにとの願いが込められた料理です。

 

数の子

数の子は、ニシンの卵。

ニシンの卵は、数が多いのが特徴です。

子孫繁栄を願った、縁起の良い食べ物です。

 

田作り

田作りは、ごまめとも呼ばれる料理です。

ごまめという言葉には、五万米という字が当てられおり、豊作を祝うめでたい言葉になっています。

田作りに使われるカタクチイワシは、昔は畑の肥料として使われていました。

作物が豊作になることにちなんで、五穀豊穣を願うための料理です。

 

伊達巻

その姿が巻物に似ていることから、知識が増えるようにとの願いが込められています。

 

黒豆

黒豆のように、黒く日焼けするほどマメに働けるようにとの願いが込められています。

健康と長寿を願ったものでもあり、邪気払いの効果のある料理だとされています。

 

鯛の姿焼き

鯛は、めでたいという言葉の語呂合わせにピッタリの肴です。

七福神の恵比寿様が持っている魚でもあるので、縁起の良い正月にふさわしい料理です。

 

鰤の照り焼き

鰤は、成長と共に名前が変化する出世魚とされています。

そんな鰤にあやかって、立身出世を願うための料理です。

 

海老

海老は、お年寄りのように腰が曲がることから、長寿を願う縁起物とされています。

ほかにも、海老のようにヒゲが長く伸び、腰が曲がるほど長生きできるようにという意味も込められています。

 

紅白なます

紅白なますは、水引きをかたどった料理とされています。

水引には、未開封であるという封印の意味や、魔除け、人と人を結びつけるという意味が込められています。

 

レンコン

レンコンは穴が空いているので、向こう側が見えるのが特徴です。

将来の見通しが良くなることを願った料理です。

ほかにも、仏様のいる極楽の池には、清らかな蓮の花が咲いていると考えられています。

そんな清らかな蓮は、縁起の良い正月にふさわしいと考えられています。

 

叩きゴボウ

ゴボウは、地中深くにしっかり根が伸びる植物です。

そんなゴボウにあやかって、家の基礎や人生にしっかりと根を張れることを願う料理です。

 

昆布巻き

こぶはよろこぶに通じるとされています。

また、子生と書いて子孫繁栄を願う地域もあります。

 

料理の数は奇数にする

お重に詰めるおせち料理の数は、3、5、7といった奇数の品数を盛るようにするのがならわしです。

日本では古くから、奇数は縁起の良い数だと考えられてきたのが理由です。

偶数だと2で割り切れてしまうので、祝い事にはふさわしくないと考えらえてきました。

だからおせち料理でお重に詰める料理の数は、奇数の品数にするのが良いとされています。

 

通販のおせち料理セットも魅力的

僕は去年まで、おせち料理セットを通販で注文していました。

通販で買うおせち料理は、豪華な食材が使われていたり、解凍すればすぐに食べられるものも多いのが魅力です。

今年は家族でおせち料理づくりに挑戦するつもりですが、実家用におせち料理セットを注文しました。

 

【熊本復興おせち】日本初の馬刺しおせち! 有名シェフコラボの豪華2段重+大トロ



熊本地震復興支援を祈念してつくられたおせち。

1セットにつき、1000円が熊本地震復興支援のために寄付されます。

壱の重には、ロブスターやあかにし貝の旨煮、金箔を散らした黒豆など、見た目に豪華な料理が20品詰められています。

弐の重には、祝い海老や烏賊松笠白焼、湯葉の旨煮など、味わい深い料理が19品詰められています。

そしてお重とは別に、熊本さばきたての大トロ馬刺し皿盛りが付いた、豪華なセットになっています。

僕はこのセットを、九州に住んでいる両親用に注文しました。

僕の実家には、毎年正月にはたくさんの親戚が集まるのですが、ここ数年は年齢のせいもあり、おせち料理の準備が大変そうだったんです。

1セットで4~5人分の量が入っているので、少しでも準備が楽になればと思っています。

生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重




有名ホテルの総料理長を歴任した、フレンチの村上元彦シェフのオリジナルおせちです。

冷蔵された生おせちは盛り付け済みなので、届いてすぐに食べる事ができます。

3段重のおせち料理のメニューは、ロブスターの黄金焼きやサーロインローストビーフ、豚肉のフロマージュなど、肉を知り尽くした村上シェフの絶品肉料理を存分に堪能できる内容になっています。

肉料理だけでなく、おせち料理にふさわしい基本料理もちゃんと盛り込まれています。

僕は去年、このおせちを注文しましたが、手作りに近い味付けや盛り付けで、家族みんなで美味しく味わうことができました。

驚いたのは、おせちが白木の重箱に入っていたこと。

プラスチック製の容器に入っているおせちもたくさんありますが、白木づくりの重箱は高級感があって、めでたいお正月にピッタリだと思います。

Oisixのおせち




有機野菜などの食品宅配「Oisix」が手掛けるおせち料理。

我が家ではOisixを利用していて、定期的に全国の安心野菜や美味しい野菜を配達してもらっています。

そんなOisixのおせちは、厳選された素材が使われているので、どれを食べても美味しいんです。

純和風のおせちから、和洋中の料理がバランスよく詰められたおせち、フォアグラやイセエビを使った高級食材おせちなど、予算や好みに合わせて選べるのが魅力的です。

子どもから大人まで、安心して食べられるおせち料理です。

さいごに

今年の年末は、我が家は家族でおせち料理づくりに挑戦してみようと思っています。

でも、自分たちでつくるだけでなく、通販やデパートで食べたいおせち料理を少しずつ買いそろえてみようとも思っているんです。

正月のおせち料理を食べる機会は、年に1回だけですからね。

昔は、正月は火の神様に休んでいただくために、できるだけ火を使わないようにする風習がありました。

だからおせち料理は味が濃いものが多く、日持ちする食材が多く使われていたんです。

今は保存技術が発達しているし、正月から開いているスーパーも多いので、おせち料理を何日も食べ続けるなんて少ないのかもしれません。

でも、僕にとっては家族揃って食事したり、1日中一緒に過ごせる時間がある正月はとても貴重だから、おせち料理で家族の絆を深めてみようと思っています。

娘は今小学生。

あと何年一緒に暮らして、一緒におせち料理づくりができるか分かりませんが、大人になってもおせち料理の持つ意味や由来をちゃんと覚えておいてくれたら嬉しいなと思っています。

ではでは。
 

和食麺処サガミの「晦日そば」は、毎月月末最終日に開催される「そば食べ放題」のお得メニュー

2018年6月22日

お酌の際、「残心」を意識すれば最上級のおもてなしになるのかもしれない

2018年2月11日

割り箸の種類と、箸の格について調べてみた

2018年1月31日

塩は、日本人にとって特別な存在だったんじゃないかな

2018年1月29日
 

スポンサードリンク