家族で遊べる知育玩具のおすすめ7選|遊ぶだけで想像力や社会性が身につく、子供の年齢に合わせたゲームの選び方

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

我が家には小6と小4の娘がいるんだけど、幼い頃から夕食の後に家族でゲームをする機会が多かったんだ。

2人が小学校に入る前は、積み木やブロックを使って遊ぶことも多かったんだけど、最近はカードゲームや人生ゲームなど、ルールに従って遊ぶ玩具や、仲間と協力し合って競い合う玩具で遊ぶ機会が増えてきたんだよね。

子どもの年齢や成長に合わせて、最適な知育玩具を選んで一緒に遊べば、知識だけでなく社会性も身に付けられると思うよ。

娘の年齢に合わせて、僕が知育玩具を選んできたポイントと、年齢別おすすめの知育玩具を紹介するね。

 

小学校入学前の娘に、知育玩具で学んでもらいたかったこと

友達との遊び方

人間は、5歳頃までに脳が急激に発達すると言われているんだ。

言葉を理解し、文字や数字の概念が徐々に理解できるようになってくるよ。

同時に、家族以外の他人とも関わる機会が増えてくるから、集団生活のルールを少しずつ理解し始める時期なんだ。

小学校に入学する頃になると、一人遊びだけでなく、友達ともうまく遊べるようになってくるもの。

できるだけいろんな人と関わる機会をつくってあげれば、人間関係を構築するヒントを自然と学んでいく気がするんだ。

親子や友達同士でワイワイ遊べる知育玩具を使えば、友達との遊び方や付き合い方が、少しずつ身についていくと思うよ。

我が家では、娘に友達と協力しながら何かを創り上げていく楽しさを体験してもらいたかったから、積み木やブロックなどをたくさん揃えてみたんだ。

 

部屋いっぱいに積み木を広げて、1日中夢中で友達と遊んでいたよ。

 

知的好奇心

小学校入学前の時期は、いろんなことに興味を持つ時期なんだ。

僕の娘は、動物や植物に興味を持って、図鑑を食い入るように読み続けた時期があったんだよね。

ほかにも、文字や図形、からだのしくみなど、子どもが興味を持つ対象は様々。

子どもが興味を持っている内容に合わせて、知育玩具を選ぶのがおすすめだよ。

興味を持った内容を深く知ることで、知的好奇心を満たすことができるからね。

我が家の場合は、動物に関する図鑑や玩具を揃えたんだ。

 

娘は夢中になって遊んでいたよ。

 

小学校に入学した娘に、知育玩具で学んでもらいたかったこと

集団生活のルール

娘が小学校に入学してからは、人生ゲームやカードゲームなど、ルールに従って遊ぶ玩具をそろえていったんだ。

最初に用意したのは、簡単なルールで遊べる玩具。

学年が上がるにつれて、徐々に難しいルールのある玩具も揃えていったよ。

特に娘がお気に入りだったのが、人生ゲーム。

 

お金の計算や、お金の使い方をゲームの中で学習できていたみたいなんだ。

ほかにも、順番を守ってゲームを進めていくといった、集団生活のルールも自然と身についていったみたいだよ。

 

勝利の喜び

知育玩具で遊ぶことで、協調性を身に付けることも大切だけど、相手に勝利する喜びを体感できることも大事だと思ったんだ。

トランプや将棋など、相手の性格や行動を踏まえた上で一手を打てれば、勝利した時の喜びもひとしおなんだよね。

相手と競争できる知育玩具は、思考力や判断力を鍛えるのにぴったりだと思うよ。

 

おすすめの知育玩具

どうぶつしょうぎ (Let’s catch the Lion!) ボードゲーム

対象年齢 4歳以上

 

盤面3×4の計12マス、駒8枚の小さな世界でくりひろげられる、シンプルな将棋。

使用するのは、ライオン、ひよこ、ぞう、きりんの4つだけなんだ。

シンプルだけど、奥が深くて大人でも楽しめるゲームだよ。

短時間で遊ぶことができるから、何度でも繰り返し対戦できるのがうれしいね。

 

キュボロ (cuboro) キュボロ スタンダード

適応年齢 5歳以上

 

玉の通る溝や穴が掘られた立方体を組み合わせて、ビー玉が下まで転がり落ちる道を作る玩具。

セットには12種類のパーツが含まれているから、シンプルな組み合わせだけでなく、複雑で長い道をつくることもできるんだ。

将棋の藤井聡太七段も、幼い頃夢中で遊んでいた玩具だよ。

立体パズルを解くような面白さがあるから、親子で夢中になって遊べる玩具なんだ。

 

ワミー (Wammy)

対象年齢 5歳以上

 

ワミーとは、曲げたり通したり、さまざまなつなぎ方ができる新感覚のブロックなんだ。

ボールを作ったり、アクセサリーを作ったりと、アイデア次第でいろんなアイテムがつくれるんだ。

 

最初のうちは、付属のアイデアガイドを参考に遊ぶのがおすすめ。

慣れてくれば、カラフルなピースを組み合わせてオリジナル作品を作り上げることができるよ。

 

ボトルチップス W-210

対象年齢 6歳以上

 

シンプルな玩具なんだけど、子どもから大人までワイワイ楽しく気軽に遊べるんだ。

遊び方は、木製ボトルの上に、チップをくずさないように重ねていくだけ。

高く積むのもいいし、横に大きく広げて積むこともできるから、年齢を問わず遊べるのがうれしいね。

みんなで盛り上がりながら遊べる玩具だよ。

 

ピクテル

対象年齢 6歳以上

 

箱の中に入っているのは、ピクトグラムが描かれたクリアカード。

カードを自由に重ねあわせて、相手に自分が体験した楽しいことや悲しいこと、自分が知っている映画やスポーツなどのお題を伝えるコミュニケーションゲームだよ。

何枚ものカードを重ね合わせて、お題をつくるのがとっても楽しいんだ。

出題する側も答える側も、どちらも楽しく盛り上がれるゲームだよ。

 

キャット&チョコレート 日常編/学園編

対象年齢 8歳以上

 

斬新な発想力が鍛えられるゲーム。

たとえば「水着を家に忘れた」といったピンチを、「紙粘土」「ネコ」などのアイテムを使って切り抜ける方法を発表し合うんだ。

発想力やアドリブ力のある、小学校高学年や大人同士で遊ぶと面白いゲームだね。

 

ワードバスケット

対象年齢 10歳以上

 

カードを使ったしりとりゲーム。

箱の中にあるカードの文字ではじまり、自分の持っているカードの文字で終わる3文字以上の言葉を考えて、思いついたらその言葉を言いながら該当するカードを箱の中に入れていくんだ。

参加者が順番に入れていくのではなく、とにかく早い者勝ち。

思いついたらどんどん言葉を言ってカードを箱に投げ入れていくよ。

最初に手札をすべてなくしたプレーヤーが勝ちなんだ。

単純だけど、とっても盛り上がるおすすめゲームだよ。

 

さいごに

知育玩具は、子どもの年齢や成長に合わせて選んでいくのがおすすめだよ。

ゲームを通じて、時には自分の気持ちを抑える必要があることや、相手の気持ちを考えた上で自分の気持ちを伝える練習ができるんだ。

クリアするためには、相手と協力し合いながらゲームを進めなければならないものもあるから、集団生活のルールや人間関係作りを学ぶのに最適なんだよね。

1人で遊べるゲームもいいけれど、家族や友人同士で遊べる知育玩具は、幼い頃に揃えておけば将来役に立つことがとっても多いと思うよ。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください